ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ: 首・肩・背中

 上部頚椎(第1、第2頚椎)の歪みが全身に与える影響については、以前に触れたことがありますし、カイロプラクティックの世界ではかなり重要な問題として考えられているようです。
 そして実際、肩こりや首筋の張り、首のつまりや運動制限などを感じている人の上部頚椎は歪んでいますし、その歪みが堅固になっている人がたくさんいます。
 仰向けで寝たとき、自然と顔が少し右側を向いてしまう人の場合、第2頚椎(=軸椎)が頭部から見て右回り(首の後で頚椎を触ると骨の出っ張りが左側にずれている)に捻れている可能性があります。

 「盆の窪」の奥でなんとなく第1頚椎(=環椎)を様子を伺うことができますが、第1頚椎は眼の使い方、噛み癖や噛みしめの癖、その他の影響を受けて歪みやすい特徴があります。そして、頭蓋骨の基盤とも言える後頭骨は第1頚椎に乗っていますので、第1頚椎が歪むと頭蓋骨が歪み、頭蓋骨が歪むと第1頚椎をはじめ頚椎全体に歪みが生じ、それが全身のバランスに影響を及ぼすことになります。

 ですから、からだの左右に顕著なアンバランスが見られる場合や、首・肩の張りが強い場合などは頚椎を整えることが必須になります。頚椎は七個しかありませんが、いろいろな筋肉の影響を受けて歪んでいますので、思いの外、頚椎を整える施術は手間の掛かる作業となります。
 カイロプラクティックの達人は、「コツン」と軽く上部頚椎に刺激を与えるだけでそれが可能だと言われていますが、一つ一つの頚椎を確認しながら地味に作業している私にはそのことが理解ができません。ただ本当にそんなに手間が掛からず上部頚椎が整えられるなら、それは「すごいことだ!」と思っています。
 ところで、以前に説明したことですが、顔が下がる現象と第2頚椎の向きは密接に関係しますので、顔を整える施術においては、必ず第2頚椎を整える作業が必要になります。

頭の凸凹や傷と上部頚椎の関係

 上部頚椎は首の筋肉で肩甲骨や肋骨に繋がっていますので、手の使いすぎ、肘の捻れ、肩関節の不具合などによって肩甲骨の位置がずれていたり、胸郭が捻れたりしていますと、その影響を受けて歪みます。
 また、第1頚椎は眼の使い方の偏り(右ばかり向いているとか、右目ばかりを使って見ているなど)や片噛みの癖などの影響によっても歪みます。また頭蓋骨が歪んで後頭骨が歪みますと第1頚椎も確実に歪みます。
 ですから私が上部頚椎を整えようとする場合、必ずこれらの歪みによる影響を確認しながら、手指や肘を整えたり、胸郭を整えたり、頭蓋骨を整えたりといった施術を行います。そして、可能な限り片噛み癖や噛みしめの癖になりにくいように、また偏った見方が改善されるようにと全身を整えます。
 これらの作業が必須になりますので「手間がかかる作業」と表現しているのですが、これらを行っても上部頚椎が整わず、全身のバランスが回復しないことがあります。そしてそのような場合、私は頭部を細かく観察するようにしています。

 頭蓋骨が歪みやすいことはこれまでに何度も説明させて頂きました。頭蓋骨は二十数個の骨がパズルのように組み合わさってできていますので、一つの骨が歪みますとその影響が頭蓋骨全体に及んで頭蓋骨全体が歪んだ状態になってしまいます。そして、実際、ほとんどの人の頭蓋骨は歪んでいます。(その歪みが許容範囲内にあれば、特に問題は起こしません)
 ところが頭蓋骨の歪みとは関係なく、打撲やケガなどによる骨や筋膜の損傷、あるいは骨の変形(凸凹など)が影響して上部頚椎が歪んでいる場合があります。
 時々「ぜっぺきな頭はどうにかならないか?」などという質問を受けたりしますが、後頭骨が平に近い「ぜっぺき」のような変形ではなく、触ると局所的に明らかに凹んでいたり盛り上がっていたりしている人がいます。
 頭蓋骨がまた非常に柔らかい乳児のときに転んで打撲して凹んでしまったのかもしれません。あるいは、出産時に鉗子などを使用して頭蓋骨が変形してしまったのかもしれません。そのあたりの原因については何とも判断できませんが、結果として、それら変形や損傷状態によって頚椎が捻れ、全身のバランスに影響が出ているケースを何度も見てきました。

 女性のOさんの頚椎は全体的に左側に寄った歪み方をしていて、さらに第2頚椎は頭部から見て時計廻りに捻れ、それが堅固な状態になっていました。Oさんは歩行時、右足には力が入るけど左足は浮いていて地面を踏むことができない感じがすると訴えました。左足首に注目しますと、フラフラな感じで爪先が内側にダラッと捻れた状態になっていました。
 頚椎の捻れと左足首の関係性を観察(検査)しますと、頚椎の歪みを修正することで頼りない左足首がしっかりしそうな感じでした。ですから頚椎の歪みを修整するためにいろいろと観察を始めました。
 左肘はおかしく、左肩関節も力がない状態でした。Oさんは美容師でありエステティシャンでもありますので、この左手~腕の状態では仕事も大変だろうと思いながら細かく観察していました。すると、「私は幼い頃から左腕が外れやすく、ちょっとしたことでしょっちゅう腕が外れていました」と彼女は仰いました。
 「幼い頃から腕が外れやすかった」という言葉に、私は「頭の問題かなぁ?」と反応しました。
 それで、Oさんがベッドに仰向けの状態で頭を細かく観察していきました。第2頚椎が時計廻りに捻れているOさんは、仰向けでリラックスした状態では自然と頭が右に捻れます。第2頚椎と頭部はそのような関係にありますが、第2頚椎が捻れている原因が頭部にあるとすれば、その原因となるポイントに私が手を当てることで頚椎の捻れが改善し、右に向いていた頭は次第に左側に回転して正面を向くようになるはずです。
 その動きの予兆を感じ取れるように繊細に頭部に手を当ててポイントを探していきました。すると左耳の直上に5㎜くらいの大きさの凹みがありました。そしてその凹みのそばに3㎝くらいの長さの筋状の凹みもありました。それらに手指を当ててしばらく施術していますと、クイッ、クイッとちょっとずつ頭部が左側に回旋し始めました。そして2~3分くらい施術をおこなっていますと、頭はすっかり正面を向くように修正されました。
 第2頚椎の捻れがすっかり修正されたというわけではありませんが、捻れの堅固さはとれ、素直な状態になったと感じました。そして左足首の状態を観察しますと、足首もしっかりとして、爪先が内側に捻れていた状態も改善していました。これで左足でもからだを支えられる状態になったと判断しました。

