ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ: 体型

 私は昭和35年生まれですが、私たちの世代のウインタースポーツの代表は「スキー」でした。ですから、骨盤が不安定な方(お客様)に対して「スキーなどで尻餅をつきませんでしたか?」などとついつい尋ねてしまうことがあります。硬い雪のところでドスンと尻餅をつきますと、尾骨周辺を打撲してしまい、その傷が影響して骨盤や背骨が不安定になることがあります。そして「猫背」「下腹が出る」「顔が下がる」等々、好ましくない症状につながることがあります。

 ところが私よりも若い世代以降はスキーではなくスノーボードがウインタースポーツのメインになっているようで、尻餅ではなく、後頭部の打撲がからだをおかしくしてしまう原因になっていることを知りました。
 私はスノーボードの経験はありませんので、お客さんから聞いた話で想像することだけしかできませんが、後頭部の打撲による影響で思い通りにからだを使うことができない人や姿勢を保つことができない人がこのところ何人も来店されています。

中殿筋、大内転筋、大腰筋の働きが悪くなる
 長距離走の選手が足底腱膜炎(という診断)と腓骨筋(長腓骨筋と短腓骨筋)の痛みで練習ができないと来店されています。じっとしているだけでも右足の土踏まずから母趾のつけ根にかけて常にジワジワ痛みを感じ続け、歩くこともままならない状況だということでした。左足首の方は踵の外側からふくらはぎの外側にかけて(腓骨筋のところ)筋肉のこわばりによる痛みを感じる状態でした。

腓骨筋_前面・側面

 その男性の体型的は、長距離ランナーに多い痩せ型で、下半身はO脚の状態です。O脚の人は重心が外側に行ってしまいますので、走ることによって腓骨筋が酷使されて問題を起こしやすいというのは理解しやすいところです。
 足底腱膜炎と診断されている右足土踏まずの痛みは、実際には短母趾屈筋が痛みを発していて、その原因は付着している骨である立方骨が本来の位置より後方にずれていることでした。

足底腱膜炎(短母趾屈筋)

 この青年の走り方を、故障する前の動画で見せていただきましたが、右脚はまずまずですが、左脚の方は自身で地面を蹴って走るというよりも右脚の動きのリズムにただ合わせるかのように後から左脚がくっついて動いているといった感じでした。つまり、極端に表現すれば「右脚だけで走っている」という感じです。これでは右脚の負担が大きくなって故障しやすくなるのは当然だと考えられますし、ましてO脚というハンデがあれば尚更だと思います。(O脚は長距離走にとってはマイナス要素です)

 「どうして左脚を(能動的に)使うことができないのだろう?」という素朴な疑問がまず湧いてきます。筋肉の状態を観察しますと、このブログでも幾度となく登場している大腰筋の働きが悪い状態でした。特に左側の働きがとても悪い状態でしたので、大腿骨は股関節から離れてしまい、それがO脚の原因になっていることに加え、腓骨筋の痛みにつながっていることがわかりました。
 大腰筋は太股の裏側と内側にあります大内転筋に連動しますので「内転筋を使って太股を引き上げることができないし、地面をしっかり蹴ることができない」(=大腰筋と大内転筋が悪い)ことがわかります。

大腰筋の前面と側面

 大腰筋は腰椎の椎体(前面)及び横突起と大腿骨(小転子)をつなぐ筋肉ですので腰椎(背骨)が不安定ですと筋肉の働きが悪くなります。そして実際、彼はそのような状態でした。背骨に沿って存在している脊柱起立筋(脊柱固有筋群)がゆるんだ状態になっているので背骨が全部下を向いた状態になっていて、大腰筋が上手く機能しない状態になっていました。
 「どうして脊柱起立筋がゆるんだ状態になっているのだろう?」というのが次の疑問です。そして、そんなことを考えながら骨盤から後頭部にかけて観察していきますと、後頭部にとても弱い場所(=筋膜のゆるんだところ)があって、それが根本的な原因であることがわかりました。そして「後頭部の、この部分が弱いのだけれど‥‥」と尋ねますと、「だいぶ前にスノボで後頭部を強打し、脳振とうを起こして気を失ったことがある」ということでした。

立位_中殿筋と大内転筋

 大腰筋、大内転筋の働きが悪い状態ですと走ることだけでなく“忍び足”のようにゆっくり歩くこともできません。軸脚でしっかり体重を支えることができませんので、すぐに反対側の脚を着きたくなってしまいます。(このことについてはこのブログで何回も取り上げています。)
 そして軸脚でしっかり立つことができるようになるためには中殿筋の働きも重要です。最低限、大腰筋と大内転筋と中殿筋の働きがしっかりしていないと、軸脚でしっかりからだを支えて立つことができませんので、歩き方も走り方も、そして立ち方もおかしくなってしまいます。
 しっかり立つことができない、しっかり地面を蹴ることができない、股関節内側の筋肉を使って太股を引き上げることができない、こんな状態であるにもかかわらず陸上選手として練習し続けなければならないわけで、「故障してしまうのは当然の流れかな?」と思えてしまいます。

姿勢が保てず顔が下がる
 若い女性が、「良い姿勢が保てず、すぐ猫背になってしまい、さらに顔も下がっている」ということで来店されました。
 このブログを読んでいただいていて「顔が下がっているのは、きっと後頭部が上がっているからではないかと思った。横顔の自分の写真を見ると他の人たちに比べて頭が尖っているように感じる」と仰いました。
 実際、座っていただいても骨盤を立てて座ることができません。「骨盤を立てる、という意味がわからない」と仰います。「では、背筋を伸ばして良い姿勢を作ってください」と申しますと、背中の中程を反らせて背筋を伸ばそうとしますが、動作に無理があってなかなか大変そうです。瞬間的にはできても、背筋を伸ばした状態を保つことはできそうもありません。
 これらの主な原因は背筋(脊柱起立筋)の働きが悪いことです。
 「ギックリ腰や尻餅をつくなどして、動けなくなったような経験はありますか?」と尋ねました。答えは「No」です。
 年齢的なこともあり、上記(陸上選手)のようなこともありますので、
 「では、スノボなどで後頭部を強打したことはありますか?」と尋ねてみました。すると「Yes」という返答でした。脳振とうを起こすほどひどくはなかったようですが、打撲の後はしばらく動くことができず、安静にしていなければならなかったくらい衝撃は強かったようです。
 そこで、座った状態のまま後頭部に私の手を当ててみました。すると20秒ほど経った頃から変化が現れ始め、次第に骨盤が立ち始めました。骨盤が立ってきますと自然と背筋は伸び、顎が引かれて猫背は改善し始めます。そして上がっていた後頭部も下がって本来の位置に近づきますので、顔も上がってきます。
 その後1分程度手を当て続けますと、明らかに視線が上がり、自然に無理なく目が大きく開くようになりました。それまで力の入っていた首・肩・顔周辺から力が抜け、重心が下がって下腹部で上半身を支えることができるようになったため、何の無理もなく良い姿勢を保つことが出来るようになりました。
 この女性の場合も、スノボで打撲して以来、猫背で顔が下がる症状に悩まされていたことになります。顔が下がり、目を開くのに額の筋肉を使わなければならない状況は、女性にとって心理的なストレスをもたらすことに繋がりますので、原因がハッキリし、対処法がわかって良かったと思っています。
 この方は遠くにお住まいの方で、私のところに通うことは叶いません。ですから日々行っていただきたいセルフケアをアドバイスさせていただきました。

 この仕事をしていますと、毎日いろいろな体型の人に出会います。一人一人の顔が違いますように体型もそれぞれ違いますが、そういう個性的なものとは別に、「からだのケアをすれば、もっと楽に生きられるようになるのになぁ」と思うこともしばしばあります。
 その一つが過去の打撲や捻挫による影響であり、前回投稿させていただきました手術痕の影響です。
 例えばロボットや機械の類は、部品が故障して機能しなくなりますと目的の仕事がまったくできなくなってしまいます。部品の修理か交換が解決策です。ところが私たちには自然治癒力が備わっていますので、ある程度の傷までは、休んでいれば次第に癒えて元の状態に戻ることができます。しかしながら傷のダメージが強いと、自然治癒力だけでは完全な状態に戻ることが難しい場合もあります。そしてダメージを受けた部分が完全に元の状態に戻らなくても、70~80%くらいまで改善すると目的の働きを行うことが出来るようになりますので、「それで良し」と考える傾向にあるようです。
 足首を捻挫しても、腫れが引いて痛みがなくなり、普通に歩くことが出来るようになれば「それで良し」。脳振とうを起こすほど後頭部を打撲しても、頭痛や吐き気がなくなり、普通に歩いて、普通に生活できるようになれば「それで良し」。医師も私たちもそのような暗黙の了解の中にあるのかもしれません。
 ところが、それら「過去の傷」は思わぬところに悪い影響をもたらしていたり、あるいは加齢によって体力が落ちてきた頃に「きっとあの時のケガの影響だ!」という感じで思い出され、「なんであの時しっかり治しておかなかったのだろう」と後悔の念を抱かせるかもしれません。
 しかし、例えそうだったとしても、諦めるものでもありません。私たちの細胞は日々新陳代謝を繰り返しています。加齢によって新陳代謝の力が衰えたとしても、ちゃんと血液が廻るように整えてあげることによって過去の傷によるダメージはかなり軽減できると思います。

