ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ:背部・腰部 > 腰痛

 腰が伸びなくて真っ直ぐ立てなかったり、歩く動作で前屈みになってしまう理由はいくつかありますが、その多くは次の3つに絞られます。
①背骨(腰椎)が上にずれてしまっている。
②背筋がうまく収縮してくれない。
③腹筋がこわばっていて伸びてくれない。
 その他には骨盤が大きく前傾していたり、高齢になって背中が丸まってしまったためというのもありますが、施術に来られる方々のほとんどは上記三つの理由によるものに集約されます。

①背骨(腰椎)が上にずれている場合
 表現が難しいので“背骨が上にずれている”としましたが、実際に施術する立場で表現しますと脊椎が“下を向いている”、あるいは“上に動揺している”と言った方がしっくりします。
 以前にも記しましたが、背骨は一本の骨ではなく24個の椎骨が連なってできています。頚椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個です。まっすぐ立っている時を基準にしますと、前に屈む動作では脊椎の棘突起が動作に合わせて上に動いていきます。反対に反る動作では脊椎の棘突起が下を向いていきます。この脊椎の一つ一つの動きがなければ体を滑らかに屈めたり反ったりすることはできません。ロボットのようになってしまいます。(強い腰痛になるとロボットのような動作になってしまうのは、このためですが。)
 
脊柱の動き

 腰椎全体や、あるいはその中の一つの椎骨棘突起が何らかの理由で上に動いてしまっていて下を向くことができない状態になりますと、体を反らそうとしても棘突起が下を向いてくれないので動作がそこでブロックされてしまいます。腰椎がそのような状態であれば、真っ直ぐに立つことができなくなります。もっと上の方、肩甲骨の辺りの椎骨がこのような状態であれば、真っ直ぐ立つことはできますが肩甲骨から首にかけての部分は真っ直ぐできなくて、いつも猫背で下を向いているような姿勢になってしまうでしょう。
 
 さて、脊椎がこのような状態になってしまう理由として最も多いのは、仙骨が下や後にずれていることです。骨盤が後に傾いている状態であると考えてもよいと思います。下半身の筋肉が疲労して変調しますとこのような状態になりやすいと言えます。また、ギックリ腰や尾骨付近の打撲や殿部の損傷によってこうなることもよくあります。ギックリ腰をしたときにからだを真っ直ぐにできなくなるのは、まさにこの状況です。

②背筋がうまく収縮してくれない
 からだを真っ直ぐに保つことを筋肉の働きで考えますと、腹筋と背筋のバランスが上手くとれている状態であると言うことができます。仮に背筋の働きが悪くなってバランスが崩れますと重心が腹筋側に傾きます。平たく表現すれば、背筋が使い物にならないので腹筋が背筋の分まで頑張ってからだを支えるようになります。自然に上半身は前屈みの状態になってしまいます。背筋に力を入れて無理に上半身を起こそうとしましても背筋が上手く収縮できませんので、上半身はなかなか真っ直ぐになってくれません。それでも無理して背筋を伸ばそうとしますと、後頭部や首の筋肉に余計な負担をかけることになりますので頭痛を招いたり、肩こりの状態になったりします。
 電車に乗りますと、だらしない恰好で脚を投げ出し、背中で座っているような人を稀に見ることがあります。性格や人柄は別にして、その人は背筋が働けなくて座位の姿勢を保つことができないのかもしれません。常にどこかに寄っかかっていないと落ち着かない人は、背筋の働きが悪いのかもしれません。

 背筋の働きが悪ければ、①の背骨が上にずれてしまう状態にもなります。後頭部も上にずれますので、顔面は下がります。「加齢とともに顔が下がってきた」と感じる人は、ご自分の姿勢をチェックしてみてください。いつも何かに寄りかかっていたいようであれば、それは背筋の働きが悪いのかもしれません。

