ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ: 顔面・頭部

 首を回旋したり横に倒したりすると肩上部が張って痛くなったり、じっとしていても常に肩上部に張
りを感じてしまうという場合、一番疑われるのは肩甲骨のズレです。
 首から肩甲骨につながっている筋肉には僧帽筋(上部線維)、肩甲挙筋、肩甲舌骨筋があります。肩甲舌骨筋は目立たない筋肉で、専門家の間でもあまり取り上げられない筋肉ですが、実際のところ、肩上部の張りや不具合にとても深く関与しています。
 これら3つの筋肉で、僧帽筋と肩甲挙筋は首の後面~肩甲骨にかけての張りをもたらしますが、肩甲舌骨筋は首の前側、喉仏の直上にある舌骨と肩甲骨の上面を結んでいますので、印象としては“首の真横”に張りをもたらし、首を回旋したり横に倒したときに“肩の真上”が痛むといった症状をもたらします。

僧帽筋上部線維と肩甲挙筋
 いわゆる“肩こり”で一番気になり、ついつい手がいってしまうのが、僧帽筋上部線維です。肩甲骨を持ち上げたり、腕を挙上したり、頭を後に倒すきに収縮する筋肉です。筋肉をたくさん鍛えているアスリートの首が短く見えてしまうのは、僧帽筋がとても発達しているからです。私のように肩の揉みほぐしを行っている施術者にとってこの筋肉が発達している人は、首肩の奥の方にある筋肉に手が届きにくくなるため、施術のしづらいタイプとなります。
 
首の運動制限に関わる筋01

 肩甲挙筋は頚椎の1~4番と肩甲骨の内側上面を結んでいますので、頚椎の歪みと関係する筋肉の一つです。その点が施術において重要なポイントとなります。また、目を動かす筋肉(外眼筋)と繋がりが深いので、“目が凝ってこめかみが張ると、肩甲挙筋が張ってしまう”という事象が臨床的に大切なポイントとなります。
 首を下方に向けたときに首の後面~肩甲骨の内側にかけて張りや痛みを感じる場合は肩甲挙筋の張りが疑われます。

肩甲舌骨筋
肩甲舌骨筋

 肩甲舌骨筋は一般的にマイナーな筋肉ですが、声楽家など発声に関係する人たちにとっては重要な筋肉であると考えられているようです。頚椎の3~4番の前面には宙に浮いた状態で舌骨があります。舌骨は舌(舌筋)の出発点ですから舌の動きや状態に関係します。舌骨が捻れていますと舌を噛みやすくなったり、滑舌が悪くなったり、無呼吸症候群になったりします。
 前述しましたとおり肩甲舌骨筋の張りは首の側面~肩上部の張りや痛みをもたらしますが、その原因として考えられるのは①舌骨がずれていること、②肩甲骨がずれていること、③発声によってこわばってしまったことなどが主なものです。一般の発声でこわばることは考えにくいですが、声楽家のように大きな声を連続して、かつ微妙な喉や舌の使い方を頻繁にされている人はこわばる可能性が高いかもしれません。大きな声を出すと肩に張りや凝りを感じるようでしたら、肩甲舌骨筋のこわばりが疑われます。

 舌骨がずれることでもたらされる肩甲舌骨筋のこわばりは、①頚椎の捻れ(舌骨が頚椎3~4番の前面にあるので)、②噛みしめや片噛み(噛みしめている方に舌骨はずれる)、③持ち上げる動作でこの筋肉を使ってしまう、などが考えられます。
 舌骨にはこの筋肉以外に顎二腹筋、頚突舌骨筋という筋肉がつながっています。噛みしめや片噛みによってこれらの筋肉がこわばりますと、そちらの方に舌骨が引き寄せられますので反対側の肩甲舌骨筋が張ってしまうということになります。右側ばかりで噛んでいる人は舌骨が右側にずれます。すると左側の肩甲骨と舌骨の距離が少し遠くなりますので、それを結んでいる肩甲舌骨筋が張ってしまうようになるという理屈です。
 また、例えば四十肩や五十肩になって、あるいは腕や肩に力が入らない状態になって肩関節が上手く使えない状態なのに重い物を持ち上げたり運んだりしなければならない状況になったとき、私たちのからだは肩関節の筋肉ではなく僧帽筋や肩甲挙筋や肩甲舌骨筋や菱形筋を使って肩甲骨そのものを挙げることで動作を行おうとしてしまいます。これは肩関節周囲炎の状態が悪化した人にとてもよく見られる現象ですが、「腕で持ち上げられないので肩で持ち上げてしまう」という表現があてはまるかもしれません。
 この状態が長く続きますと、僧帽筋、肩甲挙筋、肩甲舌骨筋、菱形筋はとてもこわばってしまいます。常に張りを感じるだけでなく、ちょっと触っただけでも痛みを感じたり、指圧などされたときには耐えられないくらいの痛みを感じるかもしれません。

