ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

2020年04月

 新型コロナウイルスの影響が長引く中で、多くの人が長い時間マスクを装着しています。ほとんどのマスクは、耳にゴムを引っ掛けて装着するタイプですが、それによるからだへの負担と弊害、そして、日々のケアについて説明させていただきます。

マスクを着けると頭がボーッとする

 もう花粉症の時期も終わりに近づいていますが、毎週来店されているMさんが2月初旬から花粉症対策のためにマスクをつけ始めていました。
 そして、来店されると「マスクをつけると何となく頭の中がボーッとするようで‥‥。」と仰いました。
 「それはマスクのゴムに耳が負けてしまっているんです」と私は答えました。
 「???」と、たぶんMさんは思われたと思います。

 ところで、軽い難聴や軽いめまいなどを訴える人には、耳が本来の位置よりズレていたり、あるいは「耳が取れそう」と私が感じるくらい耳のつけ根がゆるんでいることがあります。
 「耳が取れそう」という状態を言葉で説明するのは非常に難しいのですが、当人は耳を軽く引っ張られただけでも不安感を感じたり、不快感を感じたりする状態だと表現できるかもしれません。

 このような状態のときはマスクのゴムといった軽い刺激ですら、からだは嫌がります。そしてその「嫌!」という反応がMさんの場合は、頭の中がボーッとする状態だったのです。

 この時は、私はMさんの頭部周辺を施術して、耳がしっかりと安定した状態になるようにしました。そうすることで、外出時に装着する程度の、マスクのゴムの刺激であれば問題が無い状態になったと思います。
 その後も毎週来店されていますが、その時以来、この話題は一度も出ませんし、今も尚、新型コロナ対策でマスクを装着していますが、特に問題は感じていないようです。

頬がたるんで口角がさがり、口元に力が入らない

 顔を整える目的で定期的に来店されているSさんは、新型コロナのこともあってか、しばらくご無沙汰でしたが一月半ぶりに来店されました。
 そして、「口元がたるんで、ほうれい線が目立つようになって‥‥。それを直して欲しい」と仰いました。

 Sさんは終日パソコンを使う仕事に従事していますが、眼精疲労や座り続けることの弊害などがあって、顔が下がり、目元がこわばりやすいといった状態になりやすいタイプです。
 ですから、顔の問題とはいえ、全身を整える必要がありますので、今回も同じように施術を行っていきました。

 施術内容は毎回同じような感じなのですが、顔の下がりも改善して良い状態になりました。しかし、今回は口元を中心に頬や口角の筋肉が腑抜けのような感じで、垂れたままの状態に残ってしまっていました。

 「何か変だな?」と思いましたので、
 「頬の状態が戻らないのですが、何かいつもと違ったことでもしましたか?」
 「たとえば、エステで超音波をしたとか、電気を掛けたとか?」
 と尋ねました。
 「いえ、別に何もしていないし、思い当たることもないですが‥‥」という応えでしたが、
 「マスクをしているときが酷くなるのですが、口元に力が入らなくなり、ダラーッと垂れてしまうようで‥‥」とも仰いました。

 それを聞いてすぐに「これ(マスクのゴム)が原因だ!」と私は思いました。
 そこで、両耳の状態を確認してみました。
 先ほどのMさんのように「耳がゆるんで取れそう」という感じではありませんでしたが、ちょうどマスクのゴムが当たる耳たぶと頭との境辺りの筋膜がゆるんだ状態になっていました。
 そして、その筋膜のゆるんだところに手を当ててケアをしていますと、次第に口元や頬の筋肉に張りと力感が戻ってきました。

 SさんはMさんと違って、耳が不安定な状態ではありませんでしたが、仕事と通勤の長い時間にわたってマスクを装着し続けていますので、ちょうどマスクのゴムが当たり続けている部分の筋膜が疲弊した状態になってしまったのだと思います。
 そして、その影響で頬から口元にかけての筋肉と筋膜の働きが悪くなってしまっていたのです。
 私はその疲弊してしまった部分に3分くらい手指を当て続ける施術を行っていましたが、それで頬や口元の状態は良い感じに戻ってきました。