 ここで筋肉的な観点を離れて東洋医学的な見解で少し考えてみます。
 前回は腹側の「任脈(ニンミャク)」について触れましたが、今回は後頭部であり、背側の「督脈(トクミャク)」に関連する話題でもあります。

督脈の傷の影響

 督脈は尾骨から始まり、仙骨~背骨~後頭部~人中(鼻下)まで続く背側の正中ラインですが、ここに傷やダメージがありますと姿勢を保つ、歩く、走る、感覚を鋭敏に保つといった、言わば動物的な機能に影響が現れる可能性が高くなります。
 美容整形などで鼻や人中などにメスを入れたり、中には頭蓋骨を削るなどの手術を行うこともあるようですが、「止めたほうが健康のためです」と私は断言します。そして私と同業者で「小顔整体」と称して頭蓋骨をガツンガツンいじったりする施術もありますが、警戒してください。
 これらを行った後の経過が悪く、苦労している人や後悔の念に苦しんでいる人を何人も知っています。私が施術で対処できる場合もありますが、「もはや難しい」と感じる場合もありますし、あるいは「何度も施術しないと戻せない」という場合もあります。



 今回取り上げました後頭部のダメージを改善する方法は限られています。そこにテープを貼ることができるのであれば対処法も簡単なのですが、後頭部には髪の毛があるので、それができません。ですから手を当てることだけが対処法です。「どのように手を当てれば良いのか?」については場所と深さが大切で、「目が開いて視界が明るくなることを目安に」というのが答えになります。これは来店されないと具体的には理解できないと思いますが、このセルフケアを繰り返しているうちにやがてダメージを受けてエネルギーの低下している部分が復活するようになり、問題が解決されていくことになります。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html    

 普段は海外で暮らされている方が次のような質問をされました。
 「向こう(西欧)で週3回ほどのペースでジムに通っているのだけれど、コーチに指導されて、お尻を突き出して中腰になり、膝を90°曲げたような姿勢をつくろうとするのだけど、太股の裏がきつくてきつくて。どうしてできないのだろう?」
 さらに、「いつも猫背を指摘されるだけれど、どうやったら猫背を直すことができるの?」

中腰


 外国の人たちに比べると我が国の人たちの姿勢は猫背が多く、お尻が下がっている人が多いと言えるかもしれません。私は外国の人では、中国人、韓国人、ブラジル人、フィリピン人のほんの少数しか施術したことがありませんので、もしかしたら間違った見解かもしれませんが、韓国人以外の他の国の人たちは明らかに日本人の体型とは違う印象を持っています。韓国の人も似ているようでやはり少し違うかもしれません。
 そして街で見かけたり、テレビなどを通じて目にするアメリカやアフリカの人たちは、やはり私たちとは体型的にまったく違うことがわかりますが、一番の違いは“骨盤の在り方”なのかもしれないと思っています。
 俗な言い方で表現しますと「外国人はお尻がプリッと上がって大きく、脚が長い」となると思いますし、それに比べて私たちは「お尻が下がって胴長で、ジーンズ姿も今ひとつ冴えない」となるのかもしれません。しかし、反対に着物姿は「やはり日本人が最高」だと思いますし、それは私たちの民族的な体型によるものかもしれません。お尻がプリッと大きな外国人の後ろ姿には帯は似合わないように思います。

お尻が下がるのは仙骨が後傾しているため
 一般的に、日本人は骨盤が後に傾きやすい(後傾)傾向にあると言われています。実際施術をしている実感からしても骨盤が後傾している人が多いですし、それがお尻が下がって見える一番の理由だと思います。

骨盤基礎01

骨盤基礎02

 骨盤は、真ん中に仙骨と尾骨があり、その両側に完骨がつながったものです。後面には仙腸関節があり、前面は恥骨結合があります。
 完骨は、その昔バラバラであった腸骨と恥骨と坐骨が癒合して一つになったものですので、骨盤の話題になったときには仙骨と腸骨の関節である「仙腸関節」、座った時に骨盤が座面にあたる「坐骨」という言葉がしばしば登場します。そして骨盤の底にあって、子宮や膀胱など骨盤内臓物や小腸など内臓が下垂しないように支える強力な筋肉や筋膜がありますが、それらを総称して「骨盤底筋」と呼んでいます。そして、その代表的な存在として「会陰」があります。

会陰01

 骨盤の特徴の一つとして、仙骨が前傾すると骨盤底(坐骨結節間)が拡がるという仕組みがあります。反対に仙骨が後傾すると骨盤底が狭くなり、骨盤底が狭くなると仙骨が後傾するという仕組みです。実感として表現しますと、仙骨が前傾している人はお尻の形が「ハの字」であり、仙骨が後傾している人はお尻の形が「逆ハの字」になっています。

呼吸と骨盤との関係

 普通の状態であれば、骨盤は呼吸に合わせて少し動きます。息を吸うとき、仙骨は下がり(後傾する)ますが、同時に骨盤上部が拡がって骨盤底が狭くなりますので、左右の坐骨間の距離は短くなります。息を吐くときはこれとは反対に動きますので、骨盤底が拡がって仙骨が前傾するように動きます。
 つまり筋肉の状態がおかしくなければ、仙骨が前傾した状態では骨盤底が拡がり、仙骨が後傾した状態では骨盤底が縮んだ状態になります。あるいは、骨盤底が硬くなって縮むと仙骨は後傾し、骨盤底が広がった状態になれば仙骨は前傾しやすくなるということになります。

骨盤の前傾と後傾比較

 この骨盤の仕組みを元に、私たち日本人が外国の人たちに比べて骨盤が後傾し、お尻が下がっている理由を考えますと、「息を吸うことばかりしていて息を吐くことが上手くない=緊張度が高い、交感神経の働きが優位」あるいは「生活様式として会陰を収縮することが多くて骨盤底を硬くしやすい」、「民族性として元来骨盤が後傾している」などが思い浮かびます。
 昔の日本人の生活様式は正座を中心とした着物の生活でしたでしょうから、女性は内股になりやすいので骨盤が後傾しやすいことは理解できます。(O脚と内股の状態は骨盤が後傾してしまうという仕組みがあります)しかし、正座は骨盤底を伸ばす座り方ですので、正座の習慣によって骨盤底が硬くなるというのは考えにくいことです。
 私たちは他の国の人たちに比べて勤勉で真面目だと言われていますが、それは反面、緊張気味で、交感神経が優位の状態で日々を暮らしているということに繋がります。ですから息を吸った状態=骨盤底が狭い状態で生きている傾向がある、と考えることもできます。
 そして民族性として「本来の体型が骨盤が後傾気味」だという考え方に立てば、そのことによって息を吐くのが苦手で、交感神経が優位になりやすいので緊張気味の人生となり、体型的にも内股やO脚になりやすい、と考えることができます。反面、着物姿が「様になる」なるわけですが。

姿勢を正すことは背筋を伸ばすこと?
 普段の自分の姿勢が悪いと感じている人は、姿勢を正そうとするとき「背筋を伸ばす」ことをするようです。それは‥‥つまり、背中に力を入れて背筋を収縮させることなのですが‥‥無理のある不自然な動作と言えます。意図的に背筋を伸ばして座り続けるのは体操疲れますし、自ずと首や肩や顔に力が入ってしまいますの良いことではありません。
 パソコンやスマホやタブレットの操作、その他手作業を主体としている人はどうしても首と肩が前に出た猫背の姿勢になりやすいのですが、気をつけて欲しいことの一つに「骨盤が寝た状態にならない」ことがあります。「骨盤が寝る」というのは仙骨を含めて骨盤が後傾することなのですが、必然的に腰椎も丸くなって後弯するようになります。

 本来、仙骨近くの腰椎は前弯しています。普通の状態の人は座った状態で上半身を後に反らす動作をしますと、この仙骨近くの腰椎下部のところを支点として上半身が後方に倒れるようになります。こういう人は、姿勢を正そうとするときには、背筋を伸ばすのでは無く、骨盤を立てる、つまり仙骨を前傾させるようにします。すると腰椎下部で前弯が起こりますので、自ずと背筋は真っ直ぐになりますし、前に出ていた首も戻り、顎が自然と引かれた状態になります。「下腹部がしっかりして腰に上半身を乗せることができる」あるいは「骨盤に上半身を委ねることができる」状態になりますので、背中には力が入りません。顎もゆるみ首の力も抜けます。
 ですから、正しい姿勢に戻す(=姿勢を正す)とは仙骨を前傾させて骨盤を立たせ、坐骨結節部で座る状態になることだと言えます。ところが、猫背+背中(腰椎も)の丸くなった人は腰椎の前弯が失われていますので、骨盤を立てて座ることが辛くなります。座った状態で上半身を反らそうとしますと、背中の中間地点くらいでやっと脊椎を反らすことができる感じで、骨盤近くの腰部はなかなか動かせません。