肩甲骨のズレと首の動き
 肩甲骨と首を結んでいる僧帽筋、肩甲挙筋、肩甲舌骨筋は肩甲骨のズレによって影響を受けますので、肩甲骨のズレが原因で首の動きが制限されてしまうことが考えられます。
 肩甲骨のズレには幾つかのパターンがありますが、首の動きを制限する代表的なもの二つを取り上げてみます。
①肩甲骨が外側にずれると3つの筋肉は全部張ってしまう
 筋肉は骨と骨を結んでいますので、2つの骨の位置関係が本来の状態より遠くなりますとピーンと張ってしまいます。位置関係を元に戻そうとする力が働きますので筋肉はこわばります。反対に骨の位置関係で距離が短くなりますと筋肉はたるんでしまい上手く働けなくなります。
 これは電柱と電線の関係をイメージしていただければわかると思います。2つの電柱とそこに張られた電線は、ちょうどよい張りのバランスを保っています。ところが何かの影響で、たとえば地震で電柱の1本が倒れかけて電柱間の距離が遠くなったとします。すると、それまで良いバランスで張られていた電線には強い負荷がかかることになり、電線は頑張らなければならない状態になります。頑張りきれなくなりますと切断してしまいますが、これと同じような状態が骨と骨の間が離れたときの筋肉の状態にあてはまります。筋肉は頑張り続けなくてはいけませんので、身を縮めるようにこわばって硬くなってしまいます。頑張り続けることで一杯一杯になり、もはや柔軟性は期待できませんので、首の可動域がとても狭くなってしまいます。
 そしてこれまで幾度となく取り上げてきましたが、肩甲骨を外側にずらす原因の一番は前鋸筋です。前鋸筋は肩甲骨を外側や前方に出すときに働く筋肉ですが、パソコン操作をはじめ、私たちの現代の仕事は腕を前に出しっぱなしにすることが多いので、この筋肉がこわばっている人が大変多いです。自分は猫背だと感じている人はまず間違いありません。

②肩甲骨が下にずれると肩甲挙筋の張りが目立つ
 肩甲骨を下にずらす筋肉の代表は僧帽筋の下部線維です。同じ僧帽筋ですが、上部線維がこわばると肩甲骨が上に上がり、下部線維がこわばると下に下がります。またムチウチなどの影響で上部線維の働きが悪くなりますと肩甲骨は下がってしまいます。その他には菱形筋の働きが悪くなったり、胸にあります小胸筋の働きが悪くなっても肩甲骨は下がってしまいます。
 僧帽筋下部線維のこわばりに焦点を当てて考えますと、ポイントは胸椎下部の歪みです。僧帽筋は背骨の真ん中にあたる棘突起と肩甲骨を結んでいますので、棘突起が右側に歪んだり、胸椎自体が右側にずれますと左側の僧帽筋はこわばることになります。胸椎の最下部12番は腰椎との関節部分になりますが、腰椎や仙骨の影響を受けます。つまり下半身からの影響で歪みやすいポイントであるといえます。
 胸椎12番が下半身からの影響で右側にずれ(頭から見て反時計回りの捻れ)ますと左側の僧帽筋下部線維がこわばり左の肩甲骨を下げてしまい、左側の僧帽筋上部線維と肩甲挙筋がこわばり張ってしまいます。例えば(からだに歪みのない人が)椅子に座るとき左脚を上にするように脚を組みますと仙骨が右側に捻れ(頭から見て反時計回り)ますが、それに合わせて胸椎12番も同じようになり左肩が下がります。脚を反対にして右脚を上にしますと、これとは反対の現象がおこり右肩が下がります。これは骨盤の歪み~背骨の歪み~肩甲骨の歪みとつながる骨と筋肉の連動関係ですが、私たちのからだはこのようにして全身がつながっています。

 またムチウチで後頭部の首付根付近を伸ばしますと、それは間違いなく僧帽筋上部線維の働きを悪くします。それによって肩甲骨は下がってしまい常に肩甲挙筋など首筋が張ってしまうという状態を招きます。
 その他に肩甲骨が後方(背面方向)にずれても肩甲挙筋が張って下を向きづらくなりますが、これは骨盤の後傾、あるいは噛みしめや歯ぎしりによる胸鎖乳突筋のこわばりと関係します。
 右利きの多くの人は、左側の腰骨(腸骨)が後に傾いている傾向があります。すると肩甲骨も連動して左側が後に傾きます。そうなりますと頚椎と肩甲骨の距離が離れますので、肩甲挙筋や僧帽筋上部線維がこわばってしまい、下を向くと首の左側後部に張りを感じて動かしづらくなります。
 
