ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

カテゴリ:上肢 >

 パソコン業務でコピー&ペーストを頻繁に行うなどショートカットキーを多用している人は、左手の小指の第一関節周りが非常にこわばっている可能性があります。そして、その影響でからだに不調な状態になっているかもしれません。
 ショートカットキーの使い過ぎが原因で、背中の左側が張って痛くなり、左側の坐骨神経痛になってしまった人が来店されました。

 来店時のこの人の状況を説明いたします。
 ベッドで伏臥位(うつ伏せ)になっていただいたときに、左側の肩甲骨が背骨の方に大きく寄っていて肩甲骨内側の筋肉が盛り上がった状態になっていました。そして坐骨神経痛を発症した左側殿部では、大腿骨が股関節から少し離れた状態になっていました。

左肩甲骨と大転子

 坐骨神経痛になってしまう原因はいくつかありますが、殿部の仙骨~大腿骨に繋がっています梨状筋(りじょうきん)の強い張りが原因となっている場合が多いです。坐骨神経は骨盤の内部から骨盤外に出てくるときに梨状筋と他の外旋筋群の間隙を通過しているのですが、梨状筋がこわばって硬くなりますと、その部分で坐骨神経を圧迫するようになり神経痛のいろいろな症状が現れます。(梨状筋症候群と呼ばれます)
 この状態は一般的な受け止めでは、「お尻がすごく硬くなって神経痛の痛みやしびれを感じる」といった感じだと思います。ですからこのような場合、施術では梨状筋のこわばりが解消されて、お尻に柔軟性が戻るようになることを目指すことになります。

梨状筋と坐骨神経2

 さて、この人の場合、今回梨状筋がこわばってしまったのは、股関節で大腿骨が本来の位置よりも外側にずれてしまったことが原因です。梨状筋の出発点(起始)である仙骨と終着点(停止)である大腿骨大転子との間が広がったために梨状筋は引き伸ばされた状態になりますが、その力に対抗しようとして梨状筋は収縮状態になります。これを梨状筋の緊張状態と表現してもよいと思いますが、このような原理で梨状筋が硬く太くなって坐骨神経を圧迫するようになります。
 ですから、大腿骨(大転子)の位置を本来の位置に戻す作業が必要になります。

 私は勉強会などで筋肉と骨格の関係を説明するときに、しばしば電柱とそこに張られている電線の関係を例に取り上げています。筋肉の最大の特徴は自ら伸び縮みすることですから、その時の能力の範囲内で伸びたり縮んだりしている分には問題は生じません。それはストレッチ運動を体験すればわかることだと思います。筋肉がジワーッとスムーズに伸びていく感覚は心地よいものです。ところが限界近くまで伸場されますと「それ以上伸ばさないで!」というサインが痛みとして現れます。ですからストレッチは心地よい範囲内で行うのが原則となります。
 もし、痛みを感じてもさらに伸ばそうとしますと、筋肉は自己防衛のために収縮する力を発動します。引き延ばされる力に対抗するためです。そしてこの状態は緊張状態であり、筋肉がこわばった状態ですから、筋肉はピーンと筋張って柔軟性を失い硬く太くなります。
 この原理を筋肉と骨格の関係にあてはめますと、筋肉が直接つないでいる骨と骨の間が本来の状態よりも離れますと、それは筋肉が引っ張られている状況と同じですから、筋肉はこわばり、硬く太くなります。そして反対に骨と骨の間が狭まりますと、筋肉はたるんだ状態になりますので、本来の能力(=収縮力)を発揮することができなくなります。筋肉の働きが不十分な状態です。

電柱と電線の関係

 さてこの人の場合、梨状筋の起始である仙骨と停止である大腿骨大転子の間が広がってしまったために梨状筋がこわばってしまったのですが、「なぜ間が広がったのか?」をまず考えなければなりません。
 股関節で骨盤と大腿骨を繋いでいる筋肉は幾つかありますが、一般に腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれている腸骨筋(ちょうこつきん)と大腰筋(だいようきん)は大きな影響力を持っています。
 そして腸骨筋は肩甲骨内縁にあります小菱形筋(しょうりょうけいきん)と、大腰筋は大菱形筋(だいりょうけいきん)と連動関係にありますが、ここでこの人の左側肩甲骨が本来よりも背骨に近づいている状況が絡んできます。

