ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

2020年01月

 時々、体調の悪い人が訪れます。
 病気と診断されているわけでもないので、いくつか病院を巡っても医師からは明確な応えがもらえず、気持ちまでモヤモヤしてしまい、「鬱なのかなぁ?」などと自信を失っている人もいます。

 私は医者ではないので、このような人たちに相談されても、解決方法などについて明確に応えることはできません。
 しかし、このような人をたくさん見てきた経験から、言えることがいくつかあります。その一つが「呼吸」です。

 私たちはは生きている限り当然呼吸をしていますので、ほとんどの人は呼吸について深く考えませんし、自己観察することもないと思います。
 ところが、私の目で観察しますと、呼吸状態には明らかに善し悪しがあって、呼吸状態の悪い人は体調不良に陥りやすく、また体調不良から回復に時間がかかってしまうと言えます。
 おそらく病院の呼吸器科では、腫瘍の有無、血中の酸素濃度、あるいは喘息などの発作や過呼吸などの症状を頼りに、病名を決め、対処法を決めているのだろうと思いますが、それらの方法では解決できない呼吸の問題もあります。

 「すぐに眠くなってしまったり、考え事がまとまらなかったり、勉強しても全然頭に入ってこなかったりするのは、頭が酸欠状態に陥っているかもしれません」と申し上げますと、
 「血中の酸素濃度を測っても問題ないし、とくに息苦しいというわけでもないので、酸欠というのは考えられない」という類の答えが返ってきます。
 こんなときには、理屈を説明してもなかなか理解されませんので、とりあえず酸欠のような状態を脱するようにからだを整え、そして実際に呼吸が快適になった状態を体験してもらうようにしています。
 すると、頭が冴えた状態、集中力が高まった状態、心から不安が除かれた状態、目の前が明るくなった状態がどんなものかが理解してもらえるようになります。

 私は仕事柄、呼吸状態が悪くて苦しんでいる人をたくさん見てきました。本人は不調や抱えている症状が、呼吸状態が悪いことでもたらされているとは思ってもいません。自分は精神的に弱いのだとか、鬱病になってしまったとか、からだの何処かがおかしくなってしまったと思い込んでいたりします。
 しかし、呼吸状態を改善するだけ不調が改善したり、症状が消えてしまうようなことも起こります。

 私たちは地球上の生物であり、脊椎動物であり、哺乳類に分類される"生きもの”です。この当たり前のことをじっくり考えますと、地球上の生命体として健全に暮らしていくために必要な根本的条件があります。
 その中で以下の3点は非常に重要だと私は考えています。

 1.呼吸が正しく快適に行われること
 2.歩行を適度に行うこと
 3.そしゃく筋をしっかり使うこと

 今回は呼吸がテーマですので、それ以外については別途取り上げたいと考えています。

呼吸の大切さ

 私たちが生きているか死んでいるかを判断する基準はいくつかありますが、「呼吸していることが生きている証しである」ことは誰もが知っていることです。

 呼吸によって私たちは外界から酸素を体内に取り入れて活動のためのエネルギー源としているのですが、私たちのからだの器官で最も酸素を必要としているのは脳です。
 脳は1400グラムぐらいの重さだということです。つまり体重60㎏の人であれば、全身の2.3%ぐらいの重さです。ところが私たちが呼吸で取り込む酸素量の25%程度も消費しているとのことです。(詳細はこちらを参照してください)
 このように脳は酸素を大量に消費しているわけですから、酸素が不足しますと「頭の働きがおかしくなる」ことは、普通に考えて当然のことだと言えます。

不安症と呼吸

 しばしば不安症に襲われる若いお母さんがいます。お子さんが生まれる以前は、たまに不安症に襲われることはありましたが、「大変だ!」というほどではありませんでした。
 ところがお子さんを出産してからは、しばしば不安症に襲われるようになり、そして時々鬱病のような状態になってしまうこともありました。
 彼女の母親が月に一度、からだの手入れのために私のところに来店されるのですが、「娘が今鬱状態で、心療内科に罹ってもパッとしなくて‥‥。整体で何かやり方はある? ちょっとでも良くなればいいんだけど。」と仰いました。
 彼女(娘さん)は嫁いで地元を離れたので、数年来店されることはありませんでした。このたび、しばらくぶりに顔を見たのですが、その表情は不安でいっぱいで、ずっと泣き続けているような感じでした。
 「不安で、不安で‥‥、それじゃダメだと思ったり、赤ちゃんにこんな顔見せてはいけないと思うのだけど、どうしたらよいか全然解らなくて‥‥。」と、なんとか話してくれました。

 施術をしながら私が感じたことは案の上、「呼吸が悪い」ことでした。
 頭(脳)に必要十分な酸素が行き渡っていないので、思考回路が偏ってしまい、あるいは限定されてしまい、何でも不安の回路に繋がってしまうのではないだろうかと思いました。
 それは、つまるところ脳が正常に働いていないということですが、脳へ供給される酸素量を増やすことができれば、解決するかもしれません。

 ところが、「脳内への酸素量を増やす」「酸欠状態から抜け出す」と言ったところで、医学的にはまったく相手にされないことだと思います。
 血中の酸素濃度や血圧に問題がなければ、医学的にはまったくスルーされてしまうことように思います。
 ところが、からだを触ることが仕事の私は、頭皮や頭の筋膜が硬くて呼吸が悪い状態や、呼吸が中途半端で脳に必要十分な酸素が行き渡っていない状況を感じ取ります。
 どうやって感じ取るのか? と聞かれることも多いのですが、文字通り「肌で感じる」のです。

 さて、話しを彼女のことに戻しますが、彼女は考えすぎたせいか、頭全体の頭皮が非常に硬くなっていました。そして呼吸も非常に浅く、胸がまったく動いていないような状態でした。
 呼吸についての細かいことは「自律神経と呼吸」を参照していただきたいのですが、まずは頭が呼吸運動に参加する状態になるように施術を始めました。