 この新型コロナの問題でマスクを装着しなければならない状況はまだまだ続くと思います。ですから、日々のセルフケアとして、寝る前に2~3分間、自分でそっと手を当てるケアをするようにアドバイスしました。
 「どこに、どのように手を当てれば良いですか?」とSさんは質問されました。
 「適切な場所と深さに手指が当たれば、ゆるんだ口元がしっかりするように感じますので、そうなるようにやってみてください。」と私は応えました。
 そして、「口元や頬を一生懸命マッサージなどしてもまったく無駄ですし、かえって逆効果になってしまう危険性もあるので、耳と頭の境のその部分だけケアしてください。」と申し上げました。

 今回は耳に掛けるマスクのゴムの弊害について、MさんとSさんの例で説明させていただきました。
 Mさんは耳の位置がずれていて、耳と頭のつき方が不安定なことが原因でした。ゴムによって耳が前に引っ張られた状態になりますと、からだはそれを不快に感じ、頭の働きが悪くなってボーッとする反応を呈しました。
 Sさんの場合は耳の状態に問題があったわけではありません。しかし、マスクのゴムという軽い圧迫ではありますが、それが長時間にわたって同じ場所に加わり続けたことによる弊害が現れました。その部分の筋膜が疲弊した状態になり、その影響で顔の表情筋や筋膜の働きが低下していしまい、頬が下がり、口元がゆるんでしまうという症状が現れました。

 私たちのからだは、このように思い掛けないことの影響で、不調を感じたり不具合を呈することがあります。
 そして、このような話題になりますと、「どの枕を選んだら良いのか迷ってしまう。」「枕を変えたばかりの時は調子良いんだけれど、使い続けているとやっぱり合わなくなってしまう。」という皆さんの話題をいつも連想してしまいます。
 それは枕が合わないのではなく、枕に当たっている面積が大きいと、その部分の筋膜が疲弊してゆるみ過ぎた状態になってしまい、圧迫に耐えられなくなって首や肩に力を入れて頑張ったり、歯ぎしりや噛みしめて頑張ったりしてしまうのだと思います。ですから、寝ていてもリラックスできなくて、それが辛いのだと思います。
 私たちのからだは寝たときに後頭部が枕(床)に当たるように出来ています。首は床に接触しないようになっています。ところが健康に良いとされている現在流行の枕は、首をサポートするという理屈で首に当たる面積がとても大きくなっているようです。
 少しの時間であれば、首がサポートされることの有益性が感じられると思います。しかし、その枕を使い続けていますと、やがて首の筋膜は枕からの圧や摩擦によって疲弊した状態になってしまうと思います。そしてやがて圧や摩擦に耐えられなくなり症状が現れるのだと思います。つまり、「床ずれ」と同じような感じです。
 そう考えますと、首はフリーになっている状態が好ましく、寝返りができやすい状況が好ましいと考えることができます。枕や床と接触していることが嫌になったらすぐに寝返りができて、頻繁に接触面を変えることができれば、皮膚も筋膜も疲弊することはありませんので。

 話しをマスクの話題に戻しますが、コロナに関係してまだまだマスクが必要な状況は続きます。
 Sさんのように長時間マスクを装着し続けることで色々な弊害や症状がもたらされる可能性は高いと思います。今回の話題が皆様の参考になれば嬉しいと思っています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 薬局を経営されている60歳代後半の女性Sさんが、4ヶ月ほど前から首を普通に保つことが出来なくなってしまったと来店されました。「年末の仕事が忙しく、ずっと下を向いた状態でいたのがいけなかったのかなぁ?」と仰っていました。

 からだの状況を観察しますと、立位では、首はその根元(第7頸椎)のところからすっかり前に倒れていて、無理をしないと首を起こして正面を向くことができません。
 首が倒れたままの状態で頭を回旋させ、横を向きながら覗き込むような感じで目の前の相手と会話しなければならない状況です。
 そして、下腹を大きく前に出すような反り腰で、その反動として猫背であり、確実なかかと重心です。骨盤はすっかり後傾していて、お尻はすごく垂れた状態になっていました。

 座位では背もたれもないのに、背もたれのある椅子に座っているように上半身が後に傾いています。
 「少し上半身を前傾させるように座ってみてください」と申し上げても、それができません。坐骨のかなり後側に重心があって、そこから重心を前に移動することができないので、前傾姿勢ができないのです。