 さて、このような状態の人でも、お尻の横(外側)から座面と坐骨の間に手を入れて坐骨を外側に引っ張り、左右の坐骨結節間の距離を拡げますと(=骨盤底を拡げる)、骨盤を立てることが比較的容易になり、腰椎下部で前弯が生まれるので背中に力をいれなくても背筋が伸びるような感覚を味わうことができると思います。
 つまり、骨盤底に柔軟性が戻れば骨盤を立てて座ることが容易になり、仙骨が前傾して下腹部に力が集まるので首や肩から力が抜けるようになります。そして自ずと背筋が伸びて姿勢が良くなります。
 ですから姿勢を正す動作とは背筋を伸ばすのではなく、仙骨を前傾させて骨盤を立たし、骨盤底が拡がるようにすることだと言えます。
 骨盤底の硬い人は最初のうちはなかなか思うようにはできないと思いますが、練習してどうにか“感じ”をつかんでいただきたいと思いますし、併せて骨盤底に柔軟性と力を取り戻す運動をしていただきたいと思います。

骨盤底の柔軟性を取り戻すために
 骨盤底が硬くて骨盤が後傾している人に対して、骨盤底をほぐすような施術を行うことがあります。すると、骨盤底をゆるめているにもかかわらず「頬や肩から力が抜けていく」という反応を得ることがあります。つまり、顔や肩に力が入ってしまう原因の一つとして骨盤底の硬さ(=こわばり)があるということです。
 以前にも紹介しましたが、私は骨盤底のトレーニングとしてバランスクッションを使うことを勧めています。骨盤底には骨盤底筋と呼ばれる幾つかの筋肉があります。そしてそれらの筋肉と筋膜は総体として会陰を形成していますが、会陰は顎関節と対称する関係になっているようです。
 「会陰がゆるむと顎関節もゆるむ」「顎関節がゆるむと会陰がゆるむ」「会陰がしっかりすればそしゃく筋もしっかりし、全身の筋肉がしっかりする」。反対に「噛みしめや歯ぎしりの癖などで顎関節がおかしな状態になると会陰も硬くなって柔軟性を失い、骨盤はさらに後傾する」という仕組みのようなものがあります。

 会陰の働きが悪い人は、例えば両足とも床から浮いてしまう高い椅子などに座って、骨盤の力を主体に右のお尻に重心を移したり左のお尻に重心を移動したりして片方のお尻にすっかり体重を乗っけて座る動作を繰り返すことが苦手です。つまり会陰の筋肉(=骨盤底筋)をつかって自分の重心を移動させることが上手くできません。この動作ができないので首を振ってみたり、骨盤より先に肩や腕を動かして重心移動させようとしてしまいます。そして、実際このような人は大変多いです。「会陰の筋肉が働いている実感」が味わえません。
 筋肉を鍛えるためには「使っている実感」が必要です。その実感を味わうために、バランスクッションを使用することを勧めています。バランスクッションは座ると不安定な反面、重心移動が容易です。簡単に右のお尻から左のお尻に重心を移すことができますが、この時の会陰の動きを感じて欲しいのです。

バランスクッション 体幹クッション

 注意事項も含めて使い方を説明しますと
 「骨盤の動きに上半身が抵抗しないようにしてください。バランスが崩れて倒れそうになったら手をついてもいいですから、上半身をくねらせて抵抗して欲しくないのです(右に倒れそうになったとき、首や肩を左に曲げて倒れないように抵抗するなどの動作をすると会陰が動いて要る実感が薄れてしまうので)。クッションの動きにすっかり身を委ねて欲しいのです。そして会陰がどのように働くかを観察してください。」と言っています。

会陰トレーニング

 最初は不安定でバランスが取れないので上手くできませんが、すぐに、何分もしないうちにできるようになると思います。そして、何分間か左右に重心を移す動作をしたり、あるいは回転させて会陰が上下左右に働くことを感じていますと、会陰は柔軟性を取り戻します。バランスクッションを外して、普通に座りますと、それまで座っていた感覚とは明らかに違った感じになると思います。会陰が拡がったため「逆ハの字」だった骨盤は「ハの字」に近くなり座面が拡がったように感じると思います。そして仙骨を前傾させることが容易になるため自然と背筋は伸びた状態になると思います。

 尚、バランスクッションを使わずとも上記のような運動はできます。ただ先ほども申し上げましたが、間違えやすい点は、自分では会陰を使って重心移動させているつもりでも、実際は頭や首や肩や腕を動かすことによって右から左へ、左から右へ上半身を動かしているだけになってしまうのでは、会陰の動きが取り残されて後から付いてくるような感じになってしまいます。これではトレーニングの意味はありません。
 その他の運動としては、「外人さんのようにお尻をプリプリさせながら歩く」というのも会陰を鍛えることになります。お尻をプリプリさせながら左右の骨盤や下半身に、交互に体重をすっかり乗せきって歩くのは、会陰の働きがなければ可能になりません。
 「お尻の穴をしめる」というのは骨盤底筋の一つ肛門括約筋を収縮させることなのですが、それも会陰を鍛える手段の一つです。街を歩いている人をよく観察しますが、会陰を働かせながら=お尻をキュッ、キュッとさせながら地面を軸脚で蹴って進んでいる人はとても少ないです。多くの人が、上半身が前に行くの合わせて脚が後からついてくるような歩き方をしています。これでは、骨盤底はまったく鍛えられないと思います。

 私はよく「モデルさんのように一本のラインの上を腰を捻りながらゆっくり歩いてみてください」と言って、お客さんにやってもらいますが、思いの外、皆さん上手くできません。
 極端に表現しますと、膝から下ばかりで歩いている人は、腰を使って歩いているわけではありませんので(内股歩きが良い例)、腰部の柔軟性に欠けますし、会陰を鍛えることとは無縁の歩き方になっています。“モデル歩き”は、腰を捻って(実際は脇腹に捻りが生まれる)軸脚(後ろ脚)に重心を残したまましっかり立っていられる状態でないと前脚を一本ラインの上に乗せることができません(綱渡りような状態)。この時軸脚のお尻と会陰は収縮しますので、骨盤底を鍛える訓練になります。



 さて、冒頭の外国暮らしの方ですが、この方の骨盤底がこわばっていた主な理由は幼い頃から股関節の状態が悪く内股であったことと、腰椎の4番が捻れていたことでした。そして腰椎の捻れの原因は右手の小指と薬指にあって、一歳の頃の写真を見せていただいたところ、乳母車の取っ手を握る右手が少しおかしかいことから本当に小さいときの出来事が原因だったと思われます。
 いろいろなところを調整して、右手を念入りに調整したところ腰椎の捻れが軽減し、例の苦手のポーズが楽にできるようになりました。あわせて噛みしめの癖も改善し、ひどかったドライアイも改善しました。
 腰椎の捻れが良くなったことで会陰のこわばり状態が改善したため、からだが楽な状態になったのだと思います。
 骨盤も骨盤底も大切です。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html   

 和服の女性は、少し内股気味の方が見栄えも良く、仕草が魅力的だと感じる人も多いかと思います。そんな伝統を心のどこかで引き継いでいるのか、“女の子”が内股であることに対して“気をつけなければならない”と考える人はほとんどいないかもしれません。私も、この仕事に従事していなければ、そんなことはまったく気にもしなかっただろうと思います。
 内股と似ているO脚はスマートさに欠けますし、膝や股関節に負担がかかりますので矯正したいと考える人は多いかと思います。しかし内股も(程度に寄りますが)O脚と同じように、からだに負担が掛かかりますので早めに修正した方が良いと思います。

 仰向けで寝た時に、足のかかとより爪先の方が内側に入ってしまうのが内股の人の特徴の一つです。O脚の人もこの傾向にありますので区別しにくいところですが、立った時に膝の間が拡がってしまうのがO脚の人の特徴です。内股だけの人は立位で膝の間が拡がってしまう感じにはなりません。
 
骨盤男女差

 女性と男性の骨盤や股関節を比べますと、女性の骨盤の方が広くなっている分、左右の股関節の間隔は離れています。大腿骨は離れた股関節から膝に向かって入ってくるわけですが、その角度が男性より大きくなっていますので、女性は男性より内股になりやすい傾向があります。

