ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

 先日、私見ですが、”三つのからだ”というブログを投稿しました。食物からなる”物質的なからだ=肉体”、呼吸に関係する”気(エネルギー)のからだ”、そして”心(≒感情や精神作用を含む)のからだ”、私はみなさんのからだを以上の三つに分けて考え、対処するようにしていますという内容でした。今回はその中の”気(エネルギー)のからだ”についての話題です。

 現在、毎月2回のペースで整体の勉強会を行っています。と言いましても、コロナウイルスのこともありまして、今は生徒さん一人と私とモデルの3人で細々と行っていますが‥‥。
 そして本日は「エネルギーの流れを変える」というテーマで勉強会を行いました。

 ”デトックス”は現代に生きる私たちには重要なテーマです。食物が多種多様にあって、グルメで‥‥痩身のためにデトックスする必要がある、というのも重要ですが、整体的な面では不要なエネルギーを体外に排出するという意味でのデトックスが重要です。東洋医学的に言いますと”邪気を体外に排出する”ということになりますが、SNSやインターネットで毎日溢れるほどの情報を頭に入れていますので、それらによって頭の中はいっぱいになり、思考を巡らす場所がなくなっているように見える人もいます。あるいは、ストレスや諸々の感情を表に出すことが出来なくて自分の中に溜め込んでいて苦しんでいる人もいます。

 呼吸は、吐き出す息(呼気)と吸い込む息(吸気)のことですから、本来、吐き出すことからスタートします。吐き出すことで肺の中が空になり、そして新鮮な空気を取り入れる動作が肺呼吸であり、それが自然の在り方ではないかと思います。
 ところが、皆さんに「少し深い呼吸を呼吸をしてください」とお願いしますと、大概は息を吸うことから動作を始めます。つまり私たちの多くは、まず取り入れることから始めたがっているのかもしれないと感じてしまいます。「不足」という深層心理の現れかもしれないなどと思ったりもします。

 さて、勉強会の内容に戻りますが、私たちのからだは呼吸だけでなく、気のからだはその他のところでも体内と体外の交流、つまりエネルギーのやり取りをしています。
 掌や足裏はその場所です。頭頂部には”百会(ひゃくえ)”というツボ、サハスラーラと呼ばれるチャクラがありますが、そこや会陰、その他にも耳の穴などいくつかの場所があります。
 たとえば掌を拡げたときに、そこからエネルギーを吸っているのか、あるいは排出しているのか、というのを観察することができます。
 掌や足裏は本来、エネルギーを排出する場所だと私は考えています。腕と足を大きく伸ばして「伸び」をしたときに、掌や足裏から気(エネルギー)が気持ちよく発散できるようであれば、それは良い状態です。その排出エネルギーに乗せて、ストレスや嫌な感情、頭を埋めていた情報などを出してからだを風通しの良い状態にすることができます。

 しかしながら、こういった「伸び」をしても邪気(不要なエネルギー)を出すことのできない状態というものがあります。つまり、外界から気が体内に向かってどんどん入ってきてしまう状況です。このような状態になりますと、必要のないエネルギーが体内に蓄積されますので、不快感を感じますし、しばしばそれらは生理活動に影響を及ぼし、肉体的な不具合や不調を招くようになったりします。
 そして本日のテーマは、このように外界から気が入ってしまう状況を逆転して、掌や足裏からエネルギーが放出できる状態にするためにはどうしたら良いか? というものでした。

 おそらく意識を使えば、それはすぐに可能でしょう。心を集中して掌や足裏から邪気が出ていくイメージを保つことで、肉体はそのように働きだすと思います。ストレッチやヨガや気功やさまざまな呼吸法はおそらくこのような原理を利用しているのだと思います。
 ところが、まったく意識しない状態でも、常にそのような状態に肉体を保つことも可能です。そして、それが「整体」という療法の真髄かもしれません。

 背骨(脊椎)の在り方はいろいろな面で肉体の大きなことから細かいことまで関係が深いと言えます。上部頚椎が上を向いているのか下を向いているのかで呼吸や頭の働きに影響が出たりします。胸椎や腰椎の向きや捻れによって逆流性食道炎を招いたり、胃腸の働きに影響が出たり、腰痛や神経痛になったりと肉体にいろいろな影響を与えますが、それは肉体の面だけでなく”気のからだ”にも影響を及ぼすことがあります。

 本日のモデル:Mさんのケースを例にあげてお話しします。
 Mさんは左右の掌から気を吸ってしまう状況でした。しかし、上を向いていた第4腰椎を操作して正すと、掌から吸い込む状態が止まるようになりました。ですから、もっと根本的な原因になっている脊椎を修正すれば、エネルギーの流れを逆転できる可能性があることがわかりました。
 ですから、その根本原因になっている脊椎を探して、腰椎の一つ一つ、胸椎、そして頚椎の一つ一つを観察していきました。すると、第3・第4頚椎が第4腰椎とどうように上向きの状態になっていました。そして、これらを操作して正しますと、掌だけでなく頭頂の百会からも気が放出される状況になることがわかりました。つまりMさんが無意識の中で外界から気を体内に吸い込んでしまっている原因は第3第・4頚椎の歪みが原因であることが分かったということです。
 ですから、あとは「どうしてこれらの頚椎が歪んでいるのか?」という本当の原因を探していく作業になります。
 第3・第4頚椎の前面には舌骨があります。ですから、舌骨や喉周辺を観察してみました。すると筋肉や筋膜がとてもこわばっていて、舌骨が前方に歪んだ状態になっていました。つまり舌骨が本来よりも前に歪んでいる分、頚椎も前方に引っ張られていて歪んだ状態になっていることがわかりました。
 そして、最終的には下唇の下にあります下顎の先端(オトガイ)周辺の筋肉が硬くなっていることが原因であることにたどりつきました。Mさんは下向き加減の姿勢が多くて、オトガイ周辺に力が入りやすい状況だったのかもしれません。
 ですから、オトガイ周辺のこわばりを5分間ほどの持続的指圧でゆるめましたが、その途中で足裏がスウスウするようになり、掌も涼しくなっていき、反面からだの中は温かくなっていくと仰っていました。

 施術が終わって確認しますと、座位の姿勢も良くなり、腰の動きも良くなっていました。そして「からだがスッキリとした」と仰っていました。
 整体勉強のモデルですから、必要以上のことは何もしていません。ただオトガイ周辺のこわばりをゆるめただけです。それだけで、体内のエネルギーの流れがすっかり変わり、体内にあった不要な気(エネルギー)が出て行ったので、肉体は軽やかになり、気の流れが改善するとともに血行も良くなったと思いますので、からだ温まったのだと思います。

 本日はこのような勉強会をしました。
 おそらく、実際にはかなり高度な内容だったと思います。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 コロナウイルスの問題が始まって1年が経ちます。それまでの自由に活動できた世の中から、引きこもり気味の生活を強いられるようになり、暗い雰囲気が漂っていますが、私の仕事の観点からも好ましくない兆候がたくさん見られる状況です。

 昨年の4月、つまりマスク装着が半ば強制されて一月ほど経ったときに、「マスクの弊害と日々のケア」という投稿をしました。
 マスク装着も一年続きますと、その影響も慢性化し、自覚の「ある・なし」に関わらず、私の目から見ますと様々な影響が見受けられます。

 頭や顔に対する影響については前回も気しましたが、今回も書きました。そして是非、日々のセルフケアとしていただきたいと思っています。
 その内容は以下のリンクをタッチ(クリック)してください。

 マスクの弊害(その後)とケアのすすめ

 さらに喉周辺へも影響が及んでいまして、嚥下や呼吸や発声に不調や不具合をもたらしていたり、あるいは股関節や膝関節の不具合の原因になっていることもあります。
 「喉と股関節や膝関節がどうして関係するの?」と思われる人がほとんどだと思いますが、これらのことにつきましては、また後日アップしたいと考えています。

 今まさに花粉症の時期を迎えて、さらにマスクは必需品になっていますが、マスクの弊害に負けないためにも、一つの情報として知っていただければと思います。

 本日来店された常連の女性が、昨日投稿したブログに記した「邪気」について「それは気体?」というような質問をされました。
 「邪気」というのは東洋医学(中医学)で使われている概念です。「正気」に対する「邪気」なのですが、それは「気」(≒エネルギー)の世界の言葉ですから、現代科学しか知らない私たちには難解な概念だろうと思います。
 「気体」というのは空気のことですから、物質世界の言葉です。目視で物質的に捉えることはできませんが、酸素や炭酸ガスや窒素などと現代科学的に分析できます。ですから、これは「気(エネルギー)」の領域とは違う世界の言葉となります。

 私はよく知っているわけではありませんが、おそらく量子力学的にはエネルギーと物質は同じものの違う側面として捉えるのだろうと思います。ですから、量子力学的には「気体」と「気」(正気・邪気)は同じレベルで論じることが出