ポイントは3つ

 Sさんは、これまでにギックリ腰の経験はなく、腰痛の経験もそれほどないとのことです。それなのに下腹を前に突き出すような反り腰の立ち姿になってしまったのは何故なのか? という疑問が生じます。(この疑問に対する明確な答えはまだ掴みきれていません)

 反り腰の姿勢は、それだけで猫背をまねき首が前に出てしまいますが、おそらく何十年もその姿勢を続けていたと予想されますので、背面の筋肉はゆるみきった状態になっていると思われます。そして前に出た首を支えるために、首前面や胸元の筋肉は反対に硬くなっていると思われます。

 そして全身を触りながら確認していきましたが、実際そのような感じになっていました。
 お尻の筋肉はとてもゆるゆるで、「しっかりした状態に戻せるだろうか?」と考え込んでしまうほどの状況でした。
 それでも、この問題(反り腰)が1番の要だと感じました。骨盤の後傾が改善され、お尻の筋肉がしっかりすれば、骨盤を中心に動くことができるようになって反り腰は改善されると思います。反り腰が改善されれば、猫背も改善され、首は自ずと立ってくると思います。
 ですから、次の3つのポイントに重点をおいて施術を行うことにしました。

  1. 反り腰の改善‥‥かかと重心にも通じることですが、骨盤が前傾して中殿筋に力が入る状態になれば、骨盤を中心に立ったり座ったりすることができるようになります。すると自然と反り腰状態は改善されていきます。
  2. ゆるんだ背面筋肉の機能回復‥‥長年の姿勢や下を向き続けることの多い仕事の影響で、首の後側の筋肉が伸びきった状態になっています。そして、その状態は首の後側だけでなく、背骨を支える筋肉(脊柱起立筋群)にまで及んでいますので、普通の人なら何の苦もなく行える「顔を上げる動作」ができない状態になっています。
     うつ伏せで寝た状態で、頭を上げて前を向くことが出来ないことからも、それがわかります。
  3. 首の前面~胸にかけてのこわばった筋肉の改善‥‥猫背で首が前に出てしまった姿勢であり、さらに首背面の筋肉が働きの悪い状態でありながら、なんとか首の状態を支えるためには、首前面の筋肉で頑張るしかありません。
     ですから、首前面の筋肉は強くこわばった状態になっていましたが、こわばりは胸回りの筋肉にまで及んでしました。顎は噛みしめ状態になって緊張していますので、肩こりも酷くなってしまいます。

 上記の3つのポイントは互いに関連し合っていますので、一度の施術で全部を行う必要があります。
 たとえば、首後面の筋肉を調整を行わないまま首前面のこわばりを取ってしまいますと、首を支えるために頑張っているのものがなくなってしまいますので、症状はさらに悪化してしまいます。
 このことは重要で、一般の人は「硬いところをほぐせば良くなる」と思っているようですが、首後面の調整を行わないまま、硬くこわばっているところを揉みほぐしたり、あるいは低周波などの電気をかけてゆるめたりしますと、とんでもない状況になってしまう可能性もありますので十分に注意してください。

反り腰を改善するために

 反り腰は「下腹を前にだしてバランスを取っている姿」とも解釈することが出来ます。ですから、「どうして元々のバランスが崩れてしまったのか?」という問題を追及しなければなりませんが、多くの場合で、ケガ(ギックリ腰や肉離れも含む)や歯の治療や手術といったことがきっかけになっています。ところが、Sさんの今の段階では記憶では、そのようなものは覚えもなく思い出せないとのことでした。(何度か施術しているうちに、フッと思い出すかもしれません。そのような人は多いので)

 Sさんの下腹を前に出す姿は骨盤に寄りかかっている状態であるとも解釈できます。このような状態をほとんどの人は骨盤を使って立っていると認識するかもしれませんが、それは間違いです。ただ骨盤に寄りかかっているだけです。

 反り腰の人は、骨盤が後に傾いていてお尻の筋肉がたるんでいるという特徴があります。若い人や子供たちはお尻の筋肉がプリプリしていますのでたるんでいるようには見えないかもしれませんが、年齢や若々しさに関係なく、骨盤が後傾しますとお尻の筋肉はたるみます。