 その後、立っていただき両足への重心の掛かり方を確認していただき、さらに歩いていただきました。
 Oさんはホッとした表情を浮かべながら、左下半身に体重が乗り、左足がしっかり着地して地面を蹴ることできるようになったことを実感していました。
 「その左耳上の凹みに毎日手を当ててケアしてください。そうすればだんだんと捻れていた頚椎が正しい位置に戻るようになり、全身のバランスが良くなると思いますから。」と私はアドバイスしました。

 Oさんは鼻が下がる傾向にありましたが、それも頭の凹みを手当てすることで改善されます。
 おそらく乳幼児期からの不調が30年以上ずっと続いていたのではないかと思います。左肩や腕がグラグラの状態で左手にも力が入らない状態、左下半身にからだを乗せることができない状態、それらを改善するきっかけがつかめたものと思います。

 Oさん以外にも、おそらく出産時の影響で頭部が凸凹して50年近く不調を抱え続けていた人もいました。
 出産時のトラブルですぐに手術を受け、頭部の筋膜に偏りが生じてしまった影響で斜頸になってしまった女子もいました。
 それ以外にも、スキーやスノボなどで頭部を打撲し、その影響でからだが不調になってしまったケースも多々あります。
 小顔整体など、無理に頭蓋骨を動かしたことの損傷が影響してバランスを崩してしまったケースなどもあります。
 頭は「脳機能の健全」という意味でも大切ですが、全身のバランスや身体機能の健全さという意味でも大切です。ですから、いくら頭にきたからといって、子供の頭を叩くは絶対に止めてください。仕付けで叩くという行為は良くありませんが、どうしても叩かざるを得ないと判断した場合は、頭ではなくお尻にしてください。

 からだの何処かが損傷してしまった場合、それを修復するために私はマグレインやダイオードを貼ったりしますが、頭部は髪の毛がありますので、それが叶いません。ですから、日々のセルフケアとして損傷部分に手を当ててもらうようにしていますが、そうすることで、何十年も前のケガや損傷であっても次第に良くなっていきます。
 しかし、何処をどのようにケアすれば良いのか、普通の人にはわかりません。ですから、なんとなく昔の古傷や乳幼児期からの問題がご自分の体調に影響を及ぼしていると感じていらっしゃる方は是非ご来店ください。私がケアすべき場所を探して見つけます。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 一般に「肩こり」と認識されているものは、首~肩関節にかけての肩上部だったり、①で取り上げた少し後方(小菱形筋)の「こり」ですから、からだの前面にある鎖骨は関係ないと思われています。(おそらく専門家の多くもそう考えていると思います。)
 しかし、実際には鎖骨の状態は肩上部の肩こりに深く関係している場合があります。今回は、そのような話題です。


 たとえば「肩こりを改善して欲しい」と訴えますと、施術者は上の写真の手指を当てている部分を中心にマッサージ(揉みほぐし)を行うと思います。私もそのようにします。揉みほぐすことで血行が良くなり、筋肉や筋膜に滞っている水分や老廃物が流され出ていきます。ですから、内圧が下がって筋肉や筋膜に柔軟性が戻り、肩こりが軽減するようになります。
 ところが、以前にも申しましたが、揉みほぐしても、指圧しても、効果がみられないタイプの肩こりがあります。それは筋肉や筋膜が変調してこわばった状態のものですが、骨格の歪みが原因になっている場合がほとんどです。ですから、揉みほぐしやマッサージや指圧の類ではなかなか解決につながりません。

肩上部の肩こり‥‥僧帽筋(そうぼうきん)のこわばり


 背中側、後頭部から肩甲骨を経由して背中の上部を覆う僧帽筋という大きな筋肉があります。肩甲骨の動きに大きく関係していますので、腕の動きに大きな影響をもたらす筋肉です。僧帽筋の上部線維は後頭部~肩上部にてありますが、肩上部では厚みがあるので指で挟んでつまむことができます。そしてこのつまむことの出来る部分に肩こりを感じている人も多いかと思います。

 僧帽筋の上部線維は後頭部の尖った出っ張り(外後頭隆起)から始まり、首を経由して肩甲骨の上面を肩関節(肩峰)まで繋がっていますが、肩上部を覆うようにあって、前方では鎖骨の外側1/3につながっています。
 内部に水分や老廃物が溜まって硬くなっている以外で、肩こりを感じる筋肉は張っていたり、こわばった状態になっています。
 そしてその原因として骨格の歪みがありますが、後頭部(後頭骨)や肩甲骨、そして鎖骨が歪んだ状態になりますと僧帽筋上部線維がこわばった状態になり「しつこい肩こり」と感じるようになることがあります。
 ですから、肩甲骨、後頭骨、そして鎖骨を整えることが肩こりを改善するための方法になりますが、今回は鎖骨と僧帽筋との関係に的を絞って説明させていただきます。

鎖骨の歪みと僧帽筋の関係

 鎖骨は喉のすぐ下にある横に伸びて肩関節に繋がる棒状の骨ですから、からだを前面と後面に分けますと前面にある骨格となります。ですから、鎖骨と肩こりとは直接的な関係はないと多くの人は思うのではないかと思います。
 ところが、僧帽筋は肩関節を包むように肩の前面まで覆って鎖骨の外側に付着していますので、実は鎖骨の状態と僧帽筋の状態は密接に関係していることになります。
 鎖骨が本来の位置より外側にずれたり、下に下がったりしますと、僧帽筋が引っ張られた状態になりますので、筋線維はこわばってしまい肩上部(筋腹)の深部に芯ができたように硬くなってしまうことがあります。そしてそれを「肩こりの芯」と感じる人も多いかと思います。
 この状態を改善するためには、鎖骨が外側に歪んでしまう原因や下に下がってしまう原因を取り除いて鎖骨が本来の在り方にもどるよう調整する必要があります。