 さて、内股の弊害について取り上げてみます。
①下肢の内側がとてもこわばり、顔もこわばる
 下肢とは股関節から下の太股、ふくらはぎ、足のことですが、それらの内側の筋肉が強くこわばっているのが内股の人の特徴の一つです。
 内股になってしまう理由として、生まれながらに股関節に問題があり、下肢内側の筋肉がこわばってしまう結果として内股になっている、というのはあると思います。あるいは、女性生来の深層心理として、内股を閉じておきたい(決してガニ股にはなりたくない)というのがあって、無意識のうちに下肢の内側に力を入れていることで内股になってしまうというのもあると思います。
 いずれにせよ、内股の人に見られる下肢内側の筋肉の強いこわばりは腹直筋や内腹斜筋と連動しますので、胸郭の位置を下げたり、喉や首のこわばりにつながります。鼻を含めた顔中心部の不調を招く原因になる可能性もあります。

腹筋と下肢筋肉の連動

 例えば膝のお皿(膝蓋骨)のすぐ上の内側は大腿四頭筋の中の内側広筋がありますが、この筋肉がこわばりますと腹直筋の正中線(中央部)近くがこわばります。すると胸郭の中で胸骨を下に引き下げますが、それによって喉がこわばり、発声や嚥下に不調をもたらす可能性があります。あるいは恥骨を下げてしまいますので、それにともない腹筋全般がこわばったり、恥骨筋がゆるんで、その連動で膝に力が入りづらくなり(中間広筋のゆるみ)、階段を降りる時に不安定さを感じるかもしれません。

内股の筋肉01

 太股中央部の内側には長内転筋があります。おそらく(座位で膝を開かないようになど)内股を意識する人はこの筋肉がもっとも強くこわばっていると思いますが、そのこわばりは内腹斜筋のこわばりにつながります。すると胸郭を下げたり骨盤を歪ませたりすることになりますので、それに伴う不調がもたらされます。そして内腹斜筋のこわばり(塊)は腹痛や便秘の原因になる可能性もあります。下腹部の骨盤周辺に違和感やこわばりを感じて押してみたところ、内部に硬い塊があって痛みを感じ「腫瘍?」などと不安を感じる人もたまにいます。

内股の筋肉02

 太股内側の股関節から膝にかけて薄筋があります。あぐらをかいたり、股関節を開くストレッチ運動をしたときに「突っ張って開かない」と感じたり、痛みを感じる筋肉です。この筋肉のこわばりは股関節の安定と運動に深く関係している腸骨筋のこわばりを招きます。腸骨筋がこわばりますと、鼡径部で血液の流れが悪くなりますので下半身のむくみを招きます。また股関節の前面が伸びなくなりますので、仰向けで寝ると腰部が浮いて腰が痛くなります。うつ伏せや横向きでないと眠ることができないという原因の一つです。

②「ハの字」で歩くことの影響
 内股の人は足の爪先が内側に入った「ハの字」型の足で立ったり歩いたりしているわけですが、すると母趾先の内側と4趾と5趾の踵近くがこわばります。その辺りに力を入れてからだを支えているからです。
 母趾先の内側のこわばりは太股では長内転筋に連動しますので、益々内股が強調されたり固定化されることになります。
 和服に履く草履は、普通に歩くのではなく、内股でつま先をあまり上げることなく歩くのが似合いますが、そのような歩き方は足の内側(母趾側)ではなく外側を前に出すような歩き方です。それによって4趾、5趾の踵付近がこわばり外くるぶしが前にズレます。この状況は骨盤を含めて下半身の筋肉や筋膜の流れを歪めてしまいます。
 「気がスムーズに流れなくなる」「邪気を足裏から発散しにくくなる」と表現しますと怪しげに思われるかもしれませんが、実際そんな感じです。状態の良い人は目を閉じて、太股~膝~ふくらはぎ~足や足裏を頭の中にイメージすることができます。そして、それらが一本のラインで繋がっているイメージを思い描くことができます。しかし骨格が大きく歪んでいたり、筋肉や筋膜の流れが悪い人は、途中までしかイメージすることができません。「右脚は足裏まで一本のラインで繋がるのに、左脚は膝から下が途切れてしまう。意識が通じない。」というような状態になってしまいます。「気が通らない」「気の流れが止まっている」とはこのような状態のことだと思います。

 頑固な内股になっている人の歩き方を観察しますと、つま先立ちで歩いているような感じに見えます。つまり、踵よりも先につま先の方が着地しているような、そんな感じですから歩き方がとても不安定です。
 歩く動作は“片脚立ちを交互に繰り返す連続動作”ですから、全体重が片方の脚に乗った状態でしっかり立つことができなければなりません。そのために重要な働きをしている筋肉の一つに中殿筋がありますが、「ハの字」の人はお尻の筋肉がゆるんでいますので中殿筋を働かすことができません。中殿筋が収縮しますと「お尻にエクボ」ができますが、「ハの字」の人はどんなに頑張っても満足なエクボができません。しかし、そんな人でも両足の踵を付けて、つま先を開いて、つまり逆ハの字の状態にしてしっかり立ちますと、お尻にエクボをつくることが簡単にできます。骨盤もしっかりしますので自然と背筋が伸びて、顎も引かれます。内股の人はこの状態をつくることが上手くできませんので、姿勢を正そうとする時、背中に力を入れるようになりますが、それはからだに無理を強いることですから、やがて何処かに不調が現れるようになると思います。

内股を改善するために
 私の整体の先生は「形にこだわると間違ってしまう」と教えてくれました。ですから、少々O脚でも、少々内股でも、からだに歪みがあったとしても、からだが上手く機能していて不調がないのであれば「個性」と解釈して、無理に矯正する必要はないと思います。
 ところが、からだにいろいろな不調があって、その原因として内股に関連する筋肉の変調があるのであれば、それはやはり改善する必要があると考えます。

①どうして内股になるのか?
 少し内股の30代半ばの母親が時々来店されます。数年前は常に腰痛を抱えているような状態でした。今は腰痛よりも肩こりなどの方が気になるようですが、腰は相変わらず良い状態であるとは言えません。内股による骨盤の歪みが原因している可能性があります。
 「下の子供(幼稚園生)がすごい内股で‥‥」と仰いました。「女の子でしたっけ?」と尋ねますと「男の子なのにすごい内股で‥‥」ということでした。“骨格の遺伝性”が原因として考えられるのかな、などと思いました。
 私の娘も少々内股です。子供の頃から“立ち方”に不安を感じていました。膝の裏をすっかり伸ばしたような立ち方(反張膝) をしていました。O脚の人はこのような立ち方をよくしています。彼女は子供の頃からの姿勢によってO脚にはなりませんでしたが内股になってしまったタイプです。大人になった現在は反張膝で立つこともないのですが、体型は少々内股です。(家系的に他に内股の人はいませんので、遺伝性ではありません。)

 現在、“とても頑固な内股”の高齢の女性が来店されています。そのお嬢さんも強い内股で、はるばる遠くから来店されました。母と娘と、ともに強い内股ですから先天性、遺伝性のものと考えられますが、お嬢さんの内股は私も初めて体験するほど強いものでした。脚を外側に回旋させることはほとんどできず、“あぐらをかく”もできません。来店された主目的は内股を改善することではなく、他の耐えきれない不調を改善したいということでしたが、「この内股を何とかしないと良くならない」と私は判断しました。そしてこんなに内股が頑固な状態になってしまったのは、“先天性内股”+”内股状態で何十年も過ごした結果”だと思いました。

 内股の出発点は股関節ですから「股関節が異常?」と思われ、整形外科でレントゲンを撮り、医師の診断を受けた経験のある人も多いかと思います。骨と骨の関係として「関節が浅い」とか、角度が普通ではないとか、いろいろな診断があると思います。整形外科は画像を元に診断をしますが、骨(骨盤)と骨(大腿骨)の関係性だけで内股が悪い影響を及ぼす程になっているというのではなく、何の対策もしないまま長年放置したことによって関係する筋肉の変調状態が固定化してしまったために、からだに不調をもたらしていると考えることもできます。そうであるならば、筋肉の変調状態を元々の状態に戻すことによって固定化された内股に柔軟性が戻り、子供の頃のように「形は内股だけど、からだの機能に問題はない」という状態にできると思っています。