 ですから、反り腰を改善するためには骨盤の後傾を改善する必要がありますが、要となるのは骨盤の中心である仙骨・尾骨です。

 仙骨は直接背骨(脊椎)に繋がっていますので、頸椎の状態や頭蓋骨(後頭骨)の影響を受けます。また尾骨は会陰や肛門を含んでいる骨盤底筋と直接関係していますし、間接的には太股裏側のハムストリングや大内転筋などの影響を受けます。

 椅子に座り続けることの多い人は骨盤底筋が硬くなっていますので、ストレッチは有効です。

 また、ふくらはぎがガチガチに硬くなっているのに反して、太股の裏側がユルユルになっている状態の人がいます。それはかかと重心の兆候であり、足裏の筋肉も硬くなっているはずです。ですから足裏の筋肉をよく揉みほぐすことは対症療法として有効です。
 ふくらはぎの筋肉は足の指(足趾)や足裏の筋肉の状態が反映されますので、硬いふくらはぎを揉みほぐすよりも足裏や足趾をよく揉みほぐした方が効果的です。
 そしてふくらはぎの筋肉の硬さが改善されますと、太股裏側のユルユルも良くなってしっかりとした感じになりますが、仙骨の状態もしっかりして、ある程度骨盤の後傾は改善されると思います。
(専門的には、半膜様筋と大内転筋の状態が良くなることが肝心です)

 頭部や頚部の問題で脊椎が歪み、その影響で仙骨が下がって骨盤が後傾している状況もあります。これについては、他(以下)の2つのポイントを調整することで修正します。

ゆるんでいる背面筋肉の回復

 ゆるんで働きの悪くなっている状態の筋肉を、私が専門家として施術で回復させるためには、以下の2つのことを行います。

  1. 筋肉の働きを邪魔する要因となっている骨格(脊椎)を調整する
  2. 細胞の働きが悪くなっている部分にエネルギーがやって来て細胞の働きが活性化するように手を当てる

 背骨は24個の脊椎が繋がって形成されていますので、一つ一つの脊椎(椎骨)はある程度自由に動ける状態になっています。そしてそれが故に、骨格は歪みやすいわけですが、椎骨が下を向いた状態(背骨の出っ張り=棘突起は上を向いた状態)では、その部分の筋肉は収縮しづらい状況になりますので、仙骨を引き上げる能力が低下してしまいます。
 ですから、脊椎の一つ一つを確認しながら椎骨が下向きになっているものを正すように調整を行います。(施術の詳細は省きますが、背骨をバキバキすることは全くありません)

 このブログを読んでくださっている人には何度もこの話を出して恐縮しますが、筋肉がゆるんで働きが悪くなってしまった状態は、伸びきってしまい戻らなくなったゴムにたとえることができます。ジャージやパジャマなどのウエストのゴムは使い続けているうちに伸びてしまい、ダラーンとしてしまいますが、筋肉も疲弊してしまいますと同じような感じになってしまいます。

 猫背の姿勢では、肩甲骨周辺の山(出っ張り)の部分の筋肉は伸びやすくなってしまいます。加えて首が下に向いているわけですから、首後面の筋肉は伸ばされ続けているわけで、疲弊して戻らないゴムに近い状態になってしまうのは当然のことであると言えます。
 ただ、ゴムはその弾力性や収縮力を取り戻すことは不可能ですが、筋肉の場合は、少しずつでも機能を回復することができます。そこに望みはあります。そして、そのためには筋細胞がしっかり働けるようになることが必要ですし、エネルギーが必要です。ですから、手当ては有効な手段です。

首前面~胸にかけてのこわばり

 私たちのからだには「補ってバランスをとる」という仕組みが備わっています。
 たとえば、左足の小指をケガして小指側に荷重をかけられない状態になったとします。すると、からだが勝手に調整して自動的に右足を主体にして動くようになったり、あるいは左足の親指側で頑張るようにして小指側の負担がなくなるような使い方をするようになったりします。

 Sさんの場合もこの仕組みが働いて、ゆるんで働きの悪くなっている背側の筋肉を補うように自動的に腹側の筋肉が頑張って姿勢を支えるようになります。つまり、腹筋や胸筋や首前面や喉の筋肉が背筋の分まで頑張るのです。ところが、反り腰の姿勢が影響して下腹の筋肉(腹筋)もゆるんでしまい力が入らないので、胸~首にかけての筋肉で頑張るしかない状態になってしまいます。
 ですから、胸回りの筋肉と首前面の筋肉はこわばった状態になっていますが、それもまた、首を上げることが出来ない原因になっています。