菱形筋と腸腰筋

 股関節で大腿骨が本来の位置よりも骨盤から離れているということは、腸骨筋と大腰筋の働きが悪く、大腿骨を骨盤に引き寄せる力が弱くなっている可能性が考えられます。ということは連動関係にあります小菱形筋や大菱形筋の働き=収縮力も悪くなっているはずです。
 この人の場合、左側の肩甲骨が背骨に近づいている、つまり小菱形筋と大菱形筋が直接つないでいる骨と骨の間が本来よりも狭くなっている状況ですから、これら二つの筋肉は働きの悪い状態になっています。
 繰り返しになってしまいますが、以上の状況から予想できますことは以下のとおりです。
  1. 左側の肩甲骨が背骨に近づいていることで小菱形筋と大菱形筋が収縮力を発揮できない状態になっており、
  2. それが連動する腸骨筋と大腰筋に及んでそれらの筋肉も収縮力の悪い状態になっているために大腿骨が股関節から遠ざかった状況をもたらし、
  3. 梨状筋が引っ張られて強くこわばってしまい坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を発症してしまった。
 ですから左側の肩甲骨の位置が坐骨神経痛の主な原因であるという予想となりますが、実際、私の手で左側の肩甲骨を本来の位置に引っ張りだします(背骨に近づいていたものを外側に動かして引き離す)と大腿骨の位置が骨盤に近づき、梨状筋のこわばりも改善しました。ですから、今度は「何故、肩甲骨が背骨に近づいてしまったのか?」という問題に取り組むことになります。

小指先の強いこわばりと僧帽筋と背中の痛み
 この人の仕事は終日パソコンでのデスクワークです。そして左手でのショートカットキーを頻繁に使っているとのことです。ショートカットキーを頻繁に使っている人の特徴として、小指の先端、第一関節の周辺が強くこわばっていることがあります。左手でのショートカットキーを頻繁に使っているのであれば、右手の小指に比べて左手の小指先が少し曲がったようになっているかもしれません。それは、小指先を軸にしてキーを押さえたまま他の指を操作しますので、どうしても小指に負担が掛かってしまうからです。

小指先の「こ」

 そして、この第一関節周辺の強いこわばりは手や腕の筋肉や筋膜のこわばりへとつながり、体幹の方につながっていきますが、この人の今回の場合は、僧帽筋(そうぼうきん)の中部線維の強いこわばりを招いていました。
 僧帽筋は背骨を起始(出発点)として肩甲骨を覆うように肩甲骨の外端(肩峰と肩甲棘)に付着していますので、こわばる(収縮する)ことで肩甲骨を背骨に近づけていました。さらに、僧帽筋中部線維の強いこわばりは「背中左側の痛み」を招いていました。

中部僧帽筋「こ」による菱形筋の「ゆ」

 小指先の強いこわばりは、第一関節付近の深部に、「コリッとしたマメ」のような存在として確認できます。第一関節付近の硬いところを揉んでいますと、次第に表面が柔らかくなりますが、そうしますと揉んでいる手先が奥の方に届くようになります。すると、この硬いマメのような塊を感じることができるようになりますが、その塊はちょっと圧するだけでもかなりの痛みを伴います。しかしこの硬い塊をほぐさないと様々な問題が解決しませんので、痛みをこらえていただきながら揉んだり、指圧し続けることになります。そして、2~3分くらい施術を行っていますとマメ状の塊が柔らかくなりますが、同時に僧帽筋のこわばりも解消されて肩甲骨の位置が本来のところに戻るようになります。
 
 上記で説明させていただきました理屈が正しければ、肩甲骨の位置が本来のところに戻りますと小菱形筋と大菱形筋の張りと働きが戻りますので、連動する腸骨筋と大腰筋の働きも回復して大腿骨と骨盤との関係が正しくなり、梨状筋のこわばりが解消されるはずです。そして坐骨神経の症状はなくなるはずですが、実際、そのようになりました。

--------------------

 この人は元々左肩の酷い五十肩をなんとかして欲しいということで来店されました。腕を抱えていないと夜も眠れないほどの重症でしたが、今は、まだ完全に良くなったとは言えませんが、ほとんど日常生活には支障がない程度になっています。
 「もしかしたら五十肩の原因もショートカットキーの使いすぎから始まったのかな?」などと思ったりしています。

 実際、コピー&ペーストなどで頻繁にショートカットキーを使われている人は多いと思います。右手や右腕や右肩に比べて「どうも左側が気になる」とか「左側が辛い、うっとうしい」などと感じているのであれば、それは小指先のこわばりが原因である可能性もあります。けっこう痛みを感じると思いますが、第一関節付近を「強い痛みを感じ、そして痛みが和らいでいく」まで揉みほぐしてみてください。きっと左側の状態が変化すると思います。
 ただし、表面だけほぐしていたのでは痛みも感じませんし、効果もありません。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html 

 現在、パソコンを操作することが日常の業務になっている人がたくさんいますが、そういう人たちに共通して必ずおかしくなっている筋肉があります。腕の肘から手首にかけてを専門用語で「前腕」と呼びますが、前腕を内側に捻る働きをする円回内筋(えんかいないきん)がそれです。パソコンでキーボードを叩く動作、ピアノを弾く動作、字を書く動作では、肘を下ろして手の甲を上に向けますが、その動作を専門用語では「回内」と呼びます。一日の長い時間をパソコン操作で使っている人、ピアノを何時間も引いている人、勉強で何時間もペンを握っている人は、円回内筋を使い続けていますので、この筋肉が強くこわばっています。ベッド仰向けで寝たとき、自然と手の甲が上になってしまう人はこういう人です。
 加えてパソコンではマウスを頻繁に使いますが、すると人差し指(示指)と親指(母指)の筋肉が知らず知らずのうちにこわばった状態になります。そしてこれらの筋肉のこわばりがいろいろと悪影響を及ぼしますが、それについて説明させていただきます。