 鎖骨に繋がっている主な筋肉として、僧帽筋(上部線維)、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)、三角筋(前部線維)、大胸筋(鎖骨部)の四つがあります。ですから、これらの筋肉の影響を受けて鎖骨は歪みます。


①三角筋(前部線維)は手の親指と深い関係にありますので、親指を酷使したり、何かの理由で肘関節が捻れますと、三角筋(前部線維)がこわばって収縮し、鎖骨を外側下方に歪ませるようになります。

②大胸筋(鎖骨部)は手では小指側の筋肉と連動し、腹筋(腹直筋)とも連動しますので、手や腹部の影響を受けて変調を起こします。大胸筋(鎖骨部)がこわばって収縮した状態になりますと、鎖骨の内側をやはり外側下方に引っ張るようになります。

③胸鎖乳突筋は後頭部と鎖骨を繋いでいる筋肉ですので、首(頚椎)の影響やその他の理由で頭蓋骨が歪みますと変調状態になります。また噛む筋肉とも関係しますので、片噛み癖や噛みしめ癖などの影響を受けて変調します。例えば胸鎖乳突筋がゆるんだ状態になりますと、やはり鎖骨の内側は下がりますし、反対にこわばった状態になりますと、鎖骨内側を引き上げるほか、鎖骨を外側にも歪ませることになります。

 以上は鎖骨が歪んで僧帽筋がこわばってしまう可能性の単純な例ですが、実際には幾つかの要因が重なり合って鎖骨が複雑に歪んでいて肩こりが頑固な状態になっています。


慢性的な強い肩こりには骨格を整える方が有効

 五十肩などの肩関節痛でもないのに、じっとしても「肩上部が耐えがたいほどに痛む」という状態になることがあります。それは三角筋も大胸筋も胸鎖乳突筋も全部がおかしい状態で鎖骨が捻れながら前後左右にずれていたりして鎖骨の内側と外側が非常にアンバランスな状態になっている可能性があります。
 僧帽筋があっちからもこっちからも複雑に引っ張られる状況になっいるので、どう対応してよいかわからなくなり、仕方なく自らをギュッと硬くしてそれらの力に耐え忍んでいる状況が頭に浮かびます。(私見ですが)
 ですから、その辛さから解放されるためには、それぞれの筋肉の変調が改善するようにひとつひとつ丁寧に整えていく必要があります。それは地味で細かい作業ですが、施術者の技量が試される場面でもあります。

 何年も、あるいは何十年も、「ここが昔から硬くて辛い」とその部分に指をさせるような肩こりは、筋肉の変調が形状記憶のように頑固になってしまった状況だと考えられます。そんな状態を改善しようとする場合、骨格を整えることはじゅうようになりますが、「鎖骨の状態」がキーポイントになることもあります。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 皆さんが辛く感じる「肩こり」を専門家として観察しますと、まず大きく2つのタイプに区分することが出来ます。
 一つ目はマッサージや指圧や揉みほぐしなどの手法で症状を軽減することのできるタイプの肩こりです。
 これは筋肉(筋線維)の中や筋膜と筋線維の間に水分や老廃物が停滞して、全体的にパンパンと硬くなってしまっているものです。血液やリンパ液の循環不良と考えても良いかと思いますが、揉みほぐすことによって停滞している水分や老廃物を流し去ることで「こり状態」は改善します。
 二つ目は筋肉がこわばって張っている状態です。何らかの理由で筋肉がこわばりますと筋線維は太く硬くなります。さらに筋線維自体が縮む方向に働きますので、筋肉を伸ばすような動作で痛みを感じますし、じっとしていても重苦しさを感じるようになります。そしてこのタイプの肩こりは揉みほぐしなどの方法では解決に向かいません。筋肉のこわばり状態を解消する手段が必要です。
 ただ、筋肉の能力を奪うほどにたくさん揉みほぐしたり、強い指圧をしたり、あるいは鍼治療をたくさんおこないますと、筋肉は質が変化してこわばり状態は消えます。すると一時的に肩こりは改善されますが、変質した筋線維は別の問題につながる可能性が高くなります。

 そして、多くの人たちが感じる実際の肩こりは上記の2つのタイプを両方持っています。ですから、皆さんが訴える「肩こり」に対して誠実に対応するためには、揉みほぐして停滞している水分や老廃物を流し去り、加えて筋肉や筋膜の状態を整える施術の両方を行う必要があります。

 今回の話題は、肩こりの2つ目のタイプ=筋肉や筋膜がこわばっている状態の肩こりについてですが、O脚(外側重心)との関係について取り上げてみます。
 「O脚(外側重心)」というのは、スタイル的に言われるO脚に限らず、立った時に足の小趾側(外側)に重心の掛かってしまう状態のことです。「内股」の人はこの中に入りますし、おそらく私たちの半分くらいにあてはまる状況だと思います。
 小趾側に重心が掛かってしまいますと、それだけで肩こり状態になりますが、そのことについて説明させて頂きます。

外側重心と小菱形筋(しょうりょうけいきん)のこわばりの関係

 「肩こりが辛い」と感じて、肩の後の方、肩甲骨との間についつい手をやってしまうタイプの肩こりは小菱形筋のこわばりです。手の人差し指、中指、薬指の3本でグーッと掴むように指圧しますと気持ちよく感じますが、指圧と解いてしまいますと再び肩こりを感じる状態になってしまいます。



 小菱形筋は頚椎の下方と肩甲骨の上方を繋いでいる筋肉ですが、筋肉の連動関係によって太もも内側の薄筋(はくきん)と密接に関係します。ですから、何らかの理由によって薄筋がこわばりますと、小菱形筋もこわばってしまい肩こり状態になってしまいます。
 ですから原理は非常に単純です。しかしながら薄筋のこわばり状態を解消しない限り、小菱形筋をいくら揉みほぐして軟らかくしようとしてもまったく効果は現れないという現実となってしまいます。