 息(空気)は鼻から吸いますが、その吸った空気が鼻孔から副鼻腔に入り、額の中を通って肺に送られるような感覚になることを今回の施術では目指しました。
 そのためには吸気に合わせて側頭部が拡がる必要もありますので、頭皮や側頭筋もゆるめました。さらに下がっている鼻骨を本来の位置になるよう整えるなど、呼吸に関係する頭部周辺の状態を整えました。

 施術は60分行いましたが、まだ十分と言える状態にはなりませんでした。ですから、また近いうちに来店して欲しいと申し上げ、そして「ともかく呼吸を改善しないと、考え方がマイナス思考になってしまうので、普段も呼吸を良くすること心がけてください。」と申し上げました。

 本人の中では、不安症と呼吸、鬱状態と呼吸の繋がりが理解できなかったようですが、「ともかく、何か考え始めて不安な気分になったら、息をゆっくり吐き出すことから始め、ゆったりとした呼吸を行うようにしてください。」と申し上げました。
 私は「まだこの状態では不安症から抜け出すことはできないだろう」と感じました。

 それから一月くらいして再び来店されました。もっと早く来店して欲しかったのですが、鬱状態にある人は、だいたいこんな感じです。私の言ったことを信じてはいないのです。

 2度目の施術では、呼吸についてゆっくりと丁寧に話しながら、胸に息が入るよう作業を進めていきました。
 呼吸状態が中途半端な人は、深呼吸をしても気持ち良く、そして大きく息を吸うことができません。
 腹式呼吸で横隔膜が働き、胸郭の下半分やお腹は動くのですが、鎖骨周辺や肩上部が呼吸運動に参加する状態にはなっていません。

 本人の意識としては「深呼吸をしている」のですが、入らない息を無理やり肺に吸い入れようとしているようで、動作に無理を感じるのです。
 このようになってしまう理由はいろいろありますが、頭蓋骨の歪みやそれによる噛みしめ状態、そして首の筋肉が張っている場合などが関係している場合があります。

 それらの一つ一つの状態を確認しながら調整していき、手指から胸に繋がって胸郭の動きを邪魔する要因などを除去していきました。そして、前回同様、頭部周辺や副鼻腔の状態を調整しました。すると呼吸状態もだいぶ良くなり、自然と深い呼吸ができる状態になりました。(本当は、もっと早くこのようにしてあげたかったのですが)

 施術が終わりますと、泣きべそをかいているような不安で一杯という表情は薄れ、少し笑みも浮かべられるような状態になっていました。
 まだ不安症から脱した状態にはなっていませんでしたが、「もしかしたら、上手くいくかも‥‥」と思いました。

 その後、彼女の母親より状況報告がありまして、精神状態がだいぶ落ち着いてきたとのことでした。そう聞いて私もホッとしました。
 「やっぱり呼吸が影響しているんだなぁ」と改めて感じたのが私の率直な印象です。

 それから半年くらいして、また彼女が情緒不安定になってしまったと母親が言ってきました。産後1年の休職期間も終わって仕事に復帰したら不安症が再発してしまったとのことでした。
 そして、また彼女に来店していただき、今度は黙ったまま、首肩の揉みほぐしと呼吸を整える施術を黙々と行いました。
 彼女も呼吸状態と不安症との関係を理解してくれていたのか、弱音や不安を訴えることもなく、施術を素直に受け入れてくれました。
 それ以来数ヶ月経ちますが、症状は良くなって精神的にも落ち着いていると母親が報告してくれています。

喉の硬さと酸欠状態

 その青年は「頭の回転がとても遅く、ときどき何を考えて良いのか、どう考えて良いのかさえ解らなくなってしまうことがある」と言います。
 そして、「今は頭が自分の頭ではないような気がする」と言って来店されました。

 上記では、呼吸状態が悪くて脳が酸欠のような状態になりますと、思考回路が限定されたり、マイナス思考になり、さらに症状が進むと鬱状態になってしまう可能性があるとの話題でした。
 今回は頭の回転速度と集中力と理解力についての話題です。

 まず、彼の頭を触ったときの感触からお話しします。
 普通、私たちには考える場所、イメージを構築して思考を展開する場所があります。大概は額の中央部、脳で言えば前頭葉の中心部になります。あるいは、人それぞれ、その場所が額の右側や左側など側頭部に近い所だったりする場合もあります。

  頭の中にある様々な記憶や情報をその場所(前頭葉)に引っ張り出してきて、いろいろ組み合わせたり、取り外したりしながら私たちはイメージを構築して思考を展開しるのだろうと思います。
 ところがその青年の前頭葉(額)は触った感触では、空っぽな感じがしました。後頭部とか側頭部の奥(深部)にはモノがあることを感じるのですが、額の奥には何もないように感じてしまうのでした。
 違った表現を用いれば、前頭葉には「気がない」「気が通っていない」という感じです。

 「いつも何処で考え事をしてるの?」と尋ねてみました。
 「? ? ?」
 すると、何を尋ねられているのかまったく解らないといった感じでした。
 「普通は頭の前の方でイメージを展開して考え事をするのだけど、あなたはそこを使っていないように感じるのだけど‥‥」
 「ちょっと九九を暗算でやってみて」と言ってやってもらいました。

 この簡単なテストで、その人がどこで考え事をしているのかがだいたいわかります。その部分の血流が活発になるのが感じられるからです。
 すると、その青年は後頭部で考え事をして感じでした。本来は記憶や情報を溜めておくような場所(と私は思っています)で、考え事をしているのです。ここではイメージを展開することは難しいと思いますので、端的に言いますと「考え事が苦手」なんだと思います。
 イメージを保持することができませんから、集中力はありませんし、思考を展開することが苦手ですから、理解力も乏しくなります。