円回内筋のこわばりは肩関節を不安定にし顎を硬くする

円回内筋のこわばり

 骨格の仕組みとして、前腕が内側に捻れる(回内)と上腕が外側に捻れる(外旋)という連動性があります。座った状態ではよくわからないのですが、仰向けで寝た状態の時、円回内筋がこわばって手の甲が上を向いている人の肩関節では、腕(上腕)が少し垂れ下がって外に開いたような状態になっています。肩関節が不安定な状態です。これによって上腕二頭筋(長頭)がこわばりますので、腕(上腕)を前面から掴むと筋肉がピンと張っていて痛みを感じるかもしれません。また、この肩関節の不安定さは首や顔に緊張感をもたらしますので、顎関節にも自ずと力が入ってしまい、少し噛みしめた状態になってしまいます。
 今、もしパソコンを使っているのであれば、例えば左手の掌を下に向けた状態(回内位)にしたまま右手で左顎関節や左首筋を触りますとなんとなく緊張を感じると思います。その右手を当てたままの状態で、左掌を外側に回し少し上を向けるように動かしますと、顎関節や首筋の緊張感が弱まりゆるむ感じがすると思いますが、いかがでしょう? (回しすぎて掌がすっかり上を向くような状態になりますと別の緊張がもたらされると思います。)この現象は、肩関節が不安定になると顎関節や首筋の筋肉がこわばってしまうことを意味します。(他の理由で元々肩関節が不安定な人は、変化を感じることができないと思います。)

 ですから、仕事でたくさんパソコンを使っている人、勉強をしたりしてたくさん字を書いている人、ピアノの練習をたくさんしている人などは、円回内筋がこわばるので肩関節が不安定になり、首や顔や顎に力が入りやすい傾向がある、ということになります。

 このような人に対しての施術では、時間を掛けて円回内筋のこわばりをゆるめる施術を行いますが、それだけでもからだの緊張感がかなり軽減するのがわかります。文明は急速に発達し便利さは飛躍的に増しましたが、からだには不自然な負荷がかかようになり、それはストレスであり、いらぬ緊張をもたらす弊害があることが、こういった事実を取り上げることで明になります。

円回内筋の「こ」とストレッチ

 ご自分で対処するセルフケアとしましては、円回内筋を伸ばすストレッチを行うことです。片方の腕を前に出し、反対側の手で肘の上を押さえて上腕が動かないように固定します。そしてその状態で、掌や手首を外側に捻る(回外)ようにして筋肉が伸びるのを待ちます。
 奥歯が噛み合っている人は、円回内筋が伸びるに従って自然と歯が離れていくと思います。あるいは、顎の力が抜けていくのを感じませんでしょうか。パソコンなどの作業をたくさんする人は、一日に何度もこのストレッチをしていただくことをお勧めします。

マウスを酷使すると母指と示指の筋肉がこわばる
 パソコン操作では頻繁にマウスを使いますが、すると母指先を曲げる長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)と示指を動かす筋肉がたくさん使われます。(示指伸筋と深指屈筋の示指につながら筋腹)

マウス操作における長母指屈筋・示指伸筋の「こ」

 以前の投稿で、母指と示指に力を入れて手を使うと首と肩に力が入ってしまう、という内容を説明しましたが、パソコンのマウス操作はまさにそのような感じです。前腕を回内位にしますと自ずと母指と示指を中心に手を動かすようになります。マウスを握り動かす時、母指球の側を中心(支え)にしてマウスを動かした方が、小指球側を中心に動かすよりも使いやすいのはそのためですが、マウスを頻繁に使うことによって母指と示指に関連する筋肉がこわばることになります。
 するとからだの使い方も、臍を中心とした体幹の内側や、太股~足にかけての内側が中心になるのではなく、脇の下から脇腹、骨盤の外側から太股の外側、ふくらはぎの外側に重心が掛かるようになります。これは効率の悪い状態ですし、O脚になりやすく、将来膝を痛める可能性が高まると考えられます。体型もスマートでなくなります。
 私の目から見ますと、街中にはO脚や、将来O脚になる予備軍の人がとてもたくさんいます。それは仕事がパソコンと切り離せないことと深く関係し合っていると思います。ですから、パソコン操作の弊害を溜め込まないように、毎日の終わりにリセットする意味で腕と手のストレッチやマッサージを習慣づけて欲しいと思います。