②内股を形成する筋肉のこわばり

股関節の外側にある小殿筋と大腿筋膜張筋のこわばり

内股_小殿筋と筋膜張筋「こ」

 内股状態は主に下肢内転筋がこわばっていることによってもたらされますが、骨盤の外側にある二つの筋肉が強い影響力を持っている場合があります。それは小殿筋と大腿筋膜張筋です。ただ、小殿筋の主な働きは股関節で“大腿骨を外に開く(股関節の外転)”働きであるとされていますので、内股とは反対の動きになります。つまり、小殿筋がこわばるとガニ股になりますので、私の見解に反対の専門家も多いかと思います。ところが、小殿筋には股関節を内旋させる(大腿骨を内側に回旋させる)働きもあります。同様に、大腿筋膜張筋も大腿骨の外転と内旋の働きをします。
 そして実際、内股の人は小殿筋、大腿筋膜張筋がこわばっているのですが、それを骨格的に当てはめてみますと、股関節で太股を開きながら内側に捻った状態となります。本人は脚を開きながら内側に捻っているという意識は持っていないと思いますが、筋肉の状態を観察しますとそのように解釈することができます。
 普通の状態の人が、この状態(脚を開きながら内側に捻る)を再現しようとしますと、踵の外側~足の小趾側にかけて強く力を入れることになりますが、実際、踵の外側の強いこわばりが小殿筋のこわばりに繋がり、足の小趾側のこわばりが大腿筋膜張筋のこわばりにつながります。
 ですから、内股の人の特徴である股関節での大腿骨の内旋を改善しようとするときの一番目の施術は踵外側筋膜と足の小趾側(4趾、5趾間)のこわばりをほぐすことになります。
 先ほど話題に出しました大腿骨をほとんど外旋させることができなかった女性は、踵の外側の強いこわばりを指圧してゆるめたことで、大腿骨を外旋させる動きができるようになりました。そして、この踵の外側は反射区としては卵巣にあたりますが、この方は卵巣嚢腫を経験しています。もしかしたら偶然一致しただけかもしれませんが、強い内股で長年過ごしていたために踵外側が強くこわばってしまい、卵巣の反射区が血行不良状態となり卵巣の病変を招いてしまった可能性も否定できないと私は考えています。

下肢の内転筋のこわばり
 上記で説明しました小殿筋と大腿筋膜張筋は内股の人だけでなくO脚の人もその他の人もこわばっていることが多い筋肉です。特徴としては股関節で大腿骨が少し外に飛び出しているように感じる(骨盤から太股が外に出っ張っている)、太股が内側に捻れている、あるいは太股外側の筋肉がボーンと張って目立っている、というのがあります。
 内股の人はO脚の人と比べますと膝の間が離れているのではなく内側に寄っていることが特徴ですが、それは太股内側筋肉の緊張やこわばりによってもたらされます。ご自分では太股内側に力を入れているつもりはまったくなくても、自然とこわばった状態になっています。
 こわばっている筋肉について少し説明しますと以下の通りです。

a.内側広筋のこわばり‥‥膝のすぐ上の内側が硬くなっている

内股_内側広筋「こ」

 内側広筋は大腿四頭筋の中の一つですので、学問的には内転筋の中に含まれていません。ですから、“内股”とは特に関係のないように考えられているかもしれませんが、実際は非常に深い関係があります。
 内側広筋は膝周辺ではスネの骨(脛骨)の内側に筋膜を伸ばして付着しています、ですから内側広筋の膝周辺部がこわばりますと、脛骨を内側に内旋させながら引っ張り上げるように歪ませます。そして、その流れは脛骨前面内側の筋膜を通して足首に同じような歪みをもたらします。ですから内股で内側広筋が強くこわばっている人は、たとえば仰向けで寝たときに、単に足が内側に捻れて足が「ハの字」になっているだけではなく、内くるぶしから土踏まずにかけて引き上げられているような、上を向いているような状態になっています。
 「足首周辺でエネルギーの流れは止まってしまうので、排泄すべき気をうまく出すことができない=デトックスできない」と私は感じます。
 内側広筋のこわばりは、足では母趾先の内側のこわばり、手では小指つけ根の内側のこわばりと関係が深いので、それらをほぐすことが施術方法の一つです。

b.長内転筋のこわばり‥‥膝をくっつける意識が強いとこわばる

内股_長内転筋「こ」

 太股中程の内側にある内転筋で、こわばっている人の多い筋肉です。内股の人のこの筋肉が強くこわばりますと太股の上1/3から膝にかけての部分がグイッと内側に捻れます。膝のお皿(膝蓋骨)が内側に入っている人は、長内転筋のこわばりによる可能性が高いです。女性が椅子に座って膝が開かないように内転筋に力を入れるとき一番働く筋肉ですので、デスクワークをしている女性の多くはこの筋肉がこわばっています。そしてその影響は下半身のむくみ、お腹の硬さ他、いろいろな不調をもたらします。
 そして、長内転筋のこわばりで重要なことは、この筋肉の連動が足では母趾外転筋、ふくらはぎでは後脛骨筋につながっていることです。

 母趾外転筋は踵の内側から母趾の側面と下面を通って外反母趾で痛みを出すところに繋がっています。ですから母趾外転筋がこわばるような歩き方(外反母趾の人が行っている母趾を捻って地面を蹴る歩き方)をしますと外反母趾が痛み出すとともに踵の内側も硬くこわばります。

前脛骨筋と後脛骨筋の拮抗関係
 
 さらに連動している後脛骨筋もこわばるのですが、そうなりますと土踏まずの踵寄りの部分(舟状骨)が足首の方に引き上げられます。見た目は扁平足の反対で、ハイアーチのようになるのですが、それは良いことではありません。筋肉の拮抗関係で前脛骨筋がゆるむため土踏まずの指先側(母趾中足骨)が落ちてしまいます。そして指先は甲側に曲がりますので、ハイヒールの靴を履いているわけでもないのに足の形がそのような感じになってしまいます。これでは足の母趾がしっかりしませんので、足裏の全体感として力不足になってしまい、指先に必要以上に力を入れて歩くようになってしまいます。足趾は曲がり、足趾のつけ根部分にはタコができてしまいます。

内股による母趾の捻れ

 内股の人は、足の小趾側指先の方から着地するような歩き方になってしまいますので、母趾を効率よく使うことができません。外反母趾でもないのに母趾先を捻って地面を蹴りますので、母趾の第1関節の2趾側が強くこわばってしまいます。見た目では母趾の内側が地面の方に捻れて落ち込んでいるような感じになります。この状態は母趾外転筋と後脛骨筋をこわばらせ、なお一層長内転筋のこわばりを助長する結果を招きます。

c.薄筋のこわばり‥‥膝裏や股関節の伸びが悪くなり腰痛を招く可能性

内股_薄筋「こ」

 太股内側の真横、股のつけ根(恥骨近辺)から膝にかけて細長い薄筋があります。開脚などのストレッチ運動のときに、開脚にストップをかけてしまう筋肉です。この筋肉がこわばった状態ですと、あぐらの姿勢が辛くなったり、股関節を開く動作が気持ちよく行えません。そして重要なことは、この筋肉が骨盤内にあります腸骨筋と連動関係にあることです。腸骨筋はとても強力な筋肉で、腿上げ運動で働いたり、仰向けで寝た状態から腹筋を使って起き上がるときに股関節で上半身を持ち上げる働きをします。座ることの多い仕事の人は腸骨筋がこわばっている可能性が高いですが、すると鼡径部で血管を圧迫することになりますので、下半身がむくんでしまいます。
 ”内股の人は薄筋が強くこわばっている”ということではないのですが、時々薄筋が強くこわばった内股の人を見かけます。そういう人は本当に脚の内側に力を入れて動作をしているのかもしれませんが、膝裏が伸びませんので仰向けで寝ても膝が少し曲がった状態になっていますし、膝裏が腫れぼったくなっている人が多いです。

短内転筋
 小さな筋肉ですので目立ちませんし、解剖学の解説書などでもあまり取り上げられていませんので情報量が少な筋肉です。恥骨に深い部分と大腿骨の上部を繋いでいますが、その位置関係からこの筋肉が収縮しますと大腿骨を外側に回旋します(股関節の外旋筋)。“骨盤と大腿骨の上部を結ぶ短かく丈夫な筋肉”であるという共通点、方や外旋と内転(短内転筋)、方や内旋と外転(小殿筋)という正反対の働きをするという点で、短内転筋を考える上では小殿筋を常に念頭に入れなければならないと私は考えています。

 上記で説明した薄筋がこわばった人はあぐらの姿勢が苦手ですが、短内転筋のこわばりが強い人はあぐらの姿勢ができないかもしれません。「股関節の根元が開こうとしない」という言葉があてはまると思います。
 まだ、確定的に言える段階ではありませんが、短内転筋と足の母趾と2趾の間の骨間筋は連動性があるように感じています。