外側重心と薄筋のこわばり

 立った時に小趾側に重心が掛かってしまう「外側重心」と「薄筋のこわばり」を説明する上で解りやすくするために、膝から下が外側に歪んでいるO脚を例に取り上げてみます。

 薄筋は股関節内側の恥骨を出発点(起始)として太もも内側中央(ずぼんの内側ライン)を膝下まで進み、膝下の脛骨内側に付着(停止)しています。太もも内転筋のひとつですが、太ももと脛骨が外側にずれないように働いている筋肉と考えていただいてよいでしょう。
 O脚ではない普通の状態の人は、骨格的な理由で薄筋がこわばることはほとんどありません。ところが脛骨が外側にずれているO脚の人は薄筋の出発点(起始)と付着点(停止)の間の長さが少し離れることになりますので、自然現象として筋肉(薄筋)は自ら収縮して骨(恥骨)と骨(脛骨)の間が離れないように働くようになります。専門的には「付着している骨と骨の間が本来よりも離れると筋肉はこわばる」という原理がありますが、この説明の方が解りやすいでしょうか。

 そして脛骨が外側に歪んでしまう理由は3つほど考えられます。
 一つ目の理由は股関節や太ももと脛骨外側をつないでいる筋肉が縮んでことです。この対象となる筋肉は大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)~腸脛靱帯(ちょうけいじんたい)と外側広筋(がいそくこうきん)です。
 二つ目の理由は、脛骨を内側に引き付ける働きをする筋肉の働きが悪くなって締まった状況です。内側広筋(ないそくこうきん)、縫工筋(ほうこうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)などのどれかの働きが悪い可能性が考えられます。(薄筋もその一つですが、ここでは薄筋がこわばる理由を話題にしていますので薄筋は除外します。)
 三つ目の理由は膝窩筋(しつかきん)のこわばりです。

 ここでは立った時に足の小趾側(外側)に重心が掛かっていることに的を絞っていますので、上記三つの理由の中で一つ目と三つ目について考えてみます。

 大腿筋膜張筋(および腸脛靱帯)は太ももの外側真横、つまり薄筋と正反対に位置していますが、この筋肉はふくらはぎ外側の長腓骨筋と連動関係にあります。長腓骨筋は腓骨の上部に始まり(起始)、真っ直ぐ腓骨を下り外くるぶしの後側を回り込んで足裏に入り、母趾中足骨などに付着しています。その働きは足の外返し、つまり小趾側を引き上げるように足を捻ることです。

 小趾側に重心の掛かっている人は歩行の時に小趾を持ち上げるようにして足首を曲げますので長腓骨筋(および第3腓骨筋、長趾伸筋)が酷使される状況になります。ですから長腓骨筋がこわばってしまう可能性が非常に高いと言えます。
 つまり小趾側に重心のある人は長腓骨筋がこわばっている傾向にありますが、その連動関係にある大腿筋膜張筋(及び腸脛靱帯)もこわばることになりますので、太ももの外側がピンとはってしまい、結果的に脛骨を外側に引っ張り薄筋がこわばってしまう状況になってしまいます。

膝窩筋のこわばりと薄筋の関係

 膝窩筋は膝裏のもっとも深部にあります。その主な働きは真っ直ぐに膝が伸びた状態から膝を曲げ始める動作を誘導することです。私たちの膝関節は、膝が曲がった状態から伸ばしていきますと最後の段階で脛骨が少し外側に捻れますが、それによって膝関節にロックがかかった状態になります。ですから真っ直ぐに伸びきった膝関節を曲げるためには脛骨を少し内側に捻ってロックを外すプロセスが必要になります。膝窩筋はこの時に働きます。
 余談になりますが、膝を深く曲げる動作ではまったく問題ないのですが、歩くなど、真っ直ぐに立った状態から足を前に踏み出そうすると痛みを感じる症状があります。何の心当たりもないのに突然「膝が痛くて歩けない」状況になってしまうために、本人はとても不安に感じますが、実は膝窩筋の働きが悪くなっただけだったと言う場合もあります。

 膝窩筋は収縮することによって脛骨を内側に捻りながら外側に引き寄せる働きをします。(それによって膝関節がロックした状態を解除します。)
 ですから膝窩筋がこわばった状態では脛骨が外側に歪んだ状態になりまが、これによって薄筋はこわばった状態になってしまいます。

 また膝窩筋は足底にある母趾内転筋、股関節の小殿筋と連動関係にありますので、それらの筋肉がこわばりますと膝窩筋がこわばり、脛骨が外側にずれて薄筋がこわばり、それが連動して肩こり(小菱形筋のこわばり)を感じてしまうという状況が起こります。
 仕組みの詳細は省きますが、O脚の人は股関節の小殿筋がこわばっている可能性が高いですし、O脚や内股で爪先が内側を向いた人の母趾内転筋はこわばっている可能性があります。

O脚や外側重心による肩こりを改善するために

 筋肉の中の水分が溜まって硬くなってしまった「こり」の類は筋肉を揉みほぐすことで改善することは可能です。ですから、マッサージや指圧、あるいは低周波治療器などは有効な手段と言えます。
 ところが上記で話題にしました小菱形筋のこわばりによる肩の張りに対しては効果は期待できません。筋線維(筋肉)が損傷して収縮する能力が低下するほどに揉みほぐしたり、指圧したり、あるいは治療器を何度も何度も使いますと、確かに「こり」や「張り」は取れることでしょう。しかし、それはまったくの邪道であり、別の大きな問題をもたらすきっかけになってしまうことでしょう。

 私はこのブログにおいて、なるべく自分でできるセルフケアをアドバイスしたいと考えていますが、今回の話題はセルフケアでの対処は難しいように思っています。
 ポイントは外側重心(O脚)の状態を改善することになりますので、やはり専門家が対応するのが効率的であると考えます。
 

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 下がっている、あるいは下がり気味の状態にある顔面を上げる手段はいくつかありますが、第2頚椎の状態を整えることは要になる一つの方法です。
 首や肩のコリが強くて、整形外科を受診すると「ストレートネック」と診断される人がかなり多く来ますが、そのような人は、まず間違いなく顔面が下がった状態になっています。
 年齢が若ければ肌に張りがありますので、顔面の骨格が少し下がったところで、頬が下がったり、瞼が下がったりするようには見えないかもしれませんが、加齢に伴って肌の張りが弱くなりますと、顔の下がりを感じるようになってしまいます。

 話しをストレートネックに戻します。本来、頚椎は少し前弯した状態になっています。それによって頚椎を抵抗少なく前後に動かすことができますし、歩行時など地面からの衝撃を和らげて頭部を護る仕組みになっています。
 ところが、下を向いている時間が長かったり、肩凝り性だったり、首肩に力を入れる癖などによって頚椎の前弯が失われてしまうことがあります。すると首肩の凝りも強くなって「首はガチガチ、頭痛も頻繁」という状況になってしまうかもしれません。