 母親の話では、「何かを問いかけても、すぐに反応して返事をすることができないし、自分の意見をしっかり話すこともできない」とのことでした。
 私たちは何かを問いかけられたら、普通は「エーッと、それは‥‥」と考え始めて反応することができますが、彼はそれができないということです。
 何十秒か経って、やっと返事が返ってくるので、知恵遅れのように感じてしまうとのことでした。

蝶形骨(ちょうけいこつ)のずれと思考

 前頭葉をうまく使うことができない理由として、彼の場合は頭蓋骨の中で脳の台座となっている蝶形骨がずれていたからでした。
 頭蓋骨は解剖学的に、脳頭蓋(のうとうがい)と顔面頭蓋(がんめんとうがい)に分けられています。脳頭蓋は文字通り脳を収めるための頭蓋骨のことです。眉の下から下顎までの顔面部の骨格が顔面頭蓋で、額の骨である前頭骨は脳頭蓋に分類されています。

 ここでまた皆さんには信じがたいことを申し上げますが、顔面頭蓋に対して脳頭蓋が後方にずれている人がいます。そしてそのような人はけっこう高い割合でいます。
 これは頭蓋骨が歪んでいるということなのですが、それによって眼の働きや頭の働きが低下している場合があります。

 脳の台座となっている蝶形骨は頭蓋骨全体の中心に位置していますが、脳頭蓋が後にずれますと蝶形骨も後にずれます(平行移動ではなく後方に少し回転)ので、脳の働きが低下するのと同時に、前頭葉にイメージを構築することが苦手になるようです。

 彼の場合は、蝶形骨は後方にずれていることに加え、呼吸状態も悪かったので頭がすっかり働かない状態になっていたようです。

 「前頭葉のところでイメージすると言われても、ぜんぜん何のことか解らない」と最初は言っていました。
 そこで私は、手動で蝶形骨を少し前にずらしてみました。すると、それまで頭の中で散漫だった意識が次第に前頭部に集まってくる気配を感じるようになりました。

 すると「何となく前頭葉でイメージするというのが解ってきた。」と彼は言いました。
 そこで、「前頭葉に計算式をイメージするようにして、九九を暗算でしてください。」と言いました。するとそれもできるようになり、「脳の中にある記憶や情報を前頭葉に持ってきて、そこでイメージを描きながら考える」ということを理解してもらえるようになりました。

 さて、問題は彼の脳頭蓋が後方にずれてしまった理由です。それを修正しなければ、彼の希望を叶えることはできません。
 私のこれまでの経験から、顔面が下がると頭部(脳頭蓋)が後方に歪む可能性が高いことは知っています。ですから、その確認から始めていきました。
 顔は予想通り下がっていました。そして胸も下がっていました。さらにその延長である鼡径部も下がっていて足首が硬かったことから、そこに一つの原因があることが推察されました。
 ですから、まず足首を施術しました。硬い足首は、自力で大きく回すことができない状態でした。こわばっている靱帯をゆるめ、ふくらはぎの骨を整えると鼡径部が上がり、腹筋がゆるんで胸も上がりました。すると呼吸状態が少し良くなりました。
 しかし、顔は上がりません。顔を下げている理由が他にもあったからです。

 次に舌の位置を確認しました。すると舌も下がった状態になっていました。
 舌骨や喉仏の状態を確認していきますと、異様に喉仏が硬くなっていました。
 喉仏が硬くなる理由はいくつかありますが、言葉をこらえたり、喉を締めて我慢する癖がありますと喉仏は硬くこわばってしまいます。
 母親から聞いた話から察しますと、彼はおそらく幼い頃から喉を締めて我慢したり、頑張っていたのだと思います。
 そこで喉仏から下顎にかけての硬い部分を柔らかくする施術を行いました。
 すると舌も顔も上がりまして、後方に歪んでいた脳頭蓋も本来のところに戻ってきました。
 彼はこの間、ずっと寝ていましたが、からだはすっかりリラックスした状態になりました。
 呼吸で全く動かなかった鎖骨周辺や肩上部も動くようになりました。

 その後、頭蓋骨の微調整を行いました。副鼻腔に空気が通る状態にして、息を吸ったときに頭が拡がるように側頭部の筋肉をゆるめました。
 これで施術を終えましたが、セルフケアとして、足首をよく回すことと、喉仏から下顎に掛けてゆるめるように手当てをすることを伝えました。そして、「また来てね」と申し上げました。

 その数日後、母親から連絡が入り、だいぶ頭の調子も良くなり、その状態が続いているとのことでした。そして「近いうちに、また行かせます。」とのことでした。
 あれから一月以上経ちましたが、未だ連絡はありませんので、おそらく良い状態が保てているのだろうと思います。


 皆さんに呼吸の大切さをもっともっと認識していただきたいという想いから、二つの具体例を出して説明させていただきましたが「本当に、本当に、呼吸は大切です」。

 昨日、呼吸のことを話題にしながら施術を行っていましたが、「他のセラピストからの薦めもあってヨガを始めようと思っているけど、どう思いますか?」と質問を受けました。
 ヨガとか体操とか、あるいはジムでの運動とか、加圧トレーニング、ピラティス等々、それぞれに良いことなんだと思います。
 かつて私もアスリートとしてトレーニングを行っていた経験からも、適度な運動は良いことだと考えています。
 しかし、トレーニングでは解決できない問題があることを私はこの仕事を通じてよく知るようになりました。
 私たちのからだには構造的に「仕組み」が備わっています。その中の一つには「筋肉システム」もありますが、それ以外にもいろんな仕組みがあります。
 そして、それらの仕組みがやシステムが有機的に絡み合っていろんな活動がスムーズにできるようになっていると感じています。
 それは「狂っている一つの歯車が正常に噛み合うようになると全体がうまく回り出す」というようなものです。
 ということは反面、いくら努力して鍛えても、歯車のいくつかが噛み合っていないと、努力はまったく報われないということでもあります。