 先日、株式投資をしている人で、パソコン画面をマウスで頻繁に切り替えながら、多くの銘柄を一遍に見ているという人が来店されました。顔の右半分が右腕の方に引っ張られていて辛いとのことでした。右腕は棒のように硬くなっていましたが、特に長母指屈筋やその周辺の筋肉がとても強くこわばっていました。マウスの使いすぎです。
 そのこわばっている筋肉をゆるめて調整しますと、顔の状態も下肢がガニ股気味の状態も良くなるのですが、1週間後に来店されるとまた同じような状態に戻っていました。筋肉の使いすぎは良くありませんし、きっと気持ちを集中させて画面を見ているので呼吸も悪くなり、リズム感も悪くなってしまうので、どんどん母指や示指の筋肉がこわばってしまうのだと思います。

長母指屈筋と示指筋肉のストレッチ

 長母指屈筋も示指に関係する屈筋も前腕前面の奥深くにありますので、なかなか手が届きません。ですから、ストレッチの方法としては母指先と示指先を第一関節のところで反対側の指を使って引っ掛け、強めに反ることで伸ばすのが良いかもしれません。

 パソコンでばかり仕事をしている人は、うつむき加減で首(頭)が前に出やすく、肩が前に出て猫背気味という姿勢の特徴とともに、先ほども申しましたが重心が外側に掛かりますので、お腹や骨盤の力で座位を保つことができないため内股に力を入れて座るようになります。ですから体型的には外側に重心があってO脚気味なのに太股の内側がカチカチに硬くなっていたりします。背中~首筋~後頭部にかけてスーッとスッキリさせたいところですが、それがなかなか叶いません。想いとは裏腹になってしまうわけですが、それは筋肉連動の関係で、必然としてそうなってしまうのです。そして、この筋肉連動の出発点となる筋肉の一部が今回取り上げました円回内筋、長母指屈筋、示指に関係する筋肉です。うつむいて作業をすることによる筋肉のこわばりの弊害も除去しなければなりませんが、今回取り上げた筋肉をしっかりケアすることだけでも、かなりいろんなことが改善されると思います。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html   

 「物をつかむ基本は小指側で行う」というと驚かれるかもしれません。正確に表現するなら「小指側で支えて他の指を使う」となります。ぺんを使う、コーヒーカップを持つなど、何かをつかむ時はほとんどの場合、親指と人差し指をで行いますので“小指側”という表現に疑問がでるのは当然のことです。しかし不調のからだを改善しようとする時、この“小指側を中心に手を使う”ことは重要なポイントになってきます。
 動作や運動を行う時には原則があります。例えば自転車や自動車が道路を走る時には道路がしっかりしていないとタイヤは上手く動いてくれません。歩く時にも砂浜のように足場がしっかりしていないところでは、道路を歩くようには上手く歩けませんし非常に疲れます。道路が私たちの動きをしっかり支えてくれるので、思いのままに歩くことができ走ることができます。からだの動作も同様で、その動作を支えるものがしっかりしていないと楽に動くことができません。反対に言えば、しっかりとした支えがあれば動作がとても楽にスムーズにできるようになる、ということになります。
 ペンで字を書く時、小指を少し曲げて、つまり小指側の筋肉を少し収縮させてしっかりとした支えをつくることによって実際にペンを握って操作する親指と人差し指の動きが軽快で自由になります。ペンを握る親指と人差し指にギュッと力が入ってしまい筆圧が強くなってしまう人は、しばらく字を書いていると手が痛くなりますが、それは動作を行う指も動作を支える指も同じになってしまうからです。すらすらと字を書くためには小指側の筋肉をしっかりした状態にした上で字を書き続けることがポイントになります。

小指側が中心の人は手のひらが上を向き、親指側中心の人は手の甲が上を向く
 小中学生の頃、運動会でリレーをやった時、バトンをどの指で握っていたでしょうか。雑巾を絞る時、どの指に力を入れて絞っていますでしょうか。これらはからだの使い方の癖を表すとともに、壊れやすいからだか、壊れにくいからだかを予測するポイントにもなり得ます。
 
カップを持ち上げる動作

 たとえばコーヒーカップを持とうとしてカップの穴に人差し指をかける時、手の甲が上を向いた状態で穴の縁を親指と人差し指で挟むようにして持つ人は、小指側の筋肉を使っていない傾向の人です。穴の中に人差し指を入れると同時に小指を曲げて、どちらかというと手のひら側を上向き加減でカップを持ち上げる人は、小指側を中心に動作を行っている人です。
体の中心部ライン・外側部ライン