 肩こり解消の目的で私のところに来られる人の中に「整形外科でストレートネックと言われ‥‥、だから肩こりが激しい」と仰る人も多くいますが、それは話しが反対で、首肩の凝りが強くなったのでストレートネック(状態)になってしまっていると私は考えています。なぜなら多くの場合、首肩の凝りをほぐしていきますとストレートネック状態は改善していくからです。ところが、首肩の凝りをほぐしてもストレートネック状態が改善しない人がいます。それは別の理由で頚椎が歪んでいるからなのですが、多くの場合、第2頚椎が下向きの状態になっていることが原因です。

 後頭部と首の境は少し凹んだようになっています。それを「盆の窪」と呼んだりしますが、そのすぐ下に頚椎の棘突起が出っ張っています。その棘突起が第2頚椎の棘突起なのですが、本来はそれほど目立つ存在ではありませんが、ストレートネックの人はその出っ張りが「ありあり」していると思います。あるいは「盆の窪」を感じることもなく、後頭部と首の境に硬い突起物を感じる状態になっているかもしれません。

 さて、この状態は第2頚椎が下向きになっているので、棘突起が上に回転して後方に突出した状態になっているということです。そして首後面の正中(中央)には項靱帯(こうじんたい)と呼ばれる強い結合組織が縦に走っていますが、それがすべての頚椎棘突起をつないでいますので、第3以下の頚椎棘突起も上向きの状態になってしまいます。つまり第2頚椎の棘突起が多の頚椎の棘突起を引っ張り上げているような状態です。ですから、頚椎は前弯を失ってストレートネックの状態になってしまいます。(他の理由でストレートネックになることもあります。)

 頚椎(椎体)とその棘突起の話しは馴れませんとイメージしづらく解りにくいかもしれません。
 頚椎の後方にある骨の突起は棘突起(きょくとっき)と呼びますが、それが上に引き上げられた状態では、頚椎自体(椎体)は下向きの状態になります。そして首後面に「首の骨」を在り在りと感じる状態だったり、「硬いなぁ」と感じる状態は棘突起が上を向いている、つまり頚椎が下を向いている状態です。
 頚椎が下を向いている状態では、骨連動の仕組みにより顔面の骨格も下を向くように下がってしまいます。
 ですから顔面の骨格を上げようとするときは、頚椎の下向き状態を改善することが必要になってきます。つまり首の後面を触ったときに首のつけ根(第7頚椎)以外の骨(棘突起)はあまり感じられない柔らかい状態にする必要があります。

要になる上部頚椎

 第1頚椎と第2頚椎の二つの頚椎を上部頚椎と専門的に呼びます。
 上部頚椎は頭蓋骨を首に乗せる関節(第1頚椎)であり、頭部を回旋させる軸となる骨(第2頚椎)と言う意味で、その在り方は、私たちの業界ではとても重要であると考えられています。「上部頚椎を整えると自ずと全身が整う」とうたっている専門家もいます。
 私はそこまで上部頚椎に思い入れはありませんが、その重要性は知っています。そして、上部頚椎は調整するのが難しい骨格でもあります。
 上部頚椎の中で第1頚椎はほとんど触れることができません。ですから、周囲のいろいろな状況は動きを参考にしながらその状況を推し測り対応しなければなりません。その意味でも第2頚椎の状態はとても重要です。

 さて、もし首の後面、盆の窪のすぐ下の第2頚椎棘突起が硬く突出している状態だったとします。

 それは第2頚椎が下を向いている状態ですが、その出っ張った骨(棘突起)に片手の手指を当てて、他方の手を額に軽く当ててみてください。
 次に、棘突起にに当てた手指を下方に少し動かし、棘突起を下方に押し込むように動かしてみます。すると額に当てた手に、額の骨が少し上に動くのが感じられると思います。

 つまり、第2頚椎の棘突起を下に動かす=第2頚椎を上に向けますと顔面の骨も上に上がることがわかります。これは私たちのからだに秘められた仕組みの一つです。

 ここで改めて要点を整理しますと以下のようになります。

  • 顔面の骨格は骨連動の関係で頚椎と密接に関係しています。
  • 頚椎が下を向いていますと、顔面の骨格も下を向いて下がります。
  • ストレートネックと診断されている人、盆の窪が感じられない、あるいは盆の窪の直下の骨(第2頚椎棘突起)が突出している人などは第2頚椎が下を向いているということです。
  • ですから、このような状態の人の顔面を上げるためには、第2頚椎の下向きを改善する必要があります。

下向きの第2頚椎を修正するために

 骨格の歪みを修整することについて多くの人がイメージしやすいのは、骨格を直接「ポキポキ」とか「バキバキ」とか操作して調整する方法かもしれません。カイロプラクティックは直接骨格を動かしますので、得意分野だと思われるかもしれません。
 ところが上部頚椎はたくさんの筋肉が絡んでいて、そのバランス関係で現在の状態になっています。ですから関係する幾つもの筋肉を整えませんと一時的に骨格を調整したところで、すぐに元の状態に戻ってしまいます。その意味で「筋肉の調整」がもっとも重要です。それぞれの筋肉の状態が良くなり、頚椎に関係する筋肉群のバランスが整うことで頚椎の状態が良くなれば、それはその状態を安定させることに繋がるからです。

 なぜ今回はこのようなことを申し上げているのかは、顔面も含めて頭蓋骨や頚椎はとても繊細で微妙な部位であり、施術でトラブルが起こりますと、重大な問題に繋がってしまう可能性があるからです。
 「小顔整体」を売りにしているところなどは、グイグイ頭蓋骨を押し込んだり、首の筋肉を引っ張ったり、私から見ると非常に危険な施術を行っているようです。十分に注意してください。

後頭下筋群(こうとうかきんぐん)のこわばり

 さて、第2頚椎を下向き(棘突起は上向き)にする代表的な筋肉に後頭下筋群があります。後頭下筋群は後頭部の骨(後頭骨)と第1頚椎、第2頚椎に繋がっていますので、こわばることで第2頚椎棘突起を引き上げてしまいます。ストレートネックになる原因になります。
 後頭部と首との境の筋肉がガチガチに張っているいる人、指圧すると痛みを感じる人は後頭下筋群がこわばっていてストレートネック状態になっていると思います。