胸鎖乳突筋と肩甲骨の関係

 また鎖骨につながっている胸鎖乳突筋がこわばって縮みますと、鎖骨を背面に引っ張ります。鎖骨は肩甲骨とつながっていますので、肩甲骨も背面方向にずれてしまうという理屈です。左右の鎖骨を触ったときにどちらかの鎖骨が「引っ込んでいる」と感じたときには、そちらの鎖骨が背面方向にずれていて、同様に肩甲骨もずれている状態であると判断することができます。
 こんな時には、首筋をいくら揉んだとしても張りはとれません。揉まれているときには気持ちよさを感じるかもしれませんが、揉み終えた瞬間からまた張りがやってきてしまいます。(筋肉の働きが戻らないほどに揉み倒してしまえば別ですが)

 以上、“肩甲骨のズレは首の動きを制限する”ということを説明してきましたが、肩甲骨の位置を本来の状態に戻して首の運動をスムーズにすためには次の項目をチェックして整える必要があります。

 1.手や腕からの影響の有無‥‥前鋸筋‥‥肩甲骨の外方、前方へのずれ
 2.舌骨の位置による影響の有無‥‥目・噛みしめ・片噛み‥‥肩甲舌骨筋のこわばり
 3.頭部や頸部の損傷による影響‥‥ムチウチ、寝違え、打撲‥‥僧帽筋上部線維、肩甲挙筋などの損傷によって肩甲骨が下がっていないか。
 4.胸椎の捻れや歪みによる影響の有無‥‥胸郭や骨盤の歪み‥‥僧帽筋下部線維や広背筋のこわばりにより肩甲骨が下がっていないか。
 5.骨盤の影響による肩甲骨の後傾の有無‥‥腰骨と肩甲骨の連動関係‥‥下半身からの影響で首筋が張っている可能性。
 6.噛みしめや片噛みにる肩甲骨のずれの有無‥‥鎖骨の歪み=肩甲骨の歪み‥‥胸鎖乳突筋のこわばりは肩甲骨を後にずらす。
 7.僧帽筋上部線維、肩甲挙筋、菱形筋、肩甲舌骨筋、小胸筋など筋肉自体の変調の有無‥‥肩関節の状態と関係‥‥腕で持ち上げられないので、これらの筋肉を使って作業を行っている可能性はないか。

 これらのことをチェックして整えれば、肩甲骨のズレによる首の動作制限や痛みの問題はほとんど解決します。ただし、時々手強いと感じる時もあります。
 代表的なのは、四十肩・五十肩を悪化させてしまい時間が経過した状態の時です。「7」のように筋肉自体が強くこわばってしまった場合は、それをゆるめる施術が痛いですし、これらの筋肉を使って腕を動かす癖が抜けないため1週間後にはまた強いこわばりの状態で来店されるようになってしまいます。五十肩(肩関節周囲炎)をこじらしてしまいますと肩関節を動かすための筋肉がほとんど働かない状態になりますが、それを補うように今回取り上げた肩甲骨を動かすための筋肉を代用してしまう癖がついてしまうのです。その癖を抜け出すまでに労力と時間がかかってしまうのが実際です。

 首の運動を制限して痛みをもたらす要因として、前回は“頚椎の歪み”を取り上げ、今回は“肩甲骨のズレ”を取り上げましたが、もう一つ大きな要因があります。それは胸郭(肋骨)の歪みとそれに関係する筋肉の変調です。これについては次回に説明させていただきます。

 首を回旋したり上下や左右に動かそうとした時に痛みを感じたり、途中までしか動かない場合、考え方は大きく二つに分かれます。一つは頚椎が捻れたり歪んだりして、骨の動きに制限がかかってしまうことです。もう一つは首や肩の筋肉が張っていて、首の動きを制限してしまうことです。
 ともに首の筋肉に張りやこわばりができますが、頚椎に近いところに触れたときピンポイント的に痛みが出る場合は頚椎の捻れ、首筋全体が張っていて押すと痛みを感じる場合は首に繋がる筋肉のこわばりが疑われます。
 今回は頚椎の捻れが原因となっている場合について取り上げます。