 これは以前にも記しましたが、からだを“中心”と“外側”に分けて考えた時、手では小指側が中心で、下半身では親指側が中心になります。つまり手の親指側と足の小趾側は外側です。“中心がしっかりしていると外側の動作がスムーズになる”と考えますと、中心部分をしっかりさせることが楽に動作するためのコツになります。
 からだの筋肉は必ず連動して作用するという特徴がありますが、その一つに拮抗関係があります。それは一方の筋肉が収縮する時は必ず他方の筋肉が弛緩伸張するという筋肉のシステムです。手の小指を曲げて小指球を収縮させますと母指球がゆるんで親指や人差し指側の筋肉が解放されるような感覚が得られます。親指と人差し指を曲げて母指球を収縮させると小指球がゆるんで小指、薬指、中指が解放されます。そして解放された指が自由に動けるようになります。ですから手首を柔らかくして太鼓を叩く、箸を使う、ペンを使うためには親指と人差し指が自由に動けるように小指球を収縮させる必要があるということになります。
 バトンを持って走るとき、落とすまいとして親指や人差し指に力を入れてギュッと握りしめてしまうと速く走ることはできません。そして自分の思いとは反対にバトンを落としやすくなってしまいます。走る姿が、“肩に力が入っている”ように見える人は、きっとこのような人でしょう。
 小指を中心に中指・薬指・小指の3指でバトンを握るようにしますと、手首や肩から力が抜けて脚が上がり速く走ることができます。

 感覚的には“小指でつかむ”、“小指で握る”というのが自然な在り方です。例えば皿を持ち上げて自分の方に引き寄せようとした時、実際には親指と人差し指で皿の縁をつまんで持ち上げるのですが、この時に小指を曲げて小指球を収縮させていないと皿が不安定になってしまい中の物を落としそうになります。食器を洗うとき、小指を伸ばしたままの状態で洗っていますと腕や肩がとても疲れます。肩こりの原因です。そしてこのような人はけっこう多いようです。手指を器用に動かして細かい作業をすのは親指と人差し指の役割ですが、つかんだものを安定させるのは小指の働きです。そう考えますと、あまり大した役割はしていないように見えてしまう小指が、実は非常に重要な働きをしていると言うことができます。
 つい親指と人差し指に力をいれて作業をしてしまう人は、その癖を直すために小指を曲げてから物をつかみ上げるような練習をするのが良いかもしれません。
 
小指と小指球を使う練習_カップ

肘から先が内側に捻れている人が多い
 ベッドに仰向けで寝たとき、からだの横に置いた手はどのようになっていますでしょうか。手の甲がすっかり上を向いた状態が楽であれば、それは肘から手にかけて内側に捻れている歪みの状態です。手のひらがすっかり上を向いた状態が楽であるという人はあまりいないかもしれませんが、少し手のひらが開き気味の状態であれば問題はありません。

手の使い方と腕の捻れ

 パソコンのキーボードで作業する姿勢は手の甲が上を向いた状態ですので、パソコン作業の多い人は肘から先(前腕)が内側に捻れている可能性が高いです。また、先に説明したように字を書くときに親指と人差し指にたくさん力を入れて筆圧が強くなってしまう人も前腕が内側に捻れています。それ以外にも、実際、前腕が内側に捻れている人がたくさんいます。
 からだの仕組みとして、前腕が内側に捻れているときは上腕(肘から肩にかけての骨)が外側に捻れます。自分で前腕を内側に捻ろうとしてもこうはなりませんが、骨格が歪んでいる場合はこのようになっています。そしてこのような人は肩関節に違和感や問題を抱えていることが多いです。四十肩や五十肩がなかなか治らない理由の一つでもあります。

 そして前腕が内側に捻れている状態では、小指側を中心(軸)に手を使うことはできません。からだの仕組み上、手の小指側を中心に動作ができないということは足の親指側つまり下半身の内側を中心に動作をできないということですから、からだの力は外側に流れてしまいます。これを体型的に表現しますと、脇が開いて肘が張り、肩が前に出て猫背になり、骨盤が開いてお尻が下がり、O脚またはガニ股になりやすく、足の小指が捻れてマメができ外反母趾になりやすい、となります。スマートさからはかけ離れてしまいます。
 ほとんどの事務作業がパソコンになっている今日の社会では、私たちのからだはこうなりやすいという現実があります。だからといって対策方法がないわけではありません。手首や前腕の内側への捻れを改善することが対処方法ですが、そのための一番単純で簡単な方法は、小指側の筋肉(小指球)を収縮させる訓練を行うことです。
 
小指球の収縮と母指球の解放

小指球の収縮

 例えば仰向けに寝た状態で手の甲が上になっている人は、親指と人差し指軽く延ばした状態で力を抜いてジワーッと小指球を収縮させるように小指を曲げます(この時手首を曲げてしまう人がいますが、そうならないように注意してください)。それと同時に母指球から力が抜け親指と人差し指が解放されていく感覚を味わいます。次第に前腕の筋肉も伸びて肘が楽になると思います。この動作を10回くらい繰り返しますと次第に手の甲が横を向き出し、甲を上にして寝ていることに違和感を感じるようになるはずです。前腕の捻れが少し改善された状態です。そして下半身や背中を観察しますと、背中から力が抜けて背骨自体の存在感が増し、下半身が伸びてリラックスできる状態になっているのではないでしょうか。
 手の小指側の筋肉がしっかりすることによってからだの中心部の筋肉がしっかりするため背骨がしっかりします。ですから背骨の存在感が増し、からだの芯を感じやすくなります。