中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)のこわばり

 首の側面には頚椎と肋骨を繋いでいる斜角筋(しゃかくきん)があります。斜角筋は噛む筋肉(そしゃく筋)と密接に関係していますので、噛みしめ癖や歯ぎしりの癖がありますと顎周辺のそしゃく筋も硬くなりますが、同時に首の斜角筋も硬くなって首のしなやかさが失われ、動きも悪くなります。あるいは何かの理由で斜角筋がこわばりますと、そしゃく筋に影響して顎関節の不具合を招く可能性もあります。

 斜角筋には前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の三つがあります。この中で中斜角筋は直接第2頚椎に関係していますが、中斜角筋がこわばりますとやはり第2頚椎を下向きの状態にしてしまいます。
 中斜角筋はそしゃく筋の中で口の中にあります内側翼突筋(ないそくよくとつきん)に連動していますので、顎を大きく開いたときに耳のところ(咬筋)ではなく、顎関節の内部が痛みを発するようなときは、中斜角筋がこわばっていると判断できます。

その他の筋肉の影響

 後頭下筋群と中斜角筋の他にも、第2頚椎を下向きにしてしまう筋肉はいくつかあります。あまり専門的になりすぎても解りづらくなりますので、それらについてはここでは省略します。
 また、第2頚椎の問題以外にも顔面の骨格を下げてしまう理由はいくつかあります。
 そしゃくが足りなければ、全身的に筋肉の働きが弱まりますので、重力に対抗する力も弱まります。
 お腹が冷えるなどの要因で、腹筋~胸~首前面の筋肉がこわばることがあります。パソコンの業務ばかりしている人は胸の筋肉がこわばりますが、それらによって喉や舌関係の筋肉がこわばって顔を下に引っ張っている状況もあります。
 猫背により背筋がゆるんだ状態になっている人がいますが、すると後頭部が上に上がり、反動として顔面が下がってしまうということも起こります。
 ですから、顔を整える私の施術においては、顔面以外のいろいろな筋肉や骨格を整えています。多くの場合で、その時間は実際に顔を触っている時間の何倍にもなります。

頚椎と腰椎の関係とセルフケア

 アスリートや筋肉を鍛える肉体的トレーニングしている人達などを除いた、私たち一般人の骨格は、側面から見ますと頚部は軽く前弯していて、反対に胸部(胸椎)は軽く後弯し、そして腰部は再び軽く前弯している状態が普通です。
 頚椎も胸椎も腰椎も(そして仙骨も)、それぞれがゆるかに弯曲していることで重力や衝撃による負荷を軽減したり、体幹の柔軟性を保つことができるようになっています。
 ところが、普段の姿勢や身体の使い方の癖などによって頚椎や腰椎の前弯が失われたり、胸椎の後弯が大きくなっていたり、あるいは胸椎の下部が前弯している人などがいます。猫背が強いと思っている人、骨盤を立てて座ることが苦手な人、骨盤が後傾してお尻が下がっていると感じている人などはこのような傾向があります。

 今回の話題は第2頚椎が下向きの人は顔面が下がるので、それを改善するためにどうするべきかという対策について考えてみます。
 私は毎日みなさんのからだを触っていますので、経験にもとづいて第2頚椎を整えたり、ストレートネックを改善するための手段を知っています。ですから、施術を行うことができます。ところが、素人であるみなさんがそれを行うことはほとんど不可能です。そして先ほども申しましたが、上部頚椎は非常に重要で微妙な部位ですので、やたらに力を加えたり動かしたりして欲しくないところです。
 そこで、腰椎と頚椎の骨連動の関連性から、腰椎が前弯状態になるようトレーニングすることで少しずつ上部頚椎の状態が改善するような方法を採用していただきたいと思っています。

 方法は、座った状態で骨盤を寝かせた状態(=腰椎が前弯していない、あるいは後弯している状態)から、ゆっくりと下腹を前上方に突き出すように骨盤を立てる運動を繰り返すことです。
 つまり、意図的に腰椎が前弯する状態を築くことなのですが、ポイントになるのは第4腰椎、第5腰椎、仙骨といったところが軟らかく動かせるようになり、そこで腰椎の前弯が形成されることです。
 腰椎がストレート状になっている人、あるいは後弯している人は、寝ている骨盤を立てる動作をしたときには、腰椎の下部が動くのではなく、腰椎と胸椎との境あたり、つまり腰部の上の方が動いて骨盤を立てる運動が行われる状態になっています。最初はそこで動いてしまうのは仕方のないことですが、何度か運動を繰り返している間に、少しずつ動く場所が下になるように意識を向けていきます。そして最終的に腰部の下の方、理想的には腰椎と仙骨の間が動いて骨盤を立てる動作ができるようになるように努めてください。
 毎日のようにこの動作を繰り返していますと、やがて普通にしていても腰椎が前弯した状態になり、それに合わせて頚椎も前弯して第2頚椎の状態も良くなると思います。そして顔面の下がりが改善されるようになると思います。
 一回のトレーニングでは、30回くらい骨盤を立てたり寝かせたりする運動を行ってください。それを一日に何度か繰り返してください。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 薬局を経営されている60歳代後半の女性Sさんが、4ヶ月ほど前から首を普通に保つことが出来なくなってしまったと来店されました。「年末の仕事が忙しく、ずっと下を向いた状態でいたのがいけなかったのかなぁ?」と仰っていました。

 からだの状況を観察しますと、立位では、首はその根元(第7頸椎)のところからすっかり前に倒れていて、無理をしないと首を起こして正面を向くことができません。
 首が倒れたままの状態で頭を回旋させ、横を向きながら覗き込むような感じで目の前の相手と会話しなければならない状況です。
 そして、下腹を大きく前に出すような反り腰で、その反動として猫背であり、確実なかかと重心です。骨盤はすっかり後傾していて、お尻はすごく垂れた状態になっていました。

 座位では背もたれもないのに、背もたれのある椅子に座っているように上半身が後に傾いています。
 「少し上半身を前傾させるように座ってみてください」と申し上げても、それができません。坐骨のかなり後側に重心があって、そこから重心を前に移動することができないので、前傾姿勢ができないのです。

ポイントは3つ

 Sさんは、これまでにギックリ腰の経験はなく、腰痛の経験もそれほどないとのことです。それなのに下腹を前に突き出すような反り腰の立ち姿になってしまったのは何故なのか? という疑問が生じます。(この疑問に対する明確な答えはまだ掴みきれていません)

