ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ:顔面・頭部 > めまい

  ここのところ何人か、めまいと吐き気や気持ち悪さを同時に抱えた方が来店されました。
 “めまい”の場合、私はまず内耳に問題があるのかもしれないということを頭に描いてお話しを聞いていきます。そしていろいろテストするのですが、内耳の三半規管の問題でめまいを起こしている場合は、多くの場合、音の聞こえ方も左右の耳で違っています。ところが今回の幾人かの場合は耳の聞こえ方には問題はありませんでした。
 寝返りをうつとめまいがしてしばらくの間気持ち悪くなってしまう。起き上がろうとすると気持ち悪くなり軽くめまいがしてしまう。布団に入ると気持ち悪くなり吐き気を感じる。安静にしていても気持ち悪い。こんな症状の方々でした。そしてこれらは耳の問題ではありませんでした。

 これらの方々に共通していたのは首が捻れていたことです。片山洋次郎さんがお書きになった本の中に「頚椎4番が捻れているとめまいを起こしやすくなる」という内容があります。もうだいぶ前に読んだのですが、施術をしながら、ふとそのことを思い出しました。そして頚椎4番やその前後の頚椎が正しい位置に戻るよう施術を行いますと、確かに症状が改善されました。
 片山洋次郎さんとは面識がありませんし、知り合いからの紹介で8~9年ほど前に本を何冊か読んだだけですが、とても専門的で、当時の私には解りにくいことも多かったのですが、今また読み返すとうなずけることもたくさんあります。

 「頚椎4番の捻れはめまいを引き起こす可能性がある」と言ったところで、医学的には「なんのこっちゃ?」と一向に認められないと思いますが、現実として、実際にめまいや気持ち悪さが改善されたわけですから、私の見方も一枠拡がった感じがしています。
 
 症状に対して私が着目するポイントは以下の通りです。
 ・めまい‥‥耳の働きや位置の問題、リンパや血流の問題、首の捻れ(頚椎4とその前後)
 ・気持ち悪さ‥‥血流や血圧の問題、呼吸の問題、胸郭の問題、首の捻れ(頚椎4とその前後)
 ・吐き気‥‥耳の問題、呼吸の問題、胸郭の問題、首の捻れ(頚椎4とその前後)
 ・不安感‥‥呼吸の問題、胸郭の問題、頭部の血流の問題、頚椎
 
頸部側面

 ところで、頚椎4番は図に見るように“のど仏(喉頭隆起)”の少し上にあります。ですから、頚椎4番を中心にその前後が捻れていますと、舌骨や声帯(喉)も捻れますので、舌の働きや発声に問題が生じます。舌を噛みやすくなったり、声がかすれたり、あるいは大きな声が出せなくなってしまうかもしれません。“頚椎4番の捻れ”と言っても普通の人にはわかりづらいことですが、鏡を見たときのど仏の位置が真ん中ではなく、どちらかにずれているようであれば、それは頚椎4番が捻れていると考えられます。耳鼻科や内科で治療を受けても、あるいは薬を飲んでもなかなか治らないめまいや吐き気に悩まれている方が、のど仏の位置が真ん中でない場合は、専門家に頼んで頚椎を正しい位置に戻してもらってみてください。症状が速やかに改善するかもしれません。但し、直接頚椎を動かして矯正しようとするカイロプラクティックや整体院を訪れる場合は十分に注意してください。ボキボキっとやりたがる専門家は避けた方が良いと思います。万が一頚椎が損傷しますと、それは大きな災いを招く可能性があります。
 ちなみに私は、決して直接骨をボキボキっと動かすことはしません。これまでの例では、片噛みや噛みしめの癖で頚椎1番がずれ、その反動として頚椎4番が反対方向にずれていたり、肩甲骨や肋骨がずれていることで頚椎が捻れていたりと、根本的な原因は他にある場合がほとんどです。人差し指を使いすぎていることが原因の場合などもあります。(マウスをクリックしすぎたなど)