上部頚椎の捻れ‥‥頚椎1番と2番
 後頭部の真ん中の出っ張り(後頭隆起)に手をあて、まっすぐ下に降ろしてきて首のつけ根の凹んだ部分を通過して次にぶつかる骨の出っ張りは頚椎2番の棘突起です。首を下向き加減で、少し強めの力で圧しながら触ると棘突起がわかりやすいかもしれません。その棘突起は真っ直ぐのライン上にありますでしょうか。
 
頚椎の捻れ_C1右C2左

 頚椎に問題があるときに多く見られるのは、2番の棘突起が左側にずれていることです。この場合は首を左側に回旋することが苦手だったり、回旋し始めに違和感や痛みを感じると思います。
 頚椎2番が左に捻れる理由はいくつかかんがえられますが、一番手強いのはその上部の頚椎1番が右側に捻れ、その反動で2番が左に捻れることです。頚椎1番の捻れは後頭骨の歪みや片噛み癖、目を動かす筋肉のこわばりなどが関係します。右目ばかりを使っているか、右の方ばかりを見ていると頚椎1番は右にずれます。右側ばかりで噛んでいても同様です。
 首の動きが制限されて痛みが出るほどの状態であれば、噛む筋肉や目を動かす筋のこわばりがかなり強いことが考えられます。また、頚椎1番・2番は次に説明します頚椎7番の影響も受けますので、施術においては、目と咬筋と頚椎7番を歪ませている原因を改善しなければなりません。

 頚椎2番が左側に捻れ、その下の頚椎も左側にずれているような状態では、左側の首から肩にかけても張りが強い状態ですが、頚椎の右側の筋肉が引っ張られた状態になっていますので、自覚としては首のつけ根の右側がとても辛く感じるかもしれません。だからといって首の右側をいくら揉んでほぐしたとしても、解決には向かいません。上部頚椎を中心に、頚椎全体の歪みを改善することが何よりも優先すべき事だと思います。

頚椎7番の捻れ
 頚椎7番は首をガクンと下に向けたとき、首の最下部の一番出っ張るところです。この頚椎が右側にずれている人がとても多くいます。それは右利きの人がとても多いことと関係していると考えられます。右手ばかりを使っていると右側の肩甲骨が外側(右)にずれます。それに合わせるように鎖骨とともに頚椎7番が右側に引っ張られます。あるいは仙骨や後頭骨との関係でそうなっているかもしれません。
 頚椎7番がずれますと、肩甲挙筋への影響が症状として顕著になります。首を下に向けたり、倒したりすると首筋から背中(肩甲骨の内側あたり)に突っ張りが感じられます。あるいは、いつもそこが張っていて辛く感じます。その他には肩上部が張ったり、背中の上部に張りを感じたりします。

めまいに関係する頚椎4番
 めまいを起こす原因はいろいろ考えられますが、その一つに首の中間(頚椎4番くらい)が歪んでいることがあります。起き上がろうとしたり、首を動かそうとすると突然めまいに襲われ吐き気が伴うような場合は、頚椎4番あたりの歪みを疑ってみるのも一つの手だと思います。
頚椎の歪みに関係する主な筋肉

 頚椎の3番から6番までの歪みは斜角筋の変調を確認することが最初の方法だと私は考えています。
 斜角筋は前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋と三本ありますが、それぞれ頚椎と肋骨を繋いでいますので、肋骨(胸郭)が捻れたり歪んだりしますと、頚椎に歪みをもたらします。また噛みしめや歯ぎしりの癖がありますと、あるいは一時的にでも強く食いしばったりしますと斜角筋がこわばってしまい胸郭を歪ませます。斜角筋以外では肩甲挙筋が頚椎の歪みに関係します。スマホなどの見過ぎで、目の筋肉が固まってしまいますと、肩甲挙筋がこわばって頚椎が歪みます。

ケガによる頚椎の歪み
 ムチウチ、打撲、それらは頚椎を歪ませる大きな原因となります。
 先日、スノーボードで転倒し頭部を強打して首を痛めた方が来店されました。一月経っても症状が改善されないということでした。
 
後頭下筋群

 からだを観ますと、普通のムチウチではほとんど損傷しないような一番深い筋肉が損傷を起こしているようでした。後頭下筋群と言いまして、後頭骨と頚椎1番、2番を繋いでいる最も深い筋肉です。30分近く、その筋肉だけを施術していましたが、スッキリ改善とはいきませんでした。かなりのダメージだったと思われます。施術の後は、首を緩やかに動かすことには痛みがそれほど感じられなくなったのですが、ちょっとした瞬間的な動きではまだ痛みを感じてしまうとのことでした。
 後頭下筋群も最も深い部分にある筋肉なので手が届きません。あと何回か来店していただくことになると思いますが、この筋肉群の状態が良くなるのを願うばかりです。