 今、“もっと楽に効率よく歩ける”ようになるために、からだを整えるとともに歩き方の練習をしている人がいます。この方の癖は、ついつい首肩に力が入ってしまい動作の中心がからだの上の方になってしまうことです。ちょっとだけ歩く分にはいいのですが、長く歩いていると呼吸が上がってしまい、腰やお尻が痛くなってしまいます。この方の前腕は内側に捻れていて肩関節に痛みがあります。
 この方には、前述した小指球を収縮させる練習と、座った状態で背骨と背筋だけに集中して力を集める練習をいていただき、その後で歩いてもらいました。すると首肩から力がすっかり抜けて、しかし背筋はしっかりと伸び、うつむき加減だった視線がしっかりと前を向くような歩き方に変わりました。外から見ますと背が高くなったように感じますし、本人の印象としては「視界が高くなった」となりました。
 からだの中心に力が集中するようにしただけです。それも施術ではなく、自分の意識の向け方を変え、簡単な練習をしただけです。とても単純なことですが、この練習を毎日、それが自分の自然な状態になるまで根気強く行っていただければ、この問題は施術の必要がなく解決してしまうことでしょう。

 ある若い学生が「腕の外側の筋肉が痛くて‥‥」と訴えてこられたので、私は“手の親指側~肩の外側にかけての筋肉”の問題だと予想しました。ところが話を聞きますと、それは小指側の筋肉~肘の内側にかけての問題でした。この方は常に脇が開き、肘が張って腕が内側に捻れている状態なので、この方の意識では私が内側だと考えている方が外側になっていたのです。
 先にも記しましたが、腕が内側に捻れる問題、それに付随して起こる猫背、O脚、外反母趾や体調不良の問題は隠れた現代病であるとも言えます。本来の自然なからだの在り方には反しています。スマホやパソコンが大きなウエイトを占める今日の社会生活ではこういった方々が増えてしまうのでしょう。

 手の使い方が不自然でも、腱鞘炎やバネ指以外で直接的に手指や手首に不調が現れることは少ないかもしれません。ですからほとんどの人は普段、手の使い方については何も気にしていないと思います。ところが実際には手指の使い方の問題で腰痛や膝痛の原因になっていたり、ここで説明しましたように体型のくずれから首肩の張り、むくみ、体調不良の原因になっていることもあります。たかが“手の使い方一つの問題”と受け取られるかもしれませんが、施術において何かの症状を改善するときの最後の決め手になるのは手指の問題であったりします。
 字を書き続けると手が疲れたり、箸がうまく使えなかったり、食器洗いが苦手だったりする人は手指に問題があったり、手の使い方に問題がある可能性が高いと思います。
 からだに不調のある方は、どうぞご自分の手の使い方について検証してみてください。

 ペンや箸の持ち方は“個性”という面もありますので、一概にどうこう断言することはできません。しかし、ご自分が“本当はちゃんと持ちたいのに、それでは上手く使いこなすことができない”と思っているのであれば、それは筋肉の働きに問題があるからかもしれません。
 
ペンの持ち方

 先日来店された若い女性は、写真下のようにペンを人差し指と中指の間に挟んで使っていました。箸も上手く使いこなすことができないとも言っていました。そしてこの方は人差し指の延長線上、手首を越えたところにガングリオンができていました。
 この方の手や腕を調べていくと、橈骨の手首側が少し浮いていました。そして人差し指には全然力が入らない状態でした。この橈骨のずれはおそらくガングリオンと関係が深いと思います。
 浮いている橈骨を私が手動で沈め正常な位置に戻しますと、途端に人差し指に力が入るようになり、ペンを写真上のように持って使うことができるようになりました。本人は、幼い頃からペンも箸も上手く持つことができずにいたし、字を速く書くことができなかった、と言っていました。
 その後、施術によって橈骨の状態をしっかりさせ、ペンを持って字を書いていただくと、持ち方はごく普通になり、人差し指に力が入るため、しっかりとした字をスラスラ書くことができるようになりました。そして面白いことに、この状態で以前のような持ち方(写真下)をしていただき字を書いていただくと違和感を感じると言っていました。写真上の持ち方の方が自然な感じになるということでした。
 これは使い方が変わるように整体施術を行ったということです。浮いてた橈骨を浮かない状態に修正した結果、人差し指に力が入るようになったので、人差し指と親指でペンを挟む持ち方の方がしっくりし、自然の形になったということです。もし橈骨の状態を直すことなく人差し指にばかりにとらわれ、いろいろ施術してみたところで、普通の持ち方で自然と上手く使える状態にすることはできません。