追記:私の業界も忙しくなりつつあるシーズンを迎え、なかなかブログを記す時間が取れなくなってきましたが、今後も投稿は続けていく思いでいます。

 ここのところ、頭のふらつきや強いめまいを訴える人が立て続けに幾人か来店されました。季節的にこの時期はギックリ腰の方が増えるのは例年のことですが、ふらつきやめまいを訴える方が多くなるのは例年とは違う感じです。
 これまで、めまいを訴える方には頭蓋骨を整え、血液循環の流れを整えることで対応してきました。めまいの原因の一つとして内耳のリンパが関係していることがあります。局所的にリンパの流れが悪いので、内耳の中で三半規管の機能が悪くなっていると考えられるからです。ですから、頭蓋骨を整えることで耳の位置を整え、静脈の流れを整えることでリンパの流れを改善することが施術の主な手段となります。ただ、このような方は自覚があるかないかに関わらず、音の聞き取り検査をすると右と左で聞き取る音色が違っていることがほとんどです。あるいは、どちらかが難聴気味であると訴える場合もあります。
 ところが、最近来られた数人は音の聞き取りにはさして問題はなく、強いめまいと、起き上がるとふらついて歩くこともできない、というものでした。共通していることは、状態が悪いときは血圧がとても高くなっているということです。おそらく血が頭にちゃんと届いていないので、心臓が一生懸命になって血液を頭まで届けようとしているのではないかと思います。そしてもう一つの共通点は首が曲がっていることです。つまり頚椎がずれているということです。

頭部に行く総頚動脈と椎骨動脈

 頭に血液を送る動脈には、皆さんが“首切り”などでイメージできる頚動脈(総頚動脈)と頚椎の際に沿って昇る椎骨動脈の2つがあります。どちらも大切な動脈に変わりはありませんが、総頚動脈は生命維持に、椎骨動脈は頭の回転、脳の働きに関係が深いのではないかと私は考えています。頚椎がずれますと椎骨動脈の流れが悪くなると考えられますので、脳の働きが鈍るのだと思います。“頭がスッキリしない、ボーッとした感じ”になる原因の一つでもあると考えられます。そしてその状態がひどくなると、ふらつきやめまいを起こすのかもしれないと考えることもできます。
 また、洗濯物を干す動作など上を向くとクラクラするといった場合、あるいは下を向くとクラクラすると言った場合は、頭蓋骨と頚椎の関係がおかしいことも考えられます。椎骨動脈が圧迫を受けて血が流れなくなるのかもしれません。

頚椎の歪みに関係する主な筋肉

 さて、頚椎がずれる理由はたくさんあります。上から見ていきますと、後頭部と第1頚椎、第2頚椎の間には後頭下筋群があります。後頭部と首の境がコチコチになって、指圧すると痛気持ちよいばあいは、後頭下筋群がこわばっている可能性があります。後頭部と第1頚椎の関係が悪くなりますと、上を向いたり下を向いたりするとき、血管が圧迫を受ける可能性は高くなります。さらに、噛みしめや歯ぎしりなどで第1頚椎がずれることはよくあることです。
 第1~第4頚椎は肩甲骨と肩甲挙筋でつながっていますので、肩甲骨がずれるとその影響でこれらの頚椎もずれます。第2~第6頚椎は斜角筋で肋骨(胸郭)とつながっています。体が捻れ胸郭が歪みますと、斜角筋がこわばりこれらの頚椎に影響を与えます。
 第6・第7頚椎は菱形筋で肩甲骨とつながっています。腕の使いすぎで腋の下(前鋸筋)がこわばりますと肩甲骨が外にずれます。それによって菱形筋がこわばり、これらの頚椎に影響を与えます。
 また、頚椎の中で全身をうかがいしる目安となるのは第7頚椎ですが、これは骨盤と関係が深いですから下半身の問題で第7頚椎がずれ、その影響で上部頚椎がずれるということもよくあることです。

 実際のところ、頚椎が歪んでずれている人はたくさんいます。それでもほとんどの人はめまいやふらつきを起こしません。ですから頚椎のずれだけに注目してみても状態を改善できるかどうかはわかりませんが、このような状態の人は後頭部と第1・2頚椎の間が強情なこわばりであり、幾重もの原因が重なっていると考えています。施術をしてもなかなか“余裕のある首”の状態にはなってくれないので、より繊細な施術が求められます。