 反り腰の姿勢は、それだけで猫背をまねき首が前に出てしまいますが、おそらく何十年もその姿勢を続けていたと予想されますので、背面の筋肉はゆるみきった状態になっていると思われます。そして前に出た首を支えるために、首前面や胸元の筋肉は反対に硬くなっていると思われます。

 そして全身を触りながら確認していきましたが、実際そのような感じになっていました。
 お尻の筋肉はとてもゆるゆるで、「しっかりした状態に戻せるだろうか?」と考え込んでしまうほどの状況でした。
 それでも、この問題(反り腰)が1番の要だと感じました。骨盤の後傾が改善され、お尻の筋肉がしっかりすれば、骨盤を中心に動くことができるようになって反り腰は改善されると思います。反り腰が改善されれば、猫背も改善され、首は自ずと立ってくると思います。
 ですから、次の3つのポイントに重点をおいて施術を行うことにしました。

  1. 反り腰の改善‥‥かかと重心にも通じることですが、骨盤が前傾して中殿筋に力が入る状態になれば、骨盤を中心に立ったり座ったりすることができるようになります。すると自然と反り腰状態は改善されていきます。
  2. ゆるんだ背面筋肉の機能回復‥‥長年の姿勢や下を向き続けることの多い仕事の影響で、首の後側の筋肉が伸びきった状態になっています。そして、その状態は首の後側だけでなく、背骨を支える筋肉(脊柱起立筋群)にまで及んでいますので、普通の人なら何の苦もなく行える「顔を上げる動作」ができない状態になっています。
     うつ伏せで寝た状態で、頭を上げて前を向くことが出来ないことからも、それがわかります。
  3. 首の前面~胸にかけてのこわばった筋肉の改善‥‥猫背で首が前に出てしまった姿勢であり、さらに首背面の筋肉が働きの悪い状態でありながら、なんとか首の状態を支えるためには、首前面の筋肉で頑張るしかありません。
     ですから、首前面の筋肉は強くこわばった状態になっていましたが、こわばりは胸回りの筋肉にまで及んでしました。顎は噛みしめ状態になって緊張していますので、肩こりも酷くなってしまいます。

 上記の3つのポイントは互いに関連し合っていますので、一度の施術で全部を行う必要があります。
 たとえば、首後面の筋肉を調整を行わないまま首前面のこわばりを取ってしまいますと、首を支えるために頑張っているのものがなくなってしまいますので、症状はさらに悪化してしまいます。
 このことは重要で、一般の人は「硬いところをほぐせば良くなる」と思っているようですが、首後面の調整を行わないまま、硬くこわばっているところを揉みほぐしたり、あるいは低周波などの電気をかけてゆるめたりしますと、とんでもない状況になってしまう可能性もありますので十分に注意してください。

反り腰を改善するために

 反り腰は「下腹を前にだしてバランスを取っている姿」とも解釈することが出来ます。ですから、「どうして元々のバランスが崩れてしまったのか?」という問題を追及しなければなりませんが、多くの場合で、ケガ(ギックリ腰や肉離れも含む)や歯の治療や手術といったことがきっかけになっています。ところが、Sさんの今の段階では記憶では、そのようなものは覚えもなく思い出せないとのことでした。(何度か施術しているうちに、フッと思い出すかもしれません。そのような人は多いので)

 Sさんの下腹を前に出す姿は骨盤に寄りかかっている状態であるとも解釈できます。このような状態をほとんどの人は骨盤を使って立っていると認識するかもしれませんが、それは間違いです。ただ骨盤に寄りかかっているだけです。

 反り腰の人は、骨盤が後に傾いていてお尻の筋肉がたるんでいるという特徴があります。若い人や子供たちはお尻の筋肉がプリプリしていますのでたるんでいるようには見えないかもしれませんが、年齢や若々しさに関係なく、骨盤が後傾しますとお尻の筋肉はたるみます。

 ですから、反り腰を改善するためには骨盤の後傾を改善する必要がありますが、要となるのは骨盤の中心である仙骨・尾骨です。

 仙骨は直接背骨(脊椎)に繋がっていますので、頸椎の状態や頭蓋骨(後頭骨)の影響を受けます。また尾骨は会陰や肛門を含んでいる骨盤底筋と直接関係していますし、間接的には太股裏側のハムストリングや大内転筋などの影響を受けます。

 椅子に座り続けることの多い人は骨盤底筋が硬くなっていますので、ストレッチは有効です。

 また、ふくらはぎがガチガチに硬くなっているのに反して、太股の裏側がユルユルになっている状態の人がいます。それはかかと重心の兆候であり、足裏の筋肉も硬くなっているはずです。ですから足裏の筋肉をよく揉みほぐすことは対症療法として有効です。
 ふくらはぎの筋肉は足の指(足趾)や足裏の筋肉の状態が反映されますので、硬いふくらはぎを揉みほぐすよりも足裏や足趾をよく揉みほぐした方が効果的です。
 そしてふくらはぎの筋肉の硬さが改善されますと、太股裏側のユルユルも良くなってしっかりとした感じになりますが、仙骨の状態もしっかりして、ある程度骨盤の後傾は改善されると思います。
(専門的には、半膜様筋と大内転筋の状態が良くなることが肝心です)

 頭部や頚部の問題で脊椎が歪み、その影響で仙骨が下がって骨盤が後傾している状況もあります。これについては、他(以下)の2つのポイントを調整することで修正します。

ゆるんでいる背面筋肉の回復

 ゆるんで働きの悪くなっている状態の筋肉を、私が専門家として施術で回復させるためには、以下の2つのことを行います。

  1. 筋肉の働きを邪魔する要因となっている骨格(脊椎)を調整する
  2. 細胞の働きが悪くなっている部分にエネルギーがやって来て細胞の働きが活性化するように手を当てる

 背骨は24個の脊椎が繋がって形成されていますので、一つ一つの脊椎(椎骨)はある程度自由に動ける状態になっています。そしてそれが故に、骨格は歪みやすいわけですが、椎骨が下を向いた状態(背骨の出っ張り=棘突起は上を向いた状態)では、その部分の筋肉は収縮しづらい状況になりますので、仙骨を引き上げる能力が低下してしまいます。
 ですから、脊椎の一つ一つを確認しながら椎骨が下向きになっているものを正すように調整を行います。(施術の詳細は省きますが、背骨をバキバキすることは全くありません)