③内股を改善するための施術
 今回は内股に関係する筋肉について、いつもより細かく説明させていただきました。内股の程度は様々ですが、ある人はこれらの筋肉の一つだけが変調をおかしくなっているだけかもしれません。あるいは、全部の筋肉がこわばっている”強烈な内股”と表現できるような人もいます。
 私は施術者として、おかしな状態になっている筋肉を一つ一つずつ全部修正することが内股を改善するための王道だと考えています。O脚や外反母趾などに対しても同様ですが、骨格ばかりに注目してコルセットや装具を使ったりして矯正する方法は、私は採用しません。
 筋肉は必ず連動します。内股のある筋肉がこわばりますと、必ず腹部や手や顔の何処かがこわばります。ですから、内股の筋肉のこわばりをそのままに形だけ整えたとしても、からだの不調は改善しないということになってしまいます。筋肉は形状記憶するような要素を持っていますので、長い年月こわばった状態の筋肉を修正しようする場合、それは時間と忍耐力が必要となります。ですから骨格矯正や歪みの矯正を望まれて来店される方々の中には、時間がかかることに耐えきれず途中で止めてしまう人も多くいます。
 今、おかしくなったのなら、今、元の状態に戻せるかもしれません。しかし内股の場合は、長年に渡る状態進行の結果、からだに不調や不具合が現れたということがほとんどですから、改善のためには忍耐がどうしても必要になります。そのように考えていただきたいと思いますし、根気強く筋肉の変調を改善していけば、内股とは全然関係ないと思われる目の不調が良くなったり、呼吸が良くなってリラックスできるからだになったりという副産物が必ず得られます。内股=つまり”からだの中心ラインの強いこわばり”を改善することは、日々の生活に快適さをもたらすことにつながります。
 
 犬や猫、牛や馬などほとんどの哺乳動物は四つ足です。爬虫類はもっと地面に這いつくばるように動いていますが、それは地球の重力の影響をあまり受けないようにするためだと考えることもできます。ところが私たち人間はすっかり重力に対抗するように2つの脚だけで立って歩きます。ですから下肢にかかる負担はとても大きいと言うことができます。
 私のところに来られる方々は、「調子がおかしい」人がほとんどだからかもしれませんが、脚が“棒のよう”だったり、パツンパツンにむくんでいたり、足や足趾に無理が掛かっている人ばかりです。おそらく”普段がそのような状態”なので、ご自分では“下肢がおかしな状態”だという認識はないのかもしれません。そんな状況の一つ現れがこのたび取り上げた内股です。
 私は施術者として「もっとリラックスしてスッキリした脚になってほしい」と願いながら施術を行っています。そのためには、内股状態の強い人は、内股状態を改善する必要があります。骨格の状態が良くならなければ、いくらマッサージをしても、リンパを流しても、その場限りのものに終わってしまいます。
 膝関節はどこもおかしくないのに正座ができない人がいます。膝を深く曲げると太股やふくらはぎに突っ張りを感じ、その状態を保持することができません。その方は70年以上内股状態で過ごしてきました。下肢の筋肉が形状記憶のように頑固になっていますので、何度も何度も施術しなければなりません。それでも、一月くらい経つと短時間であれば星座ができる状態になりました。そしてもう少し施術を続けていけば、本人の願いである正座が再びできる状態になることでしょう。そしてやがて筋肉の形状記憶状態も解除されて、もっともっと楽に、歩いたり、立ったり、座ったりすることができるようになると私は思っています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com

 肩甲骨の上部に棘上筋(キョクジョウキン)という筋肉があります。筋肉のガイド書などによりますと、肩関節を安定させる筋肉のひとつであり、腕を横に開く=肘を横に上げる(上腕骨の外転)働きをする筋肉と解説されています。
 “肩こり”は私たちにとって厄介な問題ですが、肩こりの根深い芯はこの棘上筋にあるのではないかと私は最近考えるようになっています。
 “肩こり”は幾つかのタイプに分かれます。
 
肩こりを感じる主な筋肉
 
 首の後側の首筋から肩甲骨にかけての“こり”は肩甲挙筋のこわばりが主な原因で、目の酷使や疲労、肩甲骨のズレなどによってもたらされます。
 皆さんが「肩が凝った!」と言って、ついつい手を当ててしまう肩上部は僧帽筋の“こり”であり、運動不足であったり、肩に力が入りやすい性格の人によく見られる症状です。
 首の横の深い部分、鎖骨の後ろにある凹みや、その奥から首の横にかけてガチガチに硬くなり首を動かすこともつらいと感じる場合は斜角筋や胸鎖乳突筋のこわばりであり、歯ぎしりや噛みしめの癖と深い関係があります。
 少し背中側の両肩甲骨の間や肩甲骨内縁に感じる違和感やハリや痛みは菱形筋のこわばりによるものですが、肩甲骨のズレが一番の原因ですので、それを直さない限り、いくら揉みほぐしても解決しません。

棘上筋01

 さて、棘上筋は肩甲骨の上の方の凹み(棘上窩)にありますが、絵で見るイメージより実際は太く強い筋肉です。「いつも肩に何かをしょっているように感じる」「いくらマッサージしても肩の芯の”こり”が取れない」と感じているのであれば、それはこの筋肉の凝りやこわばりによる可能性が高いと思います。
 棘上筋は角度的に、肩上部の方向から指圧するようにしてほぐすことが適していますので、通常のマッサージでは“表面を舐める”程度しか力を及ぼすことができません。マッサージを受けると“痛気持ちいい”と感じるかもしれませんが、“こり”を改善する効果は期待できないと思います。
 私は指圧によって棘上筋の凝りやこわばりに対応していますが、指圧を始めた最初の頃は「痛いけど気持ちいい」とほとんどの人が仰います。ところが指圧によって表面の凝りが取れ、深部に圧が及んで行きますと「痛~い!」となります。通常、だいたい3分程度は持続的な指圧を行っていますが、それでもなかなか芯まではほぐれません。人によっては10分くらい指圧し続けることもありますが、それでも満足にほぐれなかったりします。それくらいこの筋肉の凝りやこわばりは頑固です。私たちが肩こりと長く付き合っていかなければならない理由はここにあるのかな? などと感じています。

棘上筋の“こり”と“こわばり”
 まず最初に私が使い分けて表現している“こり”と”こわばり”について簡単に説明します。“こり”は筋肉内に含まれている血液や水分などの流れが滞ってしまい、内圧が高くなってコチコチに硬くなった状態を言っています。「中身が詰まりすぎた状態」とイメージしていただければと思います。“こわばり”は筋肉自体が収縮して硬くなっている状態、あるいは収縮する方向に力が働いていて“張っている状態”を言っています。筋肉を使いすぎると硬くなりますが、それは“こわばり”状態です。筋肉が何かの力で引っ張られますと、伸ばされたくないので縮む方向に力が作用します。この状態も“こわばり”です。ストレッチ運動をして筋肉を伸ばしていきますと、あり段階で痛みを感じ「これ以上伸ばすことは無理」と感じたりしますが、それは筋肉が弛緩伸張状態からこわばりに転じたということですので、それ以上伸ばし続けると筋肉を傷める可能性がありますので気をつけなければなりません。
 “こり”は内圧が高い状態、”こわばり”は縮んで伸びない状態、と大雑把にイメージしていただければよいと思います。

 さて、棘上筋のこわばりについて考えてみます。使い過ぎるとこわばり、余計なテンションがかかるとこわばりる、といった観点で考えてみましょう。
 棘上筋は肩甲骨と腕(上腕骨)をつないで肩関節の安定に貢献し、肘(腕)を横に上げる(上腕骨の外転)働きをすると説明されていますが、実は地味な働きをするインナーマッスルです。ですから、実際には肘を上げるという表だった動作よりも、上げた肘を降ろさないように保持する働きをしていると考えた方がよいと思います。
 例えば、本やノートに目を近づけてペンを使い続けている学生は、脇を開いた(肘を上げた)状態で字を書いているわけですが、この姿勢は棘上筋を使い続けている姿勢です。
 (以前に取り上げた)“首肩に力が入りやすいタイプ”の人は、親指と人差し指を中心に物を持つ傾向がありますが、そうしますと自然と脇が開いてしまいます。それはつまり、棘上筋を使っているということです。パソコンのキーボードを打つ時に肘が上がっている人は棘上筋を作動し続けているということです。

 また、棘上筋は腕を肩にしっかり結び付けて肩関節を安定させる大事な働きをしています。例えば重い荷物を持って腕が肩から引き離されるような負荷が掛かりますと、棘上筋が収縮して腕を肩にしっかり留めようとします。この時、引っ張る力が強すぎて棘上筋が耐えきれなくなりますと“腱板損傷”などを起こしやすい状態になり、四十肩や五十肩など肩関節周囲炎になることがあります。
 重い物を持つことの多い人、肩関節周囲炎の人や、かつてそうだった人、そういう人は棘上筋がこわばっているか、あるいは反対に疲弊して筋力が発揮できない状態である可能性が高いと思います。

棘上筋の“こり”
 棘上筋は“肩こりが辛くて思わず手を当ててしまうところ”より少し下の深部にあります。ほとんどの人は凝っていますので、その部分を指圧しますと心地良い痛さを感じます。ところが、この筋肉はイメージ以上に厚みがありますので、深部深部へと指圧をすることができます。そして深部は表層以上にこわばりが強くなっていますので、指圧を続けていますと“心地良い痛さ”から”とても痛い”に変わっていきます。
 また、長さも肩甲骨内縁(背骨側)から肩関節付近まで10㎝以上ありまして、内縁側の方が分厚くなっていますので、そのことを念頭に満遍なく指圧してほぐすことが効果的です。指圧をしている時は痛みを感じますが、少しでもほぐれますと肩から荷が降ろされたような感覚になると思います。
 肩の上面にある筋肉(僧帽筋)のこりはマッサージなどで揉みほぐすことができますが、棘上筋は深部にありますし、角度的に背中側からのマッサージではほぐすことが難しいですから、持続的な指圧でほぐすことをお勧めします。