 先日来店された方は60歳代の男性で、めまいというよりふらつきでした。夜中に目が覚めトイレに行こうとしたらクラクラっときて、それ以降同じ状態だということでした。もう仕事はしていないとのことですが、前日はジャガイモを植える作業を一日中していたということでした。施術前に血圧を測ってもらうと、かなり高い値でした。体を見ると頚椎4番が左側に大きくずれていてやはり首がかなり曲がっていました。(めまいを起こす人は頚椎4番のずれが目立ちます。)畑仕事でずっとしゃがみ続けていたとのことで、左側の母趾先がコチコチに硬くなっているほか、腋の下(前鋸筋)もガチガチに硬くこわばっていました。また噛みしめもあり、体全体もかなり歪んでいました。これらを整えることによって首の曲がりを修正し首に余裕ができる状態にすると、ふらつきの状態はだいぶ良くなりました。再度血圧を測ったもらうと、少し高めながらも許容範囲におさまっていました。
 その後、起き上がっていただき、座った状態でいろいろ確認をしていきましたが、しばらく座っていると血の気が引いていく感じがするようになったとのことで、再度腋の下の前鋸筋をゆるめますと状態は良くなりました。

 ここで「血の気が引く」というのは大きなキーワードです。寝た状態では大丈夫でも、起き上がると血液が頭に昇らなくなるということですから、施術前に血圧がかなり高かった理由はここにあると思います。
 さらに首を整えただけでは血液が昇らない状態を改善することができませんでしたが、腋の下をゆるめることによってそれが改善されたことの事実は、理由はともかくとして、大きなヒントになりました。
 これまでも、ほとんど音が聞こえなくなる難聴や、目の霞みや不快感などを最終的に腋の下の奥の奥のところのこわばりを解消することで改善できた経験がありますが、そこは脳への血流に関係するポイントがあるのだとの思いを強くしました。

 体の不調は、それまでほとんど自覚なく過ごしていたものの「突然やってきた」という感想をお持ちの方がほとんどです。「血液検査とか病院での検診で何も異常はないと言われたのに、急にこうなった」ということをしばしば耳にします。これについて正確に説明することはできませんが、体はいろいろな不具合があったとしても自己調整能力を発揮して頑張っていますが、もう頑張りきれなくなると、プッツンしたように一気に不調があらわになってしまう、という感じがしています。それを良いように考えれば、休息のサインであり、体を整える必要性のサインであると受け取ることができます。
 ですから、ふらつきやめまいと血圧異常が重なるような場合は、単に病院の薬に頼るのみならず、体を根本的に見直し生活習慣を改めることが必要なのかもしれません。
 “規則正しい生活”は死語になりつつある現在ではありますが、体は自然と調和して動く精妙な機械です。生活習慣、薬への依存、精神的ストレスなどを見直していただければと思います。

 多くの“めまい”は、内耳(三半規管)がある側頭骨(耳のある骨)のズレや鎖骨下静脈(鎖骨と第1肋骨の間)の流れを改善することによって速やかに改善していきます。施術としては1回か2回ですむのがほとんどです。ところが今回の方のめまいはなかなか強敵でした。
 その方は70歳近くの女性です。10月11日に来店され、「斜め右上を向くとグワングワン目が回ってしまう」というのが症状でした。過去のめまいの状況について話を伺うと「40代の時と50代の時に一回ずつめまいの症状があって病院で治療を受けたがなかなか回復せず、40代の時は1年くらい、50代の時は1年半くらい症状が治まらなかった。」「病院に行っても治療らしきことはせず薬を出されるだけなので、今回は病院には行っていない。」ということでした。
 ベッドに横になったもらい、めまいのテストをしました。めまいのテストは、首を横と縦に何回か振ってもらい、それぞれ筋肉の働きが落ちるかどうか、つまり身体から力が抜けてしまうかどうかを確認する単純なものですが、これがけっこう的確に当たります。めまいの兆候を持っている人は、頭を動かした後、軽ければ1秒くらい、状態が重ければ5秒とか、しばらくの間力が入らない状態になってしまします。横に回したとき力が抜ける場合は内耳に問題があり、上下に振ったとき力が抜ける場合は血流に問題があるのではないかと私は考えていますが、それが正しいかどうかはわかりません。目安としているだけです。そしてこの方は横も縦も両方力が抜けてしまう状態でした。
 その後、頭蓋骨を整える施術と鎖骨下静脈の流れを整える施術を約1時間ほど行いました。そしてテストしたところ施術前よりはだいぶ良くなりましたが、それでも少しだけ力が抜ける状態でしたので、もう一度来ていただくことにしました。なお、当初の訴えである右上を向いたときにめまいがするというのはおさまりました。ただ、帰りがけ玄関で靴を履いて立ち上がったときにクラッとしたようなので、今回のは普通のめまいとは少し違うのかな? と思いました。