 また「働きが悪い」と表現します、ほとんどの人は「筋肉を鍛えれば良いのか?」とお尋ねになります。筋力が弱ければ鍛えて強くする必要がありますが、働きが悪い場合は“働きが良くなるようにする”というのが正解です。疲労しすぎれば筋肉の働きは悪くなります。それは多くの人が経験していることでしょう。この場合は、筋肉を休ませ疲労を回復することです。そうすることで働きが良くなります。あるいは、寒い中にいると筋肉の働きは悪くなります。冬の朝は手先がかじかんで、思うように動かせなくなったりします。これも働きが悪くなった状況です。この場合は筋肉や全身を温めれば筋肉の機能は回復します。
 ですから、ご自分は“もしかしたら背筋の働きが悪いのかもしれない”と感じたとしても、背筋運動をして筋肉を鍛えようなどと考えて欲しくはないです。背筋が働ける状態ではないのに、強制的に働かせようとしますと筋肉を傷める恐れもあります。
 ではどうすればいいのか? と思われるのは当然ですが、答えは人それぞれです。何かの原因で働きが悪くなっているので、その原因を特定し、その原因を改善しなければなりません。歩き方が悪いのかもしれませんし、食べ物をあまり噛んでいないせいかもしれませんし、過去の捻挫や突き指のせいかもしれません。それはからだを観ないと何とも言えないというのが私の答えになってしまいます。

③腹筋がこわばっていて伸びてくれない
 腰痛なのに、腹筋の方に原因がある場合もしばしばあります。そしてこのような人もけっこう多いです。
 背もたれのない椅子に座ったとき、私たちのほとんどは多かれ少なかれ背中が丸くなります。背筋をピンと伸ばして姿勢良く座ることのできる人はあまり見かけません。ところが「姿勢良く座ってみてください」と言いますと、多くの人は腰を立てて背筋をスッと伸ばして座ることができます。正座したときのような座り方です。しかし、それができない人が時々います。「どう座って良いかわからない」と言うのです。
 骨盤には坐骨と呼ばれる部分があります。正座して骨盤を立て、背筋を伸ばすと、ちょうど踵付近に当たる骨です。文字通り、座る時に使う骨です。ところがそこで座らず、骨盤を少し後に倒して仙骨尾骨部とその周辺を座面につけて座ってしまう人がいます。骨盤が後に傾いてしまう要因でもありますし背中が丸くなってしまう根本的な原因でもあります。

 背中を丸めて座るということは、お腹を縮めて座るということです。つまり腹筋を縮ませ続けることになります。すると腹筋がこわばっていきます。腹筋のこわばりが定着してしまったことによって、背筋を伸ばして座る、坐骨で座ることができなくなっています。ところがこのような人でも、腹筋が伸びるように調整しますと途端に良い姿勢で座ることができるようになりますし、そうなりますと面白いことに背中を丸めて座る姿勢に違和感を感じるようになります。それまで背中を丸めることが普通だったものが、苦痛に感じられるようになるのです。

 さて、街中で歩いている人を見ていますと、腹筋が伸びないために上半身が前に倒れ気味で歩いている人がたくさんいます。どことなく腰が引けて、首や顎を前に出して歩いている人です。
 腹筋・背筋の状態の良い人は、歩く動作で腰が前に押し出されるように地面を蹴って歩いています。さっそうとしている感じです。
 腹筋が強くこわばっている人は、極端に表現すればペンギンのような歩き方になってしまいます。上半身が前に前に出て、下半身(脚)が後からついてくるような歩き方になっています。
 このような歩き方をしている人は腰や背筋に問題がある以外に腹筋にもこわばりがあります。
 腰が痛くて真っ直ぐ立つことができないので腰部のマッサージや整体施術を受けたとしても、腹筋の問題を解決しないかぎり腰痛や姿勢の問題を解決することはできません。

 そして腹筋がこわばっていることによって前屈みの歩き方になってしまう人は早く腹筋を調整して直すことを薦めます。前屈みの歩き方を続けていますと次第に腹筋のこわばりが強くなり慢性化していきます。
 高齢になりますと筋肉の力は弱くなりますが、回復力も小さくなります。腰の曲がった老人になってから、腹筋の状態を整えて姿勢を改善しようとしても実際のところなかなかすんなりとはいきませんので、筋肉の働きが良いときに腹筋の状態は直しておきたいものです。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html 