 そのヨガを始めようかと相談された人の足首には過去の捻挫が治りきっていない兆候がありました。そこで、私はそのグラグラ気味の足首をしっかりさせるように手当てを行いました。
 すると、その途端に息が胸の中に大きく入るように変わりました。
 この方は、自分の呼吸状態が悪いことを自覚していたので、他のセラピストからの薦めもあり、ヨガによってそれを改善したいと考えていました。
 しかし私は、呼吸を改善するためにはヨガや運動などを頼る前に、足首をしっかり治すことの方を優先させるべきだということを具体的に示しました。

 私は呼吸の大切さをよく知っています。しかし、私の知っている「良い呼吸」と皆さんがイメージしされる「良い呼吸」とはおそらく質的に違うものだと思います。
 ですから、このような言葉(文章)では伝えられないのが残念だと感じていますが、体調を整える上で、呼吸は非常に重要であることだけは知っていただきたいと思っています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 肩甲骨の下部から腰部の上までの、「背中の真ん中あたり」と表現される部分の張りや不快感や痛みは筋骨格系の不具合によるものと、体調に関係して内臓や循環の不調によるものがあります。

 この部分の不調を訴えられる人に対しては、施術方針を決定するまでに少し時間がかかる場合があります。
 何が症状を発しているかを見極めることが施術の第一段階になりますが、以下の3つを念頭にからだを観察して施術方針を決めることにしています。

  1. 脊柱起立筋や広背筋、肋間筋など筋骨格系
  2. 循環不良による静脈血やリンパの停滞‥‥むくみ
  3. 胃や腎臓など内臓器官の腫れや硬直など

 上記の3つの項目が単独で症状をもたらしている場合もありますが、2つが混ざっていることもあります。

(1)筋骨格系の不具合

・脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の張りと痛み

 背中の最も深い層には骨盤から頭部にかけて、縦方向に連続的に繋がっている筋肉群があります。その筋肉群を専門的に脊柱起立筋群と呼んでいます。

 この筋肉群は背骨からの離れ方で3群に分けて考えることができます。
 背骨に最も近く、脊椎に付着している脊柱固有筋群(側線1)は背骨を安定させる働きをしています。
 そのすぐ外側には最長筋群とその流れの筋肉群があります(側線2)。これらの筋肉群は主に背骨の前後運動に関係します。
 そしてさらに外側には腸肋筋群とその流れの筋肉群があります(側線3)。肋骨を動かす働きをしますが、上半身を捻る動作に深く関係します。

 これら脊柱起立筋群は背骨と肋骨に付着していますので、猫背など姿勢が悪い状態が続いたり、あるいは背骨が曲がったりしますと変調してこわばったり、ゆるんだりします。

 背中で、縦方向に棒のような状態で硬くなった筋肉が感じられ、それが痛みを発するようであれば、それは脊柱起立筋群のこわばりによる痛みです。
 脊柱起立筋群は下半身ではふくらはぎの筋肉、上半身では頭部や手指の筋肉から連動関係で繋がっています。ですから症状が脊柱起立筋群の張りや痛みである場合は、姿勢のことも含めて、全身的に整えることが必要になっていきます。

・広背筋と肋間筋の張り

 広背筋は背中全体を覆うように存在している大きな筋肉です。その大きな筋肉が一つの束にまとまり腕に繋がっていますので、腕を動かすとき強い力を発揮することができます。

 そして、広背筋の出発点(起始)は骨盤(腸骨陵)、背骨、肋骨と広い範囲になっていますが、それ故に肋骨がグラグラした状態になるだけでも筋肉が変調するようになります。
 また、腕の使いすぎで背中が痛くなることがありますが、それは広背筋のこわばりによるものです。

 そして、ときどき肋骨がぐらぐらしている人が来店されます。肋骨がグラグラしている状況というのは普通の人にはわかりにくいと思いますが、胴体の骨格的締まりが乏しい状態で、本来肋骨はウエストラインに近づいて行くに従い幅が少しずつ狭くなっていくものなのですが、胸郭下部の方が拡がっているように見えるかもしれません。
 このような状態の人は、肋骨がぐらついていますので上半身を触った感触では柔らかく(不安定に)感じるのですが、本人の内的感覚では背中や脇の下あたりがこわばって動きが悪いと感じるかもしれません。
 肋骨のぐらつきは肋間筋と広背筋にこわばりをもたらします。



(2)循環不良によるむくみ

 「背中に鉄板が入っているように感じる」と訴える人が時々来店されます。あるいは「背中全体が重苦しい」と訴える人も時々来店されます。このような状態は、背中に水分(静脈血やリンパ液)が溜まっていて流れ出ていかない状況が考えられます。

 体液(血液とリンパ液)の循環は二つに大別できます。
 一つは心臓の力と血管(動脈)の搏動を主とした動脈血の循環です。「心疾患」「動脈硬化」など医療機関が専門にしている循環系です。
 もう一つは静脈血とリンパ液の循環です。こちらの循環系は心臓や血管の力というより、血管やリンパ管の周囲に存在している筋肉の働きが重要な要素になります。
 そして動脈は深層に、静脈は深層と浅層(皮静脈)にありますが、静脈系は深層と浅層が繋がっていたり(吻合)、何処かが詰まるなどしても別のルートを通って血液が心臓に戻れる構造になっています。

 静脈系の循環に注目しますと、全身的に見て、2ヶ所流れが滞りやすいところがあります。
 それは鎖骨と第1肋骨の隙間を通過している鎖骨下静脈の部分と、骨盤の前面にあります鼡径部の所です。(詳しくはこちらを参照してください)