 結局、その後何回か来ていただいたのですが、「午前中は大丈夫だけど夕方になると症状が現れる」「今日は大丈夫かな、と思っていたけど布団を上げ下ろししたときにめまいがした」「一昨日は治ったかと思ったけど、昨日は朝からめまいがひどかった」「めまいというかクラッとすることはあったけど時間は5秒くらいで短くなった」など症状が一進一退を繰り返す状態が2週間ほど続きました。
 そして私もいろいろ考え、最初の簡単なテストのやり方だけでなく、書類を見てもらい、その文字がしっかり見えて頭に入るかどうか、それをやや下を向いた状態、やや上を向いた状態、右を向いた状態、左を向いた状態で確認してもらったりしました。立った状態、座った状態でどう変化するかなどもテストしました。
 そうしますと、座った状態で右目だけ角度によって文字がにじむことがわかりました。座った状態で見え方が変わるということは、鼡径部(股関節)に問題があることが予測できまして、もも上げをしてもらうと案の定右側の上げ方がちょっと不自然でした。その後、過去のいろいろな病歴や不具合歴などを尋ねていきますと、かなり前に美容師の仕事をしていてドライヤーをかけると左肘が痛くなり腱鞘炎になったことがあるということでした。
 左腕は全体に筋肉が張った状態でしたが、確かに肘はゆるんでいました。そしてそのゆるんだ左肘を修正してしっかりさせると右目の状態が良くなりました。さらに鼡径部で血流が悪くなっているので、そこも調整しました。そして3日後に再び来ていただくことにしました。
 
 再び来店されたとき3日間の状態をお尋ねしましたが「一度だけ、夕食の後しばらくテレビを観ていて立ち上がるときに少しクラッとしたが、あとは大丈夫だった」ということでした。この方はめまい以外にも左膝に力が入らなくて階段の上り下りで膝頭が痛むという症状を持っていたようで、鼡径部と左肘とこの左膝の状態を整えるように施術して、今度は5日後に来ていただくことにしました。
 5日後、「もう、めまいの方はすっかり大丈夫です。あとは膝だけです。」と仰いました。結局めまいを改善するのに3週間以上かかってしまいましたが、私にもよい経験になりました。これまでめまいに対しては、耳を整え、鎖骨下静脈を整えれば良いと思っていたのですが、目の見え方も考慮に入れなければならないし、鼡径部も関係するのだということがわかりました。

 二日酔いで布団に入ると天井がグルグル回ってしまうものも含めて、めまいは内耳にある三半規管の機能がおかしくなっている場合と、椅子から立ち上がったりするとき脳への血流が間に合わず一時的な脳貧血をおこしてクラッとしたりしてしまう場合とがあります。
 きっとこの方は左肘がおかしくなってからずっと右目への血流が悪く一時的な軽い脳貧血状態だったのだと思います。それだけでは自覚症状として不調をかんじる程ではなかったのですが、それに他の要因が重なったとき、はっきりとした症状として、めまいが現れたのかもしれません。それが40代の時と50代の時に一回ずつ、そして今回だったのではないでしょうか。
 今回、左肘を改善することによって、また鼡径部を整えることによって、不調のベースとなっていた血流の問題は改善されたと思います。ですから、もうこのように手強いめまに悩まされることはないかもしれません。そして、そうあって欲しいと願っています。

 めまいに限らず、同じような不調や不具合を時々繰り返してしまう人は、根本的な問題としてこの方と同じように血液循環不良が隠れているかもしれません。そんなことを今回は実感しました。

↑このページのトップヘ