 このブログを読んでくださっている人には何度もこの話を出して恐縮しますが、筋肉がゆるんで働きが悪くなってしまった状態は、伸びきってしまい戻らなくなったゴムにたとえることができます。ジャージやパジャマなどのウエストのゴムは使い続けているうちに伸びてしまい、ダラーンとしてしまいますが、筋肉も疲弊してしまいますと同じような感じになってしまいます。

 猫背の姿勢では、肩甲骨周辺の山(出っ張り)の部分の筋肉は伸びやすくなってしまいます。加えて首が下に向いているわけですから、首後面の筋肉は伸ばされ続けているわけで、疲弊して戻らないゴムに近い状態になってしまうのは当然のことであると言えます。
 ただ、ゴムはその弾力性や収縮力を取り戻すことは不可能ですが、筋肉の場合は、少しずつでも機能を回復することができます。そこに望みはあります。そして、そのためには筋細胞がしっかり働けるようになることが必要ですし、エネルギーが必要です。ですから、手当ては有効な手段です。

首前面~胸にかけてのこわばり

 私たちのからだには「補ってバランスをとる」という仕組みが備わっています。
 たとえば、左足の小指をケガして小指側に荷重をかけられない状態になったとします。すると、からだが勝手に調整して自動的に右足を主体にして動くようになったり、あるいは左足の親指側で頑張るようにして小指側の負担がなくなるような使い方をするようになったりします。

 Sさんの場合もこの仕組みが働いて、ゆるんで働きの悪くなっている背側の筋肉を補うように自動的に腹側の筋肉が頑張って姿勢を支えるようになります。つまり、腹筋や胸筋や首前面や喉の筋肉が背筋の分まで頑張るのです。ところが、反り腰の姿勢が影響して下腹の筋肉(腹筋)もゆるんでしまい力が入らないので、胸~首にかけての筋肉で頑張るしかない状態になってしまいます。
 ですから、胸回りの筋肉と首前面の筋肉はこわばった状態になっていますが、それもまた、首を上げることが出来ない原因になっています。

 斜角筋(しゃかくきん)はこのブログでもしばしば登場する筋肉ですが、首の運動と運動制限に深く関与する筋肉です。
 文献上は、その本来の働きは呼吸運動を補助することになっています。しかし実態は、頚部の不快感や首のコリと運動制限などの原因になる筋肉です。さらに、そしゃく筋と深い関係にありますので、噛みしめや歯ぎしりなどの癖に直接関わっています。
 また、頚椎を歪める筋肉ですので、脳神経の働きにも影響をもたらします。中斜角筋が強くこわばって眼の働きが悪くなっていることは頻繁に見受けられる現象です。

 Sさんの場合、普通はあまり見られない現象として3つある斜角筋のすべてがこわばった状態になっていました。つまり、3つの斜角筋のすべてが首(頚椎)を前下に引っ張っている状態でした。この状態では、首を起こすことは難しいですから、斜角筋のこわばりを解消することが必須事項となります。

〇大胸筋のこわばりと前鋸筋のこわばり

 Sさんの斜角筋がこわばっている原因を探していきますと、胸に拡がっている大胸筋が硬くこわばっているところにたどり着きました。中でも腕のつけ根の辺りの線維が強くこわばっていました。
 胸を揉みほぐすようにしてこわばっている大胸筋をゆるめますと、頑固にこわばっていた斜角筋が少しずつゆるみ始めました。

 そして次に大胸筋がこわばっている理由を探しましたが、それは体側にあります前鋸筋(ぜんきょきん)の硬さが原因でした。長年にわたるこわばりの蓄積なのか、ゆるめる施術を行ってもなかなか筋線維がゆるみません。前鋸筋は手の親指と関係する筋肉ですが、脇が開いた状態で手を使い続けていたのかもしれません。
 両側の前鋸筋をしばらくの間ゆるめていましたが、すると呼吸が深くなり始めて次第に全身から力が抜けていきました。そして、大胸筋のこわばりもゆるみ、斜角筋や首周りの他の筋肉もゆるんで、楽な状態になりました。

 私の施術は、筋肉の連動や骨の連動といった仕組みを利用しながら全身を整えていくものですが、前鋸筋と大胸筋が連動し、さらに斜角筋が連動するといった流れがあることは認識していませんでした。しかし、今回は明らかにこのような現象が起きました。
 このことについては追々考察していこうと考えていますが、もしかしたら腹筋が使えない状態だったために、胸回りの筋肉が総動員で頑張っていた結果として前鋸筋も大胸筋も斜角筋も全部硬くなってしまったということなのかもしれません。

 さて、以上の3つのポイントについて施術を終え、ベッドに座っていただきました。すると、すっかり良くなったというわけではありませんが、背もたれに寄り掛かるような姿勢ではなくなっていました。ほぼ垂直な感じで座ることができていて、首も立ち、まっすぐ正面を向くことができる状態になっていました。
 そして、立位を確認しましたが、反り腰状態もだいぶ軽減していました。かかと重心がすっかり良くなったわけではありませんが、施術の方向性は正しいと知ることができました。

 Sさんから話しを伺いますと、若い頃から反り腰だったようです。
 長年にわたるその癖はすぐには改善できないと思いますので、何度か施術を行っても「3歩進んで2歩下がる」というような感じになると思います。しかし、やがては確実に症状は克服でき、さらに反り腰と猫背が改善されれば、この先、効率的で快適なからだの使い方ができると思います。


 前述しましたが、今回の説明で皆さんに知っておいていただきたい大切なことは、3つのポイント全部を調整しなければ良い結果を期待することはできないということです。
 そして3つはバラバラにあるのではなく、密接に関連し合っています。
 反り腰によって猫背になり、背面の筋肉が伸びて首が支えられなくなり、それを支えるために首前面~胸にかけて硬くなり、それが故に益々猫背が進み、それが故にさらに反り腰になってしまう、といった関連性があります。ですから、反り腰も修正しなければなりませんし、背中の筋肉の働きも戻さなければなりませんし、硬くなっている首前面~胸の筋肉もゆるめなければなりません。どれか一つ欠けても良いバランスを築くことはできないと私は考えています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

↑このページのトップヘ