仕事がら私はたくさんの人の頭を触ってきました。正直なところ、歪みのない、まともな状態の頭はほとんどありませんでした。大概が歪んでいます。
 しかし、私たちを創造した存在はもちろんそのこともご存じで、頭(頭蓋骨)が多少歪んでいたとしても、脳の働きが少々鈍くなる程度で、日常生活に大きな影響がでることはないようになっています。

 ところが時々、「この頭の中には余計なものが詰まっている」と感じることがあります。血行不良が原因で、リンパや血液が頭の中にたくさんありすぎてパンパンになっている状態というのはしばしばありますが、その類とは違うものが詰まっているように感じることがあります。

 実例を出しますと、

 その女性Aさんは25歳くらいです。若いながらいろいろと不調を抱えていて、胃腸の働きも良くありません。顎関節や歯列などにも問題があって、「本当はもっと違う顔つきなのではないのかな?」と感じながら頭部への施術を行っていました。
 よくあることなのですが、耳の上の側頭部の膨らみ方が左右で違い、右側の方が大きく感じました。そしてさらに、右側の内部には「怪しげなもの」が詰まっていて出て行けない状態になっていると感じました。
 「これが抜けてしまえば、もっとスッキリとした頭になって、顔も顎もスッキリ改善するのではないか」と思いました。
 しかし「どこから出そう?」と考えたときに、ちょっと悩んでしまいました。
 短絡的に言ってしまえば「邪気」ですから、まず手掌、足裏、あるいは頭頂部から出すことを考えるのですが、どうも今回はそこまで邪気が動いてくれそうにもありません。なにか重たく感じたのです。
 そこで、もっとも近い右耳から出そうと施術を始めました。するとAさんが「右耳は普段から聞こえが悪くて‥‥」と仰いました。
 きっと塞がった状態になっているので、外からの音も入ってこなければ、中の余計な気も出ていかなくて溜まってしまっているのかもしれないと思いました。

 施術は単純です。右耳の穴を拡げただけです。ただ表面の耳穴を拡げることだけでなく、「奥の方も拡がって!」という意識と、「ここから抜けていって!」という思いで邪気が抜けていくのをじっと待っていただけです。
 1分くらいそんなことをしていますと、頭の内部で何かが動き始めるのを感じることができました。そして「なんか、涙が出そう」とAさんは仰いました。するとみるみる内に涙が流れ出し、その状態がドンドン激しくなっていきました。そして幼子が声をあげてエンエン泣いているような状況になっていきました。Aさん本人の意識とは別に、からだが大きな声を発して泣き始めたのです。2~3分、あるいは5分くらいだったかもしれませんが、そのような状態が続きましたが、すると頭の中から邪気が抜け出たのを感じました。そしてAさんの状態も落ち着いて鎮静化しました。
「右耳が聞こえすぎるくらいよく聞こえるようになった」とAさんは仰いましたが、その後少しの間頭痛を感じていました。
 おそらく頭の中にあったものが無くなったので、バランスを取るまでの間頭痛がしたのだと思います。
 「いったい何が詰まっていたのですか?」と私は聞かれましたが、定かには答えられません。「もしかしたら、これまでに溜まってしまった感情が頭の中に溜まっていたのかもしれません」「まだ少し残っているかもしれないけど、それらの多くが今、抜けていったのかもしれません」と私は話しました。

 デトックスは肉体的なことだけでなく、精神的、感情的なものも必要なのかもしれません。
 Aさんのように頭の中に溜まっている人はたくさんいます。もやもやとした思考であったり、不安であったり、心配であったり、恐れであったり、あるいは感情‥‥。
 そして、それらは実際に頭や胸に物理現象として現れます。

 私が仕事を通じて知ったことですが、不眠症とか、精神不安定などの類で苦しんでいる人の参考になれれば嬉しいと思います。
 それらを解決する方法の一つとして、頭や心に溜まっているものを体外に放出することも考えてみてください。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html