 鎖骨下静脈は心臓の上から静脈血が心臓に還るルート(上大静脈)ですが、鼡径部の静脈(大腿静脈)は心臓の下から心臓に還るルート(下大静脈)です。
 例えば鎖骨と第1肋骨の関係が歪んでしまい鎖骨下静脈の流れが悪くなったとします。すると本来は鎖骨下静脈を通って心臓に還るはずだった腕の静脈血は、鎖骨下静脈が通行止めになっている状況なので、他のルートを通って心臓に還ろうとします。つまりそのルートははるばるお腹を下って伏在静脈~大腿静脈~下大静脈に合流しようとします。
 このような状況になりますと、鼡径部に静脈血が集中して渋滞状態になりますので、下半身の静脈の流れも悪くなり、下半身がむくむようになってしまいます。
 そして、このような状態は日常的にたくさん見ることができます。
 つまり下半身にむくみを感じている人の多くはこのような状況です。
 施術で鎖骨下静脈の流れを改善しますと、実際に足の方から流れが良くなりむくみが改善します。そしてしばらく施術を継続していますと上半身の流れが良くなりだし、手のむくみが取れ、頭の中がスッキリしはじめるという現象が起こります。

 さて、背中の停滞に話を戻しますが、背中側がむくんだような状態になるということは、同じように考えますと、お腹側の静脈やリンパの流れが悪くなっている可能性があることになります。
 あるいは鎖骨下静脈も鼡径部の流れも両方悪く、浅層の静脈血やリンパ液がほとんど心臓に還ることができない状況になっているのかもしれません。


 ですから、この状況を改善するための方法は、お腹側の筋肉や筋膜を整えて腹壁の浅層静脈の流れを良くすることと、鎖骨下静脈の流れを整えることと、鼡径部の流れを整えることの三つを行うことになります。

 背中に水分が停滞して、背中がカチカチになっているので揉みほぐしをたくさん行ったとしても、それはなかなか改善しません。水分の抜け道が塞がったままでは無理なのです。
 それよりも、上記の三つを行うことの方が、スマートに、スムーズに辛い状況を改善することができます。

(3)内臓の影響による背中の張りと痛み

・胃の不調における背中の張り

 だいぶ前になりますが、NHKの「ためしてガッテン」で、胃の不調についてのテーマでしたが、胃が腫れる様子をX線撮影した映像を見ました。そこには胃が腫れると背中側に膨れる様子が映し出されていました。
 「胃の裏側が苦しい」とか「痛い」と表現される人が時々いますが、それは正しく正確で、背中側に膨れた胃が背骨や肋骨を圧迫している症状です。
 ですから、場所的に「みぞおち」の裏側辺りの背中が硬くなって辛い状況では、「胃が不調で硬く腫れている」可能性が高いと思われます。
 そしてこのような状況が考えられるときの施術では、「胃の調子はいかがですか?」と必ず尋ねまして、ご本人がうなずかれるようでしたら、胃に着目した施術を行うようにしています。

 胃の不調に対して私が持っている対処法は二つです。一つは呼吸を整えることで、もう一つは胃の反射区やツボを利用することです。

 胃は横隔膜のすぐ下にあります。ですから横隔膜の状況は胃の状態に影響を及ぼすと考えられます。息を吸ったときに横隔膜が下がり胃を上から圧迫しますが、同時に胸郭が拡がりますので、胃は横に拡がることができます。そして息を吐く段階では、横隔膜が上がって腹部が拡がりますので、胃は圧迫から解放され、本来の状況に戻ることができます。
 横隔膜と胸郭の動きが正常であれば、呼吸の度に胃は圧迫されながら横に拡がったり、本来の状況に戻ったりと適度な運動を行うことができますので、快適な状態を保つことができるのではないかと思います。
 もし、横隔膜が上手く収縮することができなかったり、胸郭が拡がることができなかったりしますと胃の運動は不適切な状態になってしまうと考えられます。あるいは息を吸ったままの状態で吐くことが上手くできなければ、横隔膜はゆるむことができずに胃は圧迫を受け続ける状況になってしまいます。
 これらによって胃の消化能力が落ちてしまうことは十分に考えられますし、それによって不調を感じるようになることは十分に考えられることです。
 ですから、胃の不調を改善しようとするならば、先ずは呼吸状態を整えて横隔膜と胸郭の運動を正常な状態に保つことが必要なことだと私は考えます。

 その上で、それでも胃の不調や背中の硬さが取れない場合は、手と足にあります胃の反射区に対する刺激を行います。
 場合によってはさらに足三里や中?(ちゅうかん)といった東洋医学のツボ(経穴)を刺激することもあります。

 胃の不調は背中の苦しさだけでなく、時に非常に重苦しい肩こりをもたらすことがあります。原因もよく解らないのに、急に肩こりが強くなって非常に辛い状況になる場合がありますが、胃の不調と関連している場合があります。
 そんな場合も含めて、呼吸を整えることと、反射区やツボに対する刺激を適切に行うことで、病的状態ではない限り、大概の胃の不調は改善します。

・腎臓の腫れによる背中の辛さ

 胃の不調による背中の張りは、鳩尾(みぞおち)の裏側あたりになりますが、その下の胸郭下部から腰部にかけての部分の辛さは腎臓の膨らみによる可能性があります。

 腎臓が膨らんで硬くなり、それが肋骨や後腹壁を圧迫して痛みをだしたり辛さを感じるようになるのですが、場所的に腰痛と間違ってしまうかもしれません。
 「腎臓が膨らむ(あるいは腫れる)」と申しますと、病気を疑ってしまうかもしれませんが、私たちのからだは疲労が強くなると腎臓が膨らむ傾向にあるのかもしれません。
 また、腎臓は東洋医学によりますと耳と深い関係にありますので、耳の状態が悪くなりますと腎臓が膨らむ傾向もあります。そして反対に腎臓の状態が悪くなりますと耳に不調や不具合が起こる可能性も考えられます。
 実際の施術経験上、私は耳と腎臓の関連性は明らかに存在すると知りましたし、耳鳴り、難聴、中耳炎など耳の不調に対しては必ず腎臓の状態を整えるようにしています。