棘上筋のこわばりはO脚やガニ股を招く可能性
 からだの骨格筋には連動しあう仲間の筋肉というものがあります。棘上筋は肩関節の一番深層にある外転筋ですが、股関節で同じ条件をあてはめますと小殿筋が該当します。そして、実際、棘上筋と小殿筋は連動しあっています。つまり、棘上筋がこわばっている人は小殿筋もこわばっているということです。小殿筋は股関節で大腿骨を外転させ、股関節を外に開く働きをしますので、棘上筋がこわばっている人は股関節が開いた状態になりやすく、股間が広がった体型、ガニ股、O脚になりやすいということになります。

ジャイアン

 ドラえもんのジャイアンは棘上筋と小殿筋がこわばった人を表しています。からだが太いか細いかは別にして、このような体型の人を見かけることがあると思いますが、それは改善できないものではなく、棘上筋や小殿筋を整えることによってスマートな状態になる可能性があります。

インナーマッスルとしての棘上筋
 インナーマッスルを文字通り解釈しますと、体表ではなく、体幹の骨格に最も近い、深部にある筋肉ということになります。ざっくり表現しますと、体表にある表層の筋肉は素速く大きな動作を行う働きをしていて、深層にある筋肉は骨格を支え、表層の筋肉が働きやすい状態を築く役割をしていると言うことができます。筋肉は骨格を足場に、自らを伸縮して骨格自体を動かし、からだの動作としています。ですから骨格がグラグラして不安定な状態ですと、上手に伸縮することができなくなり、からだの動作が不安定になります。インナーマッスルは、そうならないように骨格を安定させる働きをしています。
 棘上筋は肘を横方向に上げ、脇が開いた状態を保持するために働きます。例えば日曜大工で、ドライバー(ネジ回し)を使ってネジを回すとき、普通は肘を少し浮かせ状態で作業を行います。脇を閉じた状態では手先だけの動作になってしまい力を入れてネジを回すことができません。この、肘を浮かせた状態は棘上筋の働きによって保たれています。ですから、もし棘上筋が損傷して十分に働くことができなくなりますと、ネジ回しも思うようにできなくなってしまうということになります。

三角筋と棘上筋01

 棘上筋の表層には三角筋があります。肘を上げる動作では棘上筋とともに三角筋が使われますが、動作の主体は三角筋の方になります。三角筋の中部線維が収縮することによって肘を直角近くまで上げることができます。ところが上げた肘を、その状態で保持する場合は主役が三角筋から棘上筋に移ります。例えば肘を直角まで上げた状態を2分間くらい保つとします。最初の内は三角筋が使われていることが実感できますが、時間の経過とともに肩甲骨の上部が気になりだし、そこが疲労を感じるようになります。この状態が長くなりますと“肩こり”になりますが、それは棘上筋が”こわばった"ということです。
 
四十肩や五十肩(肩関節周囲炎)と棘上筋
 棘上筋は太くて丈夫ですから、そう簡単に疲弊して能力が極端に低下することはないと思います。ところが強い衝撃などによって損傷したり、他の筋肉との関係で酷使状態となって働きが悪くなったりすることはあります。
 肩関節が脱臼したり、あるいはそれに近い状態になった時、棘上筋が損傷することはあります。病名としては“腱板損傷”と診断されるかもしれません。(普段持ち馴れない重い荷物を持つ時は注意が必要です。)
 肩関節は棘上筋を含め、他の回旋筋腱板(肩甲下筋、棘下筋、小円筋)によって脱臼状態にならないように支えられていますが、これらの中のどれかの筋肉の働きが悪くなりますと、棘上筋にかかる負担が増えますので、棘上筋は酷使状態になります。その状態が長く続きますと、やがて負担に耐えられなくなって炎症を起こし、筋肉の能力が極端に低下する可能性があります。こうなりますと肩関節を正常に維持することができなくなり、いわゆる四十肩、五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎となってしまいます。棘上筋は肩関節の安定に対して貢献度の高い筋肉ですから、棘上筋の損傷や疲弊による肩関節周囲炎は重症化します。腕が肩からぶら下がった感じになり、ただ立ったり座ったりしているだけでも痛みを感じ続けるようになってしまう可能性があります。
 ですから「棘上筋が損傷したかも」と感じた時には、なるべく安静にして筋肉の回復を待ってください。揉みほぐしたり、リハビリ運動などをしてしまいますと逆効果になって重症化への道を進んでしまいます。痛みをこらえながらの「関節が固まらないように動かさなければならない」は、この状態では全くの逆効果です。
 棘上筋の損傷や疲弊状態では、腕が肩関節から少し落ちた状態(上腕骨が肩甲骨から離れる)になりますので肩関節の動きが悪くなったり、他の筋肉に負担が掛かって痛みを感じたりします。そんな時の対処法としては、肩関節を安定させる意味で肩上部から上腕の外側面にキネシオテープを貼ることをお勧めします。それだけで働きの悪くなった棘上筋を補ってくれますので、肩関節は少し安定します。ストレッチや変な運動療法などをするよりも、テーピングをして1~2週間ほど余計な負荷ををかけることなく安静に過ごしていただいた方が筋肉の回復が速いと思います。2週間程度関節を動かさなくても固まってしまうことはありませんので、筋肉が回復してから運動を始めてください。

 私たちは、精神的にも肉体的にも“実は頑固な存在”だと、私は思っています。いろんな人を施術していますと、“こり”というのは肉体的頑固さの象徴なのかもしれないと思います。そして、もしかしたら肉体的頑固さの“根っこ”は棘上筋なのかもしれないと最近感じ始めています。棘上筋のこわばりや硬さはなかなか取れないのです。少し緩和したかな、と思っても2~3日後にはまた硬い状態に戻ってしまいます。
 棘上筋がコチコチに硬くなったとしても、それだけでは、“肩こり”として感じることはないかもしれません。「押されるとそんなに凝っているんだ! と感じるけど」というのがほとんどの人の反応です。
 しかし、「もし、棘上筋のこわばりや硬さが解決すれば、この上なく“肩が軽い”という感触を感じてもらえるのかもしれない」という思いの元、なんとか効率的なやり方はないかと模索している現在です。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com

 足裏(足底)やカカト(踵)がとても硬くなっている人がたくさんいることは前にもお話ししました。私は、腰痛や下半身に症状を抱えた方はもちろん、頭痛や首・肩のこりの人であってもほとんどの場合、足裏やふくらはぎを施術します。そして、「どうしてこんなに硬くなってしまうのだろう?」と思うことがよくあります。
 そしてたどりついた一つの見解が、“カカト重心の人が多い”ことです。私たちが普段立ったり歩いたりしている地面が硬いコンクリートやアスファルトなので自ずと足底は硬くなってしまうということを以前に記しましたが、それに加え、カカトで立っているためにどうしてもカカトが硬くなってしまうのだと思います。

カカト重心の人の特徴
 カカト重心の人の外見上の特徴があります。(すべてがあてはまるわけではありませんが)

①反り腰
 本人は背筋を伸ばして良い姿勢を保とうとしているのだと思いますが、腰の上部を反らせてしまうとカカトの方に重心が移ってしまいます。

②首が前に出ている
 肩甲骨の位置はカカト重心を改善するための決め手の一つです。肩甲骨が後方にあるとカカト重心になってしまいますが、このような人はバランスを維持するために頭部を前に出すようになってしまいます。「肩甲骨が後ろにあるので顔が前に出る」と言った方が解りやすいかもしれません。肩甲骨は鎖骨と対になっていますので、肩甲骨が後にある人は正面から見た時に鎖骨が埋もれてしまってよく見えないか、存在感が乏しい状態になっていると思います。首が前に出ていて鎖骨がハッキリ見えないような人は、カカト重心である可能性が高いと言えます。

③ガニ股歩き
 立った状態で意図的にカカトに体重を乗せようとしますと(少し後に反ろうとしますと)、膝の内側に力が入らなくなり膝が少し開いた状態になります。この状態で歩きますと、必然的にガニ股歩きになってしまいます。
 カカト重心の人は、常に後方から何かに引っ張られているのと同じ状態ですから、どうしても膝が外に向かってしまうような歩き方になってしまいます。女性の方で、それが気になる人は意図的に膝を締めて歩こうとしますので内股歩きのようになりますが、それはからだに無理を強いることになりますので、カカト重心を是非改善していただきたいと思います。