 以上、頚椎の捻れに関する説明を行ってきましたが、上部頚椎は後頭骨との境であり、その内部には触れることのできない筋肉や組織が複雑に存在します。手技でそれらを的確に捉えて状態を把握し、整えることはなかなかできないことですから、頚椎の問題は時にとても厄介だったりします。それでも、片噛み、噛みしめ、歯ぎしりなどによるそしゃく筋のこわばり、目の使い方によるこわばり、胸郭や肩甲骨の歪みなどを修整することで改善されるものも多くあります。ですから、いろいろ試したが症状の改善が見受けられないと感じていらっしゃる方は、一度ご来店いただければと思います。

 もう何年も前に、あるいは10年以上も前に車で追突されてムチウチになった損傷が治りきらないで残っている場合がけっこうあります。
 ムチウチの後、整形外科などで電気治療や牽引などの治療を受け続けても首や背中がなかなかすっきりしないのに、保険の関係で半年くらいで通院が打ち切られる場合も多いと聞きます。
 ムチウチの損傷は、自分が身構えていない状態なのに、つまり筋肉が衝撃のための準備をしていないときに“ガックン”と首を強く大きく振られてしまうときにできます。病院の治療によって首の痛みや頭痛などはやがて解消しますが、「どうも、首筋から肩甲骨にかけて違和感やハリが残る」「首が前に出てしまい猫背になってしまった」「背筋を伸ばそうとすると、背中に力をいれなければならなくてしんどい」といった症状が残るようです。
 さて、たとえそれが10年以上前のものであっても、強めのムチウチを経験した人の筋肉や筋膜には損傷が残っている場合が多いです。後頭部のちょうど髪の毛の生え際のところに筋・筋膜のゆるみが残っています。ここは背面のさまざまな筋肉が後頭部に付着している、ちょうどその部分にあたります。強い衝撃によって、筋・筋膜が“伸びきったゴムが元に戻りきらない”ような状態になってしまった感じに近いです。

ムチウチによる僧帽筋・肩甲挙筋

 後頭部のこの部分から肩甲骨に掛けて僧帽筋という大きな筋肉があります。肩こりの時に皆さんが自分でよくつまんでいる筋肉です。後頭部のゆるみはこの筋肉の働きを悪くしますので肩甲骨が本来の状態よりも下がってしまいます。すると肩甲骨から首(頚椎の上部)にかけてつながっている肩甲挙筋がこわばります。さらに背骨と肩甲骨をつないでいる菱形筋もこわばります。ですから、首から肩にかけていつも重みやハリを感じたり、肩甲骨の内側に辛さを感じたりするようになります。
 さらにこの部分は、脊柱起立筋と呼ばれる背中を支え背筋を伸ばすための筋肉群の付着部でもあります。僧帽筋同様にこれらの筋肉の働きも弱まるため、背筋を伸ばし、首を真っ直ぐに支えることが楽にできなくなり、首が前に出て猫背になったしまう可能性が高くなります。

ムチウチによるゆるみの残る場所

 実際のところ、この部分にできてしまった筋・筋膜のゆるんだ状態は何年経っても残ったままになったいる場合がほとんどです。その確認の仕方は、髪の生え際から後頭部の突起(外後頭隆起)のところを親指を除く四本の指で軽く押しあてると姿勢を真っ直ぐにすることが楽にできるようになったり、歩く動作が楽になったりしますので、試してみてください。
 そして、この部分のゆるみを解消するためには施術が必要です。牽引や電気治療などでは無理だと思います。施術は一度ですむ場合もありますし、2~3回必要な場合もあります。何度も通えない人にはやり方をお教えしますので、ご自分でやっていただいても回復は可能です。
 「どうやってやるのか?」という問い合わせのメールをいただいたりしますが、“こんな感じでやってください”を言葉で表現することはできませんので、来店していただいて実際に体験していただくしかないと思います。
 ムチウチの後から「どうもスッキリしないし体調にも変化がある」あるいは他に症状が出てしまったという場合は、ここがキーポイントである可能性が高いと思われます。

 ちなみに僧帽筋がゆるみますと後頭骨が上がります。すると顔は下がります。また仙骨も下がりますので、お尻も下がります。
 ムチウチの後から瞼を開けるのに重さを感じたり、顔にたるみができたり、鼻が下がったように感じたりするなら、この問題を解決することをお勧めします。

↑このページのトップヘ