 さて、腎臓の膨らみを改善するための施術では、胸郭を整えること、耳のある側頭骨を含めた頭蓋骨を整えること、そして腎臓の反射区を刺激することを行います。
 腎臓の反射区では手のひらの反射区と足裏の反射区を利用しますが、足裏の反射区の方が効果が高いような印象を持っています。

 「腎臓の不調」と言いますと「むくみ」が連想されます。心臓や肝臓もむくみに関係する臓器ですが、私は「むくみ」と聞きますと、血液循環と腎臓をまず思い浮かべて考えるようになっています。
 私が行う整体の施術では、特別な理由がない限り先ずベッドにうつ伏せ(伏臥位)になっていただいた状態から施術を始めます。そして最初は全身を軽く擦ったり揺らしながら大まかな状態を把握してくのですが、背中の状態を見るときには胃と腎臓の場所に注目します。
 程度の差は様々ですが、腎臓が膨らんで肋骨を圧迫している人はたくさんいます。みなさん、お疲れなのですね。

 ところで、もう何年も隔週で来店されている人が「右足が着けないほどに右脇腹~腰~太股~ふくらはぎにかけて強烈に痛む!」と言って来店されました。私が少し脇腹に触れますと、それだけ「痛い!」と嫌がりました。
 「触ることもできないのに、どうやって施術しようか?」と少し悩んだのですが、なんとかベッドに寝ていただき、慎重に施術を始めていきました。
 そして解ったことは、結局のところ右側の腎臓の腫れが問題を引き起こしていたことでした。その状態がかなり悪かったために、放散痛が右半身全体に及んでいたのです。
 全身的に骨格を整え、その上で20分近く右足裏の腎臓反射区に集中して施術を行いました。
 足裏もカチカチに硬くなっていて、腎臓の反射区は足裏の深いところにあるのですが、私の指がなかなかそこまで届かない状態でした。私も負けずに頑張って指圧をつづけていましたが、さすがに、私の指もほとんど力が入らないほどに疲れ切ってしまいまして、これ以上手指ので施術はできない旨を話して、足つぼ用の棒を使って反射区に対する施術を続けていきました。
 20分くらい施術を続けていましたら、ようやく足裏の反射区に変化が現れ始め、同時にカチカチに膨らんでいた腎臓周辺も柔らかくなり始めました。そして、それからは浮き袋から次第に空気が抜けていくような感じで柔らかさが戻ってきました。もう触っても痛がりませんし、少し強めに圧迫しても痛がらない状態になりました。
 その後、座っていただいて上半身を捻ったり、立って歩いたりしていただきましたが、痛みは感じない状態になっていました。
 私自身、そうとうに体力を使った施術でしたし、受け手のご本人も施術の途中からは反射区への刺激がかなり痛かったと思いますが、耐えていただいた甲斐あって、状態はすっかり良くなりました。
 念のために、翌週に来店していただきましたが、その間も状態は良好だったということでした。

 私自身、長い施術経験の中でも、腎臓の膨らみでここまで痛みを感じる状況に対峙したのは初めてでした。そして腎臓の膨らみだけで、脇腹~ふくらはぎまで痛くなり、足が着けなくなることを知りました。


 以上、今回は背中の真ん中から下部にかけての張りや痛みについて取り上げてきました。
 なかなか背中の張りや痛み、重苦しさが取れないと感じている人にとって、参考になれば幸いです。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 肩こりを訴える人の中には「肩甲骨の内側も張って痛い」という人もいます。
 今回は肩甲骨を中心とした背中の上部の張りと痛みについて説明させていただきます。

 “張り”とか“痛み”というのは、ほとんどの場合、筋肉の緊張やこわばりによる症状です。
 そして、緊張やこわばりにが生じる理由は大きく二つに分けることができます。

 一つは、筋肉を酷使するなど筋線維を収縮し続けていたり、たくさん収縮する状況を続けてしまった結果、筋肉がこわばって縮んだ状態になっている場合です。
 つい顔や首や肩に力が入ってしまうような人、あるいはからだの何処かに力を入れることでからだを支えているような人は、顔や首や肩や上背部の筋肉を収縮させ続けている可能性があります。
 このような場合、筋肉は縮む方向に働いていますので、引き伸ばされると痛みを発するようになります。
 例えばストレッチ運動などで気持ちよく筋肉が伸びているうちは心地良いのですが、限界まで伸ばした後、さらに伸ばそうとしますと痛みを感じます。それは、それ以上筋肉は伸ばされたくないので拒否反応を起こし、伸びる方向ではなく縮む方向に働き方を変えたからです。
 それ以上伸ばされると筋線維を傷める危険性があるので、筋肉の自己防御反応として反射的に筋線維は収縮して伸ばす力に対抗しますし、「これ以上は危険だよ」というサインとして痛みを発します。

 二つ目は、筋肉が繋がっている骨と骨の間隔が本来の在り方より拡がってしまった場合です。
 筋肉は骨と別の骨を繋いで、自身を収縮したり伸張したりすることで骨を動かします。
 そして、からだの動作とは骨格の動き、骨の動きのことですから、筋肉が働くことによって骨が動き、動作が行われるという理屈になります。
 例えば、からだの動作が行われていない状態、つまりからだがリラックスしている時、二つの骨を繋いでいる筋肉の適正な張り具合によって骨格の位置は決まります。そして、この状態が骨と骨の本来の在り方であるとしたとき、何か理由で骨と骨の間が離れますと、間をつないでいる筋肉は骨に引っ張られる状況になりますので、緊張状態になります。
 これが筋肉の緊張であり、こわばり状態です。