カカト重心の弊害
 カカトに体重が乗っているということは、後から何かの力で引っ張り続けられているようなものです。ですから前に進むためには普通の状態以上に力が必要になります。それはからだに疲労を蓄積しますし、筋肉に無理を強いる結果を招きます。また、カカトで立っているので、からだはバランスをとるためにいろいろ不自然な状態になります。

カカト重心の人2

 下半身の方から見ていきますと、後に倒れないようにするために腰や下腹部を前に出すようになります(=腹が出る)。そしてその反動として背中を反らせますので腰部や背中の下部にハリや緊張を感じるようになります(=反り腰、慢性的腰痛)。そして肩甲骨が後に位置するようになりますので首や頭が前に出て猫背になってしまいます。(上述の通り)

 足底では、カカトで立っていることは不安定ですから、自然と足の指(足趾)を曲げて足趾に力を入れて、足趾で踏ん張ってからだを支えるようになります。それは足底の筋肉に緊張状態をもたらしますので、カカトだけでなく足底も硬くなってしまいます。また足趾の筋肉はふくらはぎにつながっていますので、ふくらはぎも硬く太くなり血流も悪くなります。この状態は、足の冷えやむくみの原因の一つであると考えられます。

 足趾が曲がる=足趾に力を入れて立ったり歩いたり、あるいは座ったりする状態は、腰痛の原因になります。O脚、外反母趾、内反小趾等々下半身の問題の原因になるだけでなく、顔や首から力が抜けない、呼吸が悪いなどの問題にも絡んできますので、カカト重心は是非改善していただきたいと思います。

カカト重心と、硬いカカト、曲がった足趾との関係性
 「扁平足はからだが疲れやすい」というようなこと聞いたことがある人も多いと思います。足底には縦と横にアーチがあって、立ったり歩いたりする時にクッションのように働いてくれます。この仕組みによって地面からの衝撃は和らぎ、私たちの重み(体重)は分散されるので足をはじめからだの骨格が護られるようになっています。扁平足の人はこのアーチの働きが乏しくなってしまうので、足腰に掛かる負担が増えてしまい、“疲れやすい”、”故障しやすい”となってしまいます。
 ところが、この原理は重心の位置が良いところにある人に通じる理屈だと言えます。カカトに重心のある人の場合、足底のアーチがちゃんとしていたとしてもクッションの役割があまり果たせなくなってしまいます。

足に掛かる重心と足底_1

 重心が良い位置(私は足首の前側、足の甲の出発点くらいだと思っています)にある人の場合、体重の重みによって縦アーチが沈みますが、それによって重みは爪先側とカカト側に分散されます。足底の筋肉は伸ばされ、合わせて足趾も伸びます。重みが掛かることによって足が平たく引き伸ばされるようになります。

足に掛かる重心と足底_2


 一方、カカトに重心がある人の場合、立った時に爪先側が少し浮いたような状態になります。この状態は不安定ですので、自ずとからだは足趾を曲げて立位の安定を保つようになります。誰かに前方から押されて後に倒れそうにバランスを失った時、私たちは足趾をギュッと曲げて倒れないように頑張りますが、これと同じようなことがカカト重心の人には起こっていると考えていただければ解りやすいかもしれません。足趾を曲げることは足底の筋肉を収縮させることと同じですので、足底は硬くこわばった状態になります。また、重心も足底の力もカカトに集まりますので、カカトはとても硬くなってしまいます。

 カカトが硬くなるとどうなるのか? という疑問に全部答えられるわけではありませんが、幾つかの不都合については確認しています。
 カカトの内側にはふくらはぎの深部にある後脛骨筋と長趾屈筋の腱が通っています。また足底の母趾外転筋の出発点でもあります。これらの筋肉は太股の内転筋(長内転筋)と連動関係にありますので、カカト重心の人は太股の内側がコチコチに硬くなるのと同時に骨盤が後に傾きます。腹部では内腹斜筋もこわばってしまいますので、お腹の伸びやかさが失われたり、時には便秘になったりするかもしれません。
 また、カカトの外側には股関節の外側に位置する筋肉(中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋)と関係の深い部分がありますので、股関節で太股の骨が出っ張ったような体型になったり、股の間が広くなってしまったりすることが考えられます。骨盤から下肢が少しはみ出たような状態です。さらに小殿筋は肩の棘上筋と連動しますので、肩関節の動きが鈍く感じたり、脇が常に開いているような体型になったり、肩に何かをしょい続けているように感じたりするかもしれません。
 その他には、舌が硬くなっていて喋りづらさを感じたり、飲み込み(嚥下動作)が悪く感じたりしているかもしれません。

カカト重心を改善するために
 私が知っていることだけで申し上げれば、カカト重心を改善するための考え方は二つあります。(この先、もっと増えるかもしれませんが)
 一つ目の考え方は、“推進力のあるからだ”にすることです。カカト重心の人は後から何かの力に引かれているとか、向かい風の中に立ち続けているような状態ですから、前に進む力=推進力の乏しい状態です。骨盤は後傾し、お尻も垂れ気味になっています。この状態を克服して推進力のあるからだ、つまり歩いていても「自然に、前に前に脚が進んでいく」状態にするためには仙骨を前傾させて骨盤の後傾を改善することが必要です。
 仙骨の状態を整えることについてはだいぶ前に取り上げましたが、骨盤底の柔軟性やヒラメ筋、半膜様筋というハムストリングを整えることが必要になります。
 二つ目の考え方は、鎖骨を前に出すことです。鎖骨と肩甲骨は腕を動かす土台として一対になっていますが、合わせて上肢帯と呼ばれています。
 鎖骨を前に出すことは肩甲骨を前に出すという意味でもありますが、カカト重心の人のほとんどは肩甲骨あるいは鎖骨が本来の位置よりも後方にある状態ですので、これを改善する必要があります。

鎖骨を出すとかかと重心が改善_1
鎖骨を出すとかかと重心が改善_2

 パソコン作業が増えた今日、肩甲骨が外側に拡がり、肩が巻くように前に出て鎖骨が喉の下の方に埋もれてしまったような状態の人が増えています。猫背とも言えますし、胸が狭く閉じ込められたような状態であるとも言えます。このような状態はカカト重心になりやすい状態ですので、胸を開き(前鋸筋や大胸筋や小胸筋のこわばりを解消し)埋もれた鎖骨を表に出し、肩甲骨の位置を本来の状態に戻すことがカカト重心を改善するためには必要になります。

 普通は以上のように、仙骨のあり方を整え、鎖骨と肩甲骨の位置と状態を整えることで、多くのカカト重心を改善することは可能です。その他に、腰椎の在り方がおかしかったり、膝や足に故障を抱えていることによってカカト重心になっている場合などもありますが、基本としては仙骨と鎖骨・肩甲骨であると今の私は考えています。

 カカト重心にならないように意識的に体重を前に掛けて対応するという方法を思いつかれる方もいると思いますが、その状態はからだの何処かに力を入れて操作しているわけですから不自然な状態です。カカトの高い靴などを履いてもカカト重心を解消することができますが、それはそれで足の何処かに力が入ってしまいますのでやはり不自然な状態です。そうではなく、自然に立った時にカカト重心が克服されている状態になっていることが本道であり、大切です。
 以前に申し上げましたが、私たちが動作を行うということは“重心を移動させる”ことに他なりません。この重心移動がスムーズで上手な人が運動神経が良い人、バランス感覚の良い人であると言ってもよいと思います。
 そのためには、重心のホームポジションがカカトや爪先にあるのではなく、良い場所にくるようにからだを整えていただきたいと思います。ヨガやピラティスやいろんな健康運動によって、しなやかで健康的なからだを作り上げていくことは大切なことだと思いますが、その効率を高めるためにも重心の在り方を気に掛けていただきたいと思います。

 時々、小学生や中学性や高校生など若い人たちが来店されますが、椅子に座った状態でも、足底を床に着けるのではなく足趾を丸めている人たちをけっこう見かけます。これは単に“姿勢が悪い”とか”仕草がおかしい”という言葉で済ませてはいけないことだと思います。その状態が彼女や彼らにとっては自然であり、足裏を地面に着ける状態は不自然なわけですから、“貧乏揺すり”などと同じように、からだの何処かに狂いが生じているのだと考えられます。若い時分からそうであれば、将来的に不具合が表面化する可能性はとても高いと思います。
 ですから、若い人たちをもった親御さんは、“それくらいのことで‥‥”と見逃さないでいただきたいですし、スマホで酷使している親指などは原因になっているかもしれません。鎖骨を前に出す一つの方法は母指先を伸ばすことです。スマホ操作で酷使している指の第一関節はかなりこわばっています。それを伸ばすのはとても痛みを感じますが、それによってカカト重心が改善し、足趾が伸びて足裏で地面を捉えることが自然な状態になる可能性は高いと思います。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com

↑このページのトップヘ