 箸の使い方も同様だと思います。箸を上手く使えるよう練習してもなかなか使いこなすことができないと思っている方は、骨格的に修正すべき点があるのだと思います。親が子供の箸の使い方に不満があり、それを矯正するために口うるさくしつけたとしても、本人の手や腕の骨格に問題があるなら、何度練習しても上手くできないため、それは“しつけ”ではなく“しごき”になってしまい、強い精神的ストレスになるのだろうと思います。
 また、大人であってもこの方のように「箸の持ち方も‥‥」と思われている人は、マイナス思考を抱いているよりも“骨格を整えるだけで上手くできるようになりますから”と一度骨格を修正することをおすすめします。
 
前腕の骨と屈筋

親指・人差し指と中指・薬指・小指は役割が違う
 肘より手首にかけてを前腕と言いますが、前腕には二つの骨があります。小指側を尺骨、親指側を橈骨と呼びます。手首付近では橈骨の方が太く親指側にありますので、一般的なイメージでは橈骨が前腕の中心であると思われているかもしれませんが、実際は小指側にある尺骨が中心になっています。筋肉の働きも同様で、尺骨に付着する筋肉が“力を出す働き”をし、橈骨に付着する筋肉が“細かい動き”を行います。そしてざっくり区分けしますと、親指と人差し指を曲げる筋肉は橈骨側にあり、中指・薬指・小指を曲げる筋肉は尺骨側にあります。ですから、何かを力強く握るとき、小指を中心に中指・薬指を合わせた三本の指で握るのが正しい在り方です。野球のバットを握る。テニスのラケットを握る。車のハンドルを握る。これらの動作は小指・薬指・中指の三本を中心に行わなければ体は崩れてしまいます。ところが緊張したりリキんだりしますと思わず親指と人差し指に力が入ってしまいます。すると手が細かい動作をすることができなくなるばかりでなく、肩にも力が入ってしまい肩こりを招く原因となります。
 字を書くとき、ペンを親指と人差し指でつまみますが、その時小指を軽く曲げます。小指を伸ばしたままだとペン先に力が入らないため、字を書く動きが頼りなくなり遅くなります。小指を曲げること、すなわち尺骨側の筋肉を収縮させることによって支えがしっかりするため、ペン先の細かい動きがスムーズにできるようになります。

 親指と人差し指は字を書いたり、箸を使ったり、針を使ったりと細かい作業を行うための指です。そしてその他の三本の指はその動作を支えるための指です。それが一般的な動作の基本だと考えます。
 先日、趣味でミュージックベル(ハンドベル)を長年されている女性が親指の腱鞘炎で来店されました。施術後、「どのようにベルを持っているのですか?」と再現してもらいました。すると柄を親指と人差し指でギュッと握り締めました。その状態でベルを動かし演奏しているとのことです。
 「その持ち方では腱鞘炎にもなるし、肩も凝るし、体に良くありません」と申し上げました。親指と人差し指に力を入れてしまうと肩に力が入った状態になり体の動きは制限されます。その状態で音楽演奏のような繊細な動きを行うことは体にとって非常に迷惑なことです。「小指を中心に中指・薬指の三本で柄を握り、親指と人差し指は軽く握って遊びを持たせた状態にすることで、繊細な動きが自在にできるようになるはずです。」と申し上げました。
 
 “小指を握ることで動作の支えとし、その土台があって親指と人差し指が自由に動けるようになる”

 そんなふうに考えていただければと思います。

 今回の話題を“些細なこと”と思われるかもしれませんが、体には使い方の道理があります。道理に従って使っていれば、体に不具合を招く可能性は低くなります。ところが道理に反して使っていますと、それは部分的な不具合だけでなく、体全体を歪ませ、思わぬところに不調を招く原因となります。
 目・口・手、これらは体の歪みの出発点になるところです。体の歪みが気になる方は、これらの使い方を見直してみてください。

 手の指を動かすと痛みを出す症状に腱鞘炎(けんしょうえん)があります。また、指を曲げると伸ばそうとしてもカクンとなって、スムーズな指の曲げ伸ばしができないものに“ばね指”があります。ともに腱と腱鞘(けんしょう)に関係する症状です。
 
手指屈筋の腱

 ここで、“腱”と“腱鞘”について少し説明させていただきます。
 腱は、筋肉の延長線上のもので、骨に付着する部分を言います。筋肉はそれ自身が伸び縮みして骨格の運動を行うものですが、それが骨に結合する部分では腱と呼ばれる結合組織(伸び縮みしないとされている)に変化します。腱の太さや長さは筋肉によって様々ですが、手指や足趾の運動に関わる腱はとても長いものになっています。
 例えば手の指を曲げる筋肉に浅指屈筋・深指屈筋がありますが、その筋肉の中心部分(筋腹)は手ではなく、肘から下の前腕にあります。これらの筋肉は手首の手前で細い腱に変わり、各指につながります。ですから手のひらには腱しかないということになります。(手には手首を超えた部分(手根)から始まる短い筋肉もあります。)
 