 私は、この骨格の歪みと筋肉の変調の関係を説明するときに、電柱と電線の関係を引き合いに出してイメージしていただいています。骨と骨の間が拡がると筋肉はこわばり、反対に骨と骨の間が狭くなりますと筋肉はたるんで収縮力を発揮できない、ゆるんだ状態になります。

 仮に、左右の肩甲骨の間が本来よりも拡がったとしますと、背骨と肩甲骨を繋いでいる筋肉(小菱形筋と大菱形筋と僧帽筋)は緊張してこわばります。そして、この筋肉のこわばりが痛みや不快感や違和感を発するようになります。

 以上の二つが、筋肉が張ったりこわばったりする大きな理由ですが、肩甲骨周辺の痛みや不快感では、二つ目の骨と骨の関係が歪んでしまったことが原因になっている場合が多く見受けられます。

肩甲骨内側の張りと痛み

 肩甲骨周辺の上背部で、多くの人が不快感や痛みを訴える場所は肩甲骨と背骨の間です。
 痛みや不快感のほとんどは筋肉の変調がもたらす深部感覚ですが、この部位の表層には僧帽筋(そうぼうきん)があり、その深部に二つの菱形筋(りょうけいきん)=小菱形筋(しょうりょうけいきん)と大菱形筋(だいりょうけいきん)があり、更に深部に上後鋸筋(じょうこうきょきん)があります。

 そして実際のところ、肩甲骨内側の不快感と痛みの場合は小菱形筋と大菱形筋のこわばりによるものが最も多いと言えます。
 この二つの筋肉の最大の特徴は、背骨と肩甲骨内縁を繋いで肩甲骨の動きに深く関係することですから、肩甲骨の歪みによって筋肉はすぐに変調を起こします。
 ですから、「肩甲骨内側が痛い・張っている・気持ち悪い」という訴えに対しては、まず小菱形筋と大菱形筋の状態を確認することから施術を始めることになります。
 そして次に、二つの菱形筋に変調をもたらす原因として肩甲骨と背骨の在り方を確認するようになりますが、肩甲骨と背骨の間を拡げる要因として、まず前鋸筋(ぜんきょきん)を確認することになります。




前鋸筋のこわばりによる肩甲骨間の拡がり

 肩甲骨を外(腕の方)にずらす筋肉の代表は前鋸筋(ぜんきょきん)です。
 日常動作で前鋸筋がもっとも働く状況は、腕を伸ばした状態から更に腕を伸ばすようなときです。手を伸ばして物を取るとか、物を遠くに置くようなときに、腕を伸ばし肩を前に出して動作を行いますが、このように肩を前や外に突き出すときに前鋸筋が働きます。
 ボクササイズという人気のトレーニングがありますが、ストレートパンチを打つ動作は前鋸筋を力強く使いますので、それによる弊害もあります。トレーニングの後は、しっかりと前鋸筋のストレッチをして、肩甲骨の位置を本来のところに戻すようにしていただきたいと思っています。

 そして、肘を浮かせた状態で腕を前方に保持する動作の時も前鋸筋は作動します。つまりパソコン業務です。
 パソコン業務を行う時、肘を下ろした状態でキーボードを叩いているのであれば前鋸筋は働きませんが、肘を浮かせますと、その状態を保つために前鋸筋は緊張状態になります。

 また、パソコン操作に限らず、肘を浮かせた状態を保つ姿勢は前鋸筋が収縮する可能性が高まります。
 脇が開いて、肘を張った姿勢で文字を書いたり、物を持ったり、箸を使ったりすることでも前鋸筋はこわばります。

 ですから、実際のところ多くの人の前鋸筋はこわばっています。そして、そのこわばり状態が悪化しますと、肩甲骨を大きく外側や前方に歪ませることになります。肩が前に出て猫背のようになっている人は大抵このような状態です。



前鋸筋のこわばり以外の理由で肩甲骨と背骨の間が拡がる理由

 専門的な言葉ですが、肩甲骨のことを別の呼び方として上肢帯(じょうしたい)と呼ぶことがあります。その意味は腕(=上肢)を体幹(=胴体)に繋げる帯の役割をしている骨格ということです。つまり肩甲骨は腕と胴体を結び付けて動作を円滑に行うための骨格であるということです。
 ですから、肩甲骨の位置を考えるとき、背骨(体幹)と肩甲骨の関係だけでなく、腕と肩甲骨の関係も考える必要があります。
 腕と肩甲骨を繋いでいる筋肉には三角筋(さんかくきん)があります。また、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)や上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)、烏口腕筋(うこうわんきん)も腕と肩甲骨を繋いでいますので、それらの筋肉のどれかがこわばった状態になりますと、肩甲骨を腕の方に引っ張ってしまう可能性も出てきます。
 そうなりますと、肩甲骨は腕の方に引っ張られ外側に歪みますので、背骨との間が拡がり、小菱形筋、大菱形筋がこわばる可能性も出てきます。

 そしてここでは省略しますが、上記以外にも肩甲骨が外側に歪んでしまうからだの仕組み(構造的原理)はあります。

菱形筋のこわばりが発する不快感や痛みへの対応

 上述しましたが、背骨と肩甲骨を繋いでいる菱形筋がこわばる理由の多くは肩甲骨が外側方向に歪んでいることですから、肩甲骨の位置を本来の状態に戻す作業が必要になります。
 そして肩甲骨が外側に歪んでいる理由の一番は前鋸筋のこわばりですが、脇の下や脇腹に直接手を当てて縮んでしまっている筋肉を伸ばすような施術が効果的です。但し、かなり痛みを伴います。