 斜角筋(しゃかくきん)はこのブログでもしばしば登場する筋肉ですが、首の運動と運動制限に深く関与する筋肉です。
 文献上は、その本来の働きは呼吸運動を補助することになっています。しかし実態は、頚部の不快感や首のコリと運動制限などの原因になる筋肉です。さらに、そしゃく筋と深い関係にありますので、噛みしめや歯ぎしりなどの癖に直接関わっています。
 また、頚椎を歪める筋肉ですので、脳神経の働きにも影響をもたらします。中斜角筋が強くこわばって眼の働きが悪くなっていることは頻繁に見受けられる現象です。

 Sさんの場合、普通はあまり見られない現象として3つある斜角筋のすべてがこわばった状態になっていました。つまり、3つの斜角筋のすべてが首(頚椎)を前下に引っ張っている状態でした。この状態では、首を起こすことは難しいですから、斜角筋のこわばりを解消することが必須事項となります。

〇大胸筋のこわばりと前鋸筋のこわばり

 Sさんの斜角筋がこわばっている原因を探していきますと、胸に拡がっている大胸筋が硬くこわばっているところにたどり着きました。中でも腕のつけ根の辺りの線維が強くこわばっていました。
 胸を揉みほぐすようにしてこわばっている大胸筋をゆるめますと、頑固にこわばっていた斜角筋が少しずつゆるみ始めました。

 そして次に大胸筋がこわばっている理由を探しましたが、それは体側にあります前鋸筋(ぜんきょきん)の硬さが原因でした。長年にわたるこわばりの蓄積なのか、ゆるめる施術を行ってもなかなか筋線維がゆるみません。前鋸筋は手の親指と関係する筋肉ですが、脇が開いた状態で手を使い続けていたのかもしれません。
 両側の前鋸筋をしばらくの間ゆるめていましたが、すると呼吸が深くなり始めて次第に全身から力が抜けていきました。そして、大胸筋のこわばりもゆるみ、斜角筋や首周りの他の筋肉もゆるんで、楽な状態になりました。

 私の施術は、筋肉の連動や骨の連動といった仕組みを利用しながら全身を整えていくものですが、前鋸筋と大胸筋が連動し、さらに斜角筋が連動するといった流れがあることは認識していませんでした。しかし、今回は明らかにこのような現象が起きました。
 このことについては追々考察していこうと考えていますが、もしかしたら腹筋が使えない状態だったために、胸回りの筋肉が総動員で頑張っていた結果として前鋸筋も大胸筋も斜角筋も全部硬くなってしまったということなのかもしれません。

 さて、以上の3つのポイントについて施術を終え、ベッドに座っていただきました。すると、すっかり良くなったというわけではありませんが、背もたれに寄り掛かるような姿勢ではなくなっていました。ほぼ垂直な感じで座ることができていて、首も立ち、まっすぐ正面を向くことができる状態になっていました。
 そして、立位を確認しましたが、反り腰状態もだいぶ軽減していました。かかと重心がすっかり良くなったわけではありませんが、施術の方向性は正しいと知ることができました。

 Sさんから話しを伺いますと、若い頃から反り腰だったようです。
 長年にわたるその癖はすぐには改善できないと思いますので、何度か施術を行っても「3歩進んで2歩下がる」というような感じになると思います。しかし、やがては確実に症状は克服でき、さらに反り腰と猫背が改善されれば、この先、効率的で快適なからだの使い方ができると思います。


 前述しましたが、今回の説明で皆さんに知っておいていただきたい大切なことは、3つのポイント全部を調整しなければ良い結果を期待することはできないということです。
 そして3つはバラバラにあるのではなく、密接に関連し合っています。
 反り腰によって猫背になり、背面の筋肉が伸びて首が支えられなくなり、それを支えるために首前面~胸にかけて硬くなり、それが故に益々猫背が進み、それが故にさらに反り腰になってしまう、といった関連性があります。ですから、反り腰も修正しなければなりませんし、背中の筋肉の働きも戻さなければなりませんし、硬くなっている首前面~胸の筋肉もゆるめなければなりません。どれか一つ欠けても良いバランスを築くことはできないと私は考えています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 もうだいぶ前のことですが、家族の者が部屋のドアノブを換えてくれと言い出しました。ドアノブを回すのが痛くて辛いということでした。
 まだ私が今の仕事を始める前のことでしたから、「なんでそれくらいのことが痛いのかな?」と内心思っていました。