 腰痛の症状にもいろいろありますが、仰向けで寝ると腰が痛くなるということについて考えてみます。
 この症状で一番多い状況は、腰の筋肉がこわばっているため伸びてくれないというものです。仰向けで寝るということは、肩甲骨から背中にかけての部分とお尻の部分が床につくわけですが、体(腹部)の重みがありますので腰の部分に負荷がかかります。正常な状態では、その負荷を和らげるために腰部の筋肉が伸びて体の重みを分散し逃がすように働きます。ところが腰部の筋肉がバリバリに張ってしまったり強くこわばっていると、筋肉が伸びてくれないため体の重みがそのまま腰部にかかってきます。そして腰部がそれに耐えられなくなるため痛みを出し、仰向けで眠ることができなくなります。
 立った状態、あるいは座った状態で腰部の背骨を触ったとき、その両脇の筋肉が硬い柱のようにある人はこういうタイプのひとです。状態がひどくなると筋肉のこわばり(縮み)が強すぎて背骨が前に押しやられ、背骨を確認することが難しくなる場合があります。腹筋がしっかりしていて腹圧が保てるなら、それでも大丈夫かもしれませんが、あるとき腹筋の状態が悪くなると背骨(腰椎)はどんどん前に弯曲し、すべり症になってしまう危険性があります。

 アスリートやかつてスポーツで体を鍛えていた人は背筋が発達しているため、これに近い状態に感じられる場合があります。しかしそれは筋肉が発達して太くなったのであり、こわばって硬くなったわけではありませんので“伸びにくい”のとは違います。ですからこのような心配はありませんが、しかし何らかの理由で腰痛を患い腰部の筋肉がこわばってしまうと、筋肉が強力なだけに普通の人以上に仰向けで寝ることが困難になるかもしれません。

 さて、腰部や殿部を打撲したり怪我したとか、ギックリ腰になったりしてこのような状態になった人は一時的なものですから、一時仰向けで寝ることができなくてもやがて大丈夫になるのであまり気にすることはないと思います。ところが長年にわたって仰向けで眠ることができない人は、是非この状態を改善してください。
 “横向きでないと眠りにつけない”という人がけっこういます。寝返りを繰り返すため横向きやうつ伏せになってしまうのは何の問題もないと考えますが、常に横向きで、しかも必ずどちらか向きでないと駄目だという人は、体が大きく捻れてしまいます。顔も歪みますし、噛み合わせの問題、片噛みや噛みしめの問題にもつながります。内臓の働きにも当然影響を与えます。
 仰向けで眠ることができない、ということの将来的な影響を考えますと、そんなに簡単な気持ちでやり過ごしてほしくないです。是非改善してください。

 腰部の背筋がこわばってしまう原因の多くは、手か足にあります。あるいは腹筋の働きやお腹の冷えの影響による場合もあります。手指先のこわばりや足指先のこわばりがそのまま腰部のこわばりにつながっていることはよくあることですし、膝や足首の関節がずれていて腰部がこわばってしまうこともよくあることです。またお腹が冷えると腹筋の働きが悪くなるため姿勢を保つことが困難になります。その状態を補うため腰部の背筋が常に頑張っていないといけない状況になり、強くこわばってしまうこともあります。このような人はお腹をしばらく温めるだけで腰部の筋肉がゆるみだし、仰向けで寝ることができるようになるでしょう。
 それ以外の場合は専門的な施術を受けられることをおすすめします。腰部の筋肉をストレッチしたところで、こわばりの原因が他にあるならたいして効果は期待できないからです。ちなみに腰部を揉みほぐすマッサージをしたところで、せいぜい何日かの効果しか期待できないと思います。原因を探し出し、それを改善することが肝心です。