 また、筋連動の仕組みで前鋸筋がこわばっている場合もあります。
 手の親指の筋肉(短母指外転筋、長母指外転筋)の使いすぎ、例えばスマホゲームのやり過ぎなどで前鋸筋がこわばり肩甲骨が外側に歪んでしまうことがあります。その他、パソコン業務や親指と人差し指をたくさん使う作業で手首や肘の状態が歪み、それが前鋸筋のこわばりに繋がってしまうこともあります。

 足の方では、小趾側に重心がある人、O脚の人などは下半身の外側に負担が掛かり、外側の筋肉がこわばりますが、それが連動して前鋸筋がこわばってしまいます。
 ですから整体の施術としましては、手の使い方が変わるようにする、立った時の体重の乗り方が小趾側に偏らないようにする、なども行う必要があります。

 また、肩甲骨が歪んでいることで菱形筋がこわばる以外に、菱形筋自体がこわばっていて肩甲骨内側の不快感や運動制限を感じる場合があります。
 この場合は、肩甲骨が背骨の方に引きつけられますので、肩が後方に歪んでいる可能性があります。洋服を着たときに「肩のラインが合わず、しっくりしない」と感じるかもしれません。

 そして、前鋸筋がこわばって肩甲骨を外側に引っ張っている状況にプラスして、菱形筋自体がこわばって肩甲骨を背骨の方に引き寄せる力が働いているような場合は、最悪の状況に近く、じっとしているだけでも肩甲骨の内側にたまらない痛さを感じることになります。

 肩甲骨の内側のこわばりが強い場合、「肩甲骨の内側には手が届かないので、柱の角にこすりつけて辛さをごまかしている」などと仰る人がいますが、その場合は、前鋸筋と菱形筋の両方がこわばっている可能性が高いと考えられます。

 このような場合は、前鋸筋のこわばりを解消する施術に加えて、菱形筋のこわばりも解消する施術を行うことになります。

上後鋸筋が発する痛みと対策

 肩甲骨の内側には違いないのですが、表層(菱形筋や僧帽筋)ではなく、もっと深い部分が辛く、場合によっては常に締めつけられているような不快感を感じる状況があります。
 いくらマッサージしても解決することはなく、内臓系に問題があるのかと考えてしまう場合もありますが、それは上後鋸筋(じょうこうきょきん)のこわばりである可能性があります。
 上後鋸筋は菱形筋の下層にありますが、肩甲骨とは直接的な関係はありません。背骨と肋骨を繋いでいますので、胸郭の状態に関係します。

 胸郭は、背面の背骨(胸椎)と12本の肋骨と前面中央の胸骨で成り立っていますが、呼吸によって膨らんだり縮んだりしなければなりませんし、上半身の動きに合わせて柔軟に対応しなければなりませんので、骨盤や頭蓋骨とは違って自由度の高い骨格であると同時に、歪みやすい骨格でもあります。
 胸郭の状態を現す表現の一つに「鳩胸」があります。鳩胸と呼ばれる状態は胸郭の厚みが増している状態ですが、それは息を吸ったままの状態であると考えることができます。あるいは息を吐き出すことのできない状態であるとも言えます。

 上後鋸筋は背骨と肋骨を繋いでいますので、背骨から肋骨が離れてしまうような力が掛かっていたり、肋骨が離れているような状況になりますと変調してこわばります。
 そしてこのような状態が多く見受けられるのは、腹側の大胸筋がこわばっていて肋骨を胸骨の方に引っ張っていたり、胸骨の状態がおかしくてやはり肋骨を腹側に引っ張っている場合などです。
 あるいは、外肋間筋が強くこわばっていて、鳩胸のように胸郭が膨らんでいる場合もあります。
 つまり、胸側(前面)に力が偏って硬くなっていたり、縮こまっていたりしている時に上後鋸筋がこわばって、上背部を締めつけるような辛さを感じることが多いと言えます。

 ですから実際の施術では、一応背面から肩こりを揉みほぐすように上後鋸筋にアプローチしますが、それでらちがあかなければ前面の胸周辺を施術することになります。そして大概は、胸をゆるめることでリラックスしますと上後鋸筋のこわばりも解消します。
 上後鋸筋は背面の辛さですが、揉みほぐしや施術を行う場所は胸周辺になることが多いと言えます。

肩甲骨の表面に痛みや不快感を感じる場合

 肩甲骨の背面には、腕に繋がる幾つかの筋肉がありますが、その中で棘下筋(きょくかきん)がこわばって不快感や運動制限を感じる場合があります。

 棘下筋は肩関節を安定させて腕を外側に捻る働きをしますが、この筋肉自体がおかしくなることはあまりなく、腕や首や背筋や下半身の筋肉の影響を受けておかしくなる場合がほとんどです。
 ですから、棘下筋の変調を改善して肩甲骨背面の不快感を解消するためには全身を観察して対処する必要があります。
 棘下筋が張っているからといって、そこを揉みほぐしても痛いばかりで効果を期待することはできないと思います。

 また、同じ肩甲骨背面には棘上筋(きょくじょうきん)がありますが、よほど凝っていたり変調していない限り、この筋肉を辛いと感じたり、不快感を感じることはないと思います。
 しかし、肩こりの芯になる可能性のある筋肉でもあります。私は個人的見解として、人生の重荷は棘上筋が背負っているのはないかと感じています。
 指圧でゆるめることがこの筋肉に対する施術になりますが、指圧で指が深く入るに従って痛みが増しますが、同時に何かから解放されるような感覚も感じると思います。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ http://yumetowa.com
web予約 http://yumetowa.com/sp/reserve2.html

↑このページのトップヘ