 ところが、今はこのことがしっかりと理解できます。ドアノブを回すはたらきをする筋肉が上手く働かない状態だったわけです。
 今回の話題は、肘から先(前腕)や手首を回す働きをする筋肉についてですが、パソコン業務の人、テニス肘の人、腱鞘炎で苦しんでいる人、そのような人達には参考になる話だと思います。

前腕を捻る回内動作と回外動作

 肘から手首までを専門用語で前腕(ぜんわん)と言いますが、前腕を内側に捻る動作を回内(かいない)、外側に捻る動作を回外(かいがい)と専門用語で言います。

回内に働く筋肉
 前腕の回内動作に関わる筋肉は三つほどあります。
 動作の主動筋は回内筋は円回内筋(えんかいないきん)です。
 そして手首の辺りで前腕を回内させる方形回内筋(ほうけいかいないきん)があります。
 また、主たる働きは手首を内側に曲げる動作ですが、前腕の回内を補助する橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)があります。

 前腕には二つの骨があります。肘関節から親指側にある骨を橈骨(とうこつ)と言い、小指側にある骨を尺骨(しゃっこつ)と言いますが、回内動作は尺骨を軸にして橈骨が尺骨に対して回旋して近づき、そして交叉していく形で行われます。
 ですから尺骨側(上腕骨)に足場を置いて、橈骨を強く引きつけ交叉させる筋肉である円回内筋の働きがとても重要になります。

 たとえば、円回内筋が上手く収縮できない状態になったとします。円回内筋は肘の近くで前腕を回内させますが、それが上手くできなくなりますと、手首近くの方形回内筋を必要以上に使って前腕を回内することになります。あるいは、前腕の回内運動を補助する程度に使われる橈側手根屈筋が必要以上に収縮して前腕の回内を行おうと試みるようになります。
 すると以下のような状況になります。

  1. 円回内筋が働かないので肘部分での回内が鈍くなり、
  2. 方形回内筋がこわばるので、いつも手首が内側にひねれた状態になり、
  3. 橈側手根屈筋がこわばるので、前腕の内側(屈側)がパンパンに張った状態になって肘付近が硬くなる。

 そして、実際このような状態の人が非常に多いのです。

回外に働く筋肉

 前腕を外側に捻ること回外と言いますが、上腕にあります上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)と肘関節近くにあります回外筋(かいがいきん)が協働して前腕の回外運動を行います。
 その他にも前腕の後面(伸筋側)にあります筋肉(長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、腕橈骨筋、長母指外転筋など)も回外運動を補助しています。



回内と回外のバランス
 ところで、前腕を回内する主動筋である円回内筋は肘関節の近いところにありますので、作動させて収縮しますと肘関節で前腕が内側に捻れる回内運動が行われます。そしてこれが正しい在り方です。
 仮に回外筋がこわばった状態になっていたとします。
 これは肘関節付近で前腕には外側に捻る力が働いているということですから、円回内筋を働かせて前腕を内側に捻ろうとしても、なかなかスムーズに回内運動を行うことができません。
 しかし、ドアノブを回したり、パソコンのキーボードを叩いたり、ペットボトルのキャップを開けたりと、前腕を回内させなければならない状況はたくさんあります。
 そして、このような状況では、円回内筋が上手く働けない状況をカバーするために方形回内筋や橈側手根屈筋、あるいは手指の筋肉を使って前腕を内側に捻るようになってしまいます。
 しかし、これらの筋肉の本来の仕事は別にありますので、これらの筋肉は酷使状態となり、腱鞘炎などの問題を引き起こす可能性が生じるようになります。