手の腱鞘

 手指や足趾につながっている腱は、操り人形を操作する紐のようなものだとイメージしていただいてもよいかと思います。そして手や足の内部では、これらの腱がスムーズに動くことができるよう、腱の一つ一つがそれぞれの腱鞘というトンネルにくるまれています。つまり指を動かすということは、腱鞘というトンネルの中を腱(紐)が往ったり来たりしているという姿に他なりません。
 腱鞘の内部は腱がスムーズに動けるよう非常に滑らかになっています。ところが何かの理由で腱と腱鞘の間で摩擦などが生じますと、そこが炎症が起き、腫れたり痛みを出すようになります。そしてこれが腱鞘炎です。また、腱が腱鞘の中で引っかかってしまい一時的に動けなくなってしまうと、ばね指の状態になります。

腱鞘の圧迫や捻れが主な原因と考えられる
 腱鞘という滑らかなトンネルの中を腱がスベリながら往ったり来たりするわけですが、腱鞘が何らかの理由で本来の有り様でなくなると腱と腱鞘との関係に歪みが生じます。するとどこかに摩擦が生じ軽い炎症が起こります。この状態が長く続きますと、炎症した部分はやがて腫れるようになります。腱鞘が腫れる(内側に膨らむ)と腱を圧迫した形になりますので、腱の動きはとても制限されたものになります。それでも腱を動かし続けているとやがて痛みを感じるようになり、周りの組織にも炎症が及ぶため外見的にも腫れが目立つようになります。ここまで症状が進みますと、ちょっとしたことでも強い痛みを感じてしまうようになりまう。本格的な慢性的腱鞘炎です。

 さて、腱鞘炎に対する私の施術経験から申し上げれば、腱鞘を歪ませている原因は手首の捻れであったり、指の捻れです。病院では「使いすぎ」という診断が多いようですが、私の見方は違います。手首や指が捻れた状態で使い続けているので上記のように状態が次第に悪化していき、ある時、強い痛みを感じるようになり動かすことがつらくなった、と考えています。ですから改善の方法は、手首や指の捻れを修正することが要になります。
 手首が捻れているとか、指が捻れているというのは、普通の人にはわかりにくいことだと思います。私は毎日何人かの手を触り続けていますから、すぐにそれに気づくことができます。そして「○○のようにずれています」とか「△△のように捻れています」と説明しますが、ほとんどの方はそんなことが腱鞘炎に影響しているとは考えも及ばないようすです。腱鞘炎にならずとも手首が本来の状態ではない人は、本当にたくさんいます。仕事でパソコンを使っている人のほとんどは手首が捻れたりずれたりしています。

 上図で確認できると思いますが、手首が捻れますと腱鞘も捻れます。手首がずれますと腱鞘はどこからか圧迫を受けます。指の捻れやずれも同様です。そのために、最初は軽微な炎症で、手指の動きに違和感も感じないほどのものだったものが、同じ状態で使い続けているとやがて指の動かし方に違和感を感じるようになります。それでもさらに同じ状態で使い続けていますと、指を動かすことのできないほどの痛みに襲われるようになります。
 ここまで状態が進みますと炎症はかなりひどくなっていますので、腱と腱鞘との間に隙間が見られない状態になってしまうため、“手術”という言葉もお医者さんから聞かされることになるかもしれません。

 ばね指も上記とほとんど同じような状況です。ただ、これまでの経験で申し上げれば、ばね指や“曲がりきらない指”の場合は、単にその側の手指や手首の問題だけでなく、反対側の腕や肩、あるいは体全体の捻れも手指の問題に加えて影響している場合が多いです。

 腱鞘炎やばね指に限らず体の不具合は、症状が出たあと早めに施術すればすぐに改善しますが、我慢に我慢を重ねてこじらせてしまった場合は、すぐに改善するとは言い切れません。症状がでてから整形外科を受診し、それでも駄目で接骨院を何件か行き、発症から何ヶ月も経ってから私のところに来るという人が実際のところほとんどです。何とか1回で痛みを感じない状態にしたいと思っていつも施術にあたっていますが、慢性化してしまったものは、そう簡単にはいかないというのが正直なところです。
 それでも、手首や手指の捻れを解消することが原則であることには変わりがないといつも考えています。
 仮に、痛み止めや抗炎症の注射などで痛みや炎症が治まる状態にしたところで、腱鞘の捻れや歪みが解消しなければやがてすぐに再発する状況になってしまうでしょう。そして腱鞘を不自然な状態にしているのは、手首や指の捻れであり、その捻れがどこからもたらされているのか、それを改善することが本当の意味での改善だと考えています。

↑このページのトップヘ