 腰痛にかぎらず痛みの症状を抱えた方が来店されたとき、私はいくつか質問をします。それは施術に入る前にある程度施術の方向性に見当をつけたいからです。今回は質問事項の中で一番最初に行う「どんな時に痛むのか」について腰痛を例に説明させていただきます。

どんな時に痛むのか‥‥姿勢や運動に関する質問
 まず最初におおよその見当をつけたいのは、血流の問題なのか、それとも筋肉や骨格の問題なのか、ということです。
 血流状態の悪化が原因の多くを占める場合は、「朝起きた時に痛むが、少し動いているうちに痛みが軽減する。」「長く座っていた後、立ち上がろうとすると痛む。」といった訴えになります。血流状態が悪いため筋肉に血液が十分に届いていないことが考えられます。体を動かすことによって血液循環も活発になりますので、すると筋肉の働きが良くなり痛みが軽減します。
 これとは反対に、「動き始めは問題ないが、しばらく作業を続けているとだんだん痛くなる。」あるいは「軽い作業は大丈夫だが、重たいものを持つと痛みが強くなる。」などの場合は、筋肉の問題や、骨盤・背骨など骨格の問題が大きく関わっていると推測できます。

 次に、どんな姿勢や動作で痛むかの質問になります。腰痛の場合は、中腰、前屈み、反り、捻り、歩行、座位と立位と寝た時における状況をそれぞれ尋ねます。

 中腰ができないとか痛むという場合は、単に腰部だけの問題ではなく、膝や足首のことも頭に入れる必要があります。膝や足首に負担がかかると腰痛になる場合が多いからです。

 前屈みが痛む=洗面の姿勢が辛い、掃除機を掛ける動作が辛い、靴下が履けない、などもこの部類に入ります。背中や殿部、太ももやふくらはぎの背面の筋肉がこわばっていて伸びないところがある、というのも考えられることです。あるいは、背骨(脊椎)に、上に動いてくれないところがあるのかもしれません。何故なら、体を少しずつ屈めていくと、脊椎は下から順に上へ上へと動いていくのですが、どこかで上に動かない脊椎がありますと、そこでそれ以上屈む動作ができなくなるからです。それを無理して屈もうとすると痛みとなって現れます。

 直立で立ったり体を反らすと痛む場合は、背面の筋肉に収縮できない部分があることや脊椎のどこかが上にずれていて下に動いてくれない状態かもしれません。これは前屈みで痛むことと反対の状況です。また、これら以外に腹筋のことも頭に入れなければなりません。腹筋が十分に伸びてくれないため、直立や反る姿勢が辛くなることがあります。歩き方がぎこちなくどこかペンギンの歩き方に似ているようであったり、高齢者が前屈み状態で歩いていたりするのは、腹筋の伸び方の問題かもしれません。

 体を捻ると腰部が痛むという時、多くの場合はどちらかの腰部の筋肉がこわばり張っているため上手く伸びてくれないことが原因です。例えば腰部右側の筋肉がこわばっていますと、上体を左に捻ると右側に痛みを生じます。ところが左に捻ったとき左側に痛みを生じることもあります。それは左側の筋肉にゆるんでいるところがあって上手く収縮してくれないので、無理がかかり痛むということです。

 歩行の状況に関しての質問は“股関節の状況を把握する”ためということもあります。また、歩く動作というのは片足立ちの連続ですから、短い時間ですが全体重が片方の足腰に乗っかるわけです。普通は、それに十分耐えられるように体はできています。ところが「歩くと腰が痛くなる」「歩きたくない」ということですと、片方の足腰で体重を支えることができないと考えることができます。中腰同様、膝や足首のこと、股関節のことも頭に入れる必要があります。

 椅子に座ったとき、立った状態、寝た状態についての質問は、骨盤や背骨の状況をある程度把握するためのものです。立っていると楽だが座るとだんだん辛くなるというのは、骨盤に重心がかかり続けると耐えられなくなるいうことです。じっと立ち続けるのが辛いという場合は、腰椎がぐらぐらしているため長時間上半身を支えることができないと考えることができます。あるいは、膝や足首に問題があるのかもしれません。こういう人は歩いている方が立ち続けるより楽なので、いつも動き回っているように見えます。仰向けでは眠れないという人がけっこういますが、腰部の筋肉が伸びてくれないからかもしれませんし、あるいは仙骨・尾骨部が床に当たるのが不快なのかもしれません。

 上記が“どんな時に痛む?”についての質問事項ですが、同時に「どんな時やどんな状態が一番楽ですか?」という質問もします。これらに返ってくる応えによって体を触る前に、今のおおよその状況を頭に入れます。
 そしてこの後、いつ頃から、どんなきっかけで、他の不調や不具合は、毎日の手の使い方、足の使い方などについて質問を続けることになります。

 建設現場や土木作業に長年従事している人の腰痛には特徴があるという話です。
 普通、腰痛になると痛みが辛いため身体を休めたり、痛みが少ないように動作するようになります。それが身体の自然な反応です。
 ところが、肉体労働をして家族を養わなければならないお父さんの腰は、少々痛みを感じても耐えられる腰つきに変化しています。痛いけど頑張れちゃうんです。畑仕事をしている農家の方も同様です。
 こういう方が「腰が痛くなった」と来店されると、一瞬私の中に迷いが生じます。
 腰痛にならないように身体を改善したいのだろうか?
 それとも、とりあえず今の腰痛の痛みを楽にしてほしいのだろうか? 

 多くの場合、「とりあえず今の痛みを楽にしてほしい」を選択されます。すると私は、少し不本意な思いを感じながらも、頭を切り換えてなんとかお客さんの要望に応えようと施術に入ります。
 こういう方々の腰の筋肉は一般の人のそれとは明らかに異なります。筋肉の芯の部分がガチッと硬くなってまるで骨のようです。ですから身体に柔軟性はありません。腰部の筋肉を硬くこわばらすことによって、負担の多い労働に耐えうる身体に変化していると言っていいかもしれません。
 このような方々もはじめは普通の人の腰痛と同じだったはずです。前屈みや中腰が辛く、重たい物や重労働になると腰が悲鳴をあげるほど辛くなったりしたのだと思います。ところが仕事を休むわけにもいかず、痛みに耐えながら毎日の仕事を繰り返しているうちに筋肉の方が質を変化させて労働をこなせる身体になったのだと思います。ですから「腰はいつも痛いよ! でも大丈夫!」という身体なのです。
 今回来店されたのは、その上で「もうかなり辛くなってきた」ということでしょう。
 こういう場合の施術は揉みほぐしが中心になります。手から足まで全身をほぐしていき、血液の流れを良くすることで硬くこわばっている腰部の筋肉が少しゆるむようにします。腰部への施術では、その骨のように硬くなっている芯の部分にグイッと指を入れていきますので、とても痛いはずです。お尻の深い部分も揉まれるとけっこう痛みを感じていると思います。
 揉みすぎてしまいますと、こわばらせて頑張っている筋肉が頑張れなくなってしまいます。そうなると今度は“力が入らない腰”になってしまいますので、ほぐしどころを見極めるのに神経を集中します。
 
 通常の施術では腰痛を起こしている筋肉を探し出し、その原因を特定して、筋肉を調整しながら骨格の歪みを解消して腰痛が改善されるようにしています。しかし、こういう方々の筋肉はそういうアプローチではその場で満足を得られる結果は出せません。筋肉の質が普通とは違うからです。
 「しばらくは良いんだけど、また戻っちゃうんだよね」と言われると少し悲しい気持ちになるのですが、「三日おきに何回か来てください」というのも金銭的な負担を考えるとなかなか言い出せません。坐骨神経痛を伴う腰痛であれば、必ずそう言うのですが‥‥。
 それでも「ああ楽になった!」と言ってもらえると嬉しいことですし、心の中で「一月後か二月後にまた会いましょう」とつぶやきながら「ありがとうございました!」と言って見送らせていただいています。
 

↑このページのトップヘ