 また、反対に方形回内筋や円回内筋がわばった状態になりますと、前腕を外側に捻る回外動作を邪魔することになります。「外側に回したくても内側に引っ張られてしまう」という状況になってしまいます。
 私たちの日常動作では腕を内側に捻る回内運動の方が外側に捻る回外運動よりも多いです。ですから回内運動に関わる筋肉がこわばりやすいのですが、それによって「回外動作の力が入らない」状況になることがあります。
 そして、力が入らないのに無理して回そうとしますと、回外筋や周辺の筋肉が耐えられなくなって痛みを発するようになることがあります。

 これが「ドアノブを回すのが痛くて辛い」ということの根本的な原理です。
 ですから、この問題を解決するためには、円回内筋や回外筋の働きを邪魔する状況を解消することと、円回内筋と回外筋の働きがしっかりと行えるように筋肉の状態を調整することが必要になります。

 ところで、回内と回外に関わる問題を解決しようとするとき、打撲やケガなどにより回外筋や前腕の伸筋群を損傷したなどの場合を除き、臨床的には回内に関わる筋肉や骨格を調整する方法をとることが多くなります。それは回内に関係する筋肉の影響力が強いということでもあります。ですから、以降は回内に関わる筋肉の問題に絞って説明を進めていきます。

円回内筋の働きを邪魔する要因

 回外筋は前腕の外側(伸筋側)にありますが、同じ伸筋側にある筋肉は前腕の回外に協力したり、それらの筋肉と連動関係にありますので、前腕の伸筋側が硬く張っているような場合は、円回内筋の働きを邪魔する状態になっていると判断することができます。

 ところで、回外筋は手の第1背側骨間筋と連動関係にあります。
 第1背側骨間筋は親指と人差し指の間にありますが、私たちが物を掴む作業では必ず使いますのでこわばりやすく、そのこわばりが強く慢性化してい傾向が強い筋肉です。
 ですから、第1背側骨間筋がこわばっている状況が回外筋に連動して、回外筋がこわばっている状態になっています。

 また親指を操作する筋肉はいくつかありますが、たとえばスマホのゲームや文字入力で親指を上げたり(=伸ばしたり)下げたり(=曲げたり)する動作を頻繁に行いますと、これらの筋肉(短母指外転筋、短母趾屈筋、長母指外転筋、長母指伸筋など)がこわばります。それによって前腕の伸筋がこわばって円回内筋の働きを邪魔するようになりますが、このような状態の人もたくさんいます。

 以上、円回内筋の働きを邪魔する要因について説明しましたが、その多くは手の使い方による筋肉の変調状態(コリやこわばり)が根本的な原因になっています。ですから、第1背側骨間筋や長母指外転筋や短母指外転筋などをよく揉みほぐすことでこの状況を改善することが出来ます。
(その他に、足の方からの影響で円回内筋の働きを邪魔している状況もあります。)

円回内筋の働きを高めるために

 作業で前腕の回内動作をたくさん行っているなどの事情や、あるいは円回内筋を損傷したというようなことのない限り、円回内筋そのものの働きが悪くなることは考えにくいことです。
 ですから、円回内筋の働きが悪い場合、それは連動関係にある筋肉の影響によるものである可能性が高いと言えます。

 手のひらの親指のつけ根には母指球と呼ばれる膨らみがあります。親指を動かすための筋肉がいくつか密集しているので、厚みが増して膨らんだ状態になっているわけですが、最も深い部分に母指対立筋(ぼしたいりつきん)があります。

 母指対立筋はとても地味ですが、小指の先と親指の先をくっつけるような動作をするときに働く筋肉です。手のひらにおいて母指を内側に捻る(回内させる)筋肉であるとも考えられますが、この筋肉は円回内筋と連動関係にあります。ですから、母指対立筋の状態を良くすることで円回内筋の状態を良くすることが可能になります。
 そして実際、母指対立筋の状態が悪くて円回内筋の働きが悪くなっているケースがたくさん見受けられます。

 また、方形回内筋も前腕を回内する働きをする点で円回内筋と共通していますが、同じような働きをする筋肉は、場合によっては拮抗関係になることがあります。
 方形回内筋がこわばったことによって、円回内筋がゆるんで働きの悪い状態になってしまうことがあるのですが、このような状態の人も多くいます。

 回外筋がこわばっていて円回内筋の働きを邪魔している場合、それでも腕を内側に捻らなければならないとき、私たちは方形回内筋を酷使して手首を内側に捻るようになります。
 すると方形回内筋はこわばった状態になりますが、それが理由で円回内筋の働きが悪なります。ですから、円回内筋の働きを回復するためには方形回内筋のこわばり状態を解消する必要があるということになります。

 さらに、円回内筋は肩関節では肩甲下筋と連動しますが、四十肩・五十肩の症状を持っている一部の人の場合、それが理由で円回内筋の働きが悪くなっている場合もあります。

 ですから、円回内筋の働きや状態を整えるためには、母指対立筋や肩甲下筋を良い状態にし、前腕の回内運動を邪魔する回外筋や伸筋群のこわばり状態を改善する必要があるという結論になります。
そして、実際、私はそのように施術を行っています。

円回内筋の働きが悪い人は脇が開いているのが特徴

 円回内筋は肘関節のところで前腕を内側に捻る働きをしますので、筋肉の働きが悪い状態では肘関節のところではなく、手首のところで腕を内側に捻る動作をすることになってしまいます。それは方形回内筋や手指の筋肉を使っているということなのですが、腱鞘炎などのトラブルを招く可能性が生じます。

 たとえば、コーヒーカップを口元に持っていき、飲もうとする動作をしたとき、肘が開いて脇があいてしまうのであれば、それは円回内筋の働きが悪く、肩関節で腕を内に捻ることで円回内筋の働きを代償しているということです。
 円回内筋の働きが良い状態であれば、コーヒーカップを口元に持っていく段階で既に肘関節で前腕が回内するのと同時に、肩関節でも(円回内筋と連動する)肩甲下筋が働きますので、脇を締めて肘が下がった状態でも腕を内側に捻ることができるようになります。
 そしてこのような状態の人は、どんな動作をしても肘が地面を指すように、脇が締まった状態でいることができますので、からだを壊す可能性も低く、効率の良いからだの使い方をすることができます。

その他の症状

 「ドアノブを回すと痛みを感じて辛い」という話から話題がだいぶ拡がりましたが、前腕の回内も回外も肘関節のところで行われるのが正しい在り方です。

 たとえば、赤ちゃんを抱えたお母さんは、抱っこをしながら手首を捻っていろいろな作業をしたりします。赤ちゃんを抱いている状態では肘関節で腕を捻ることは出来ませんので、方形回内筋を酷使する状態になります。そしてこのような状況を続けていますと手首の関節を歪めてしまう可能性が高くなりますが、それによって腱鞘炎になってしまうかもしれません。

 また、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は肘付近の伸筋(長橈側手根伸筋や短橈側手根伸筋や指伸筋)の炎症であるとされていますが、私の見方ではそれらの筋肉の損傷です。ギュッとラケットを握るときにはこれらの筋肉が収縮するのですが、その収縮が上手くできないために痛みを発してしまう状況がほとんどだと思います。
 そして、これらの筋肉が損傷してしまう原因として円回内筋や回外筋の酷使や使い方の間違いが考えられます。親指と人差し指を中心にラケットを握る癖になっていますと、第1背側骨間筋がこわばりますが、それが回外筋に連動します。
 また、サーブなどでスライスをかける動作は肩関節での内旋、肘関節での回内動作ですので円回内筋の酷使になります。
 ですからテニス肘を改善するためには、損傷した筋肉の回復と、回外筋と円回内筋などの調整の両方を行う必要があります。安静などによって損傷部位の回復を促すだけでは、片手落ちで、またすぐにテニス肘の状態になってしまう可能性があります。



 今回の話題は肘関節で前腕を捻ることに関してでしたが、ほとんどの人は普段、何も気にしていないと思います。
 それはそれでけっこうなことだと思いますが、手首や肘の痛み、腱鞘炎、腕のだるさなどの症状が現れたときには、今回説明させていただいたような要因が内在していますので、そのことを頭の片隅に入れていただければ幸いに思います。

 そうすれば、ちょっとしたことができない状況を見て、「そんなこともできないのか?」などという誤解をいだくこともないと思いますし、「根性で頑張れ」などという考えにも至らないと思います。
 スポーツや、からだの動きを指導するような立場の人には是非、理解していただきたいと考えています。
 

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

↑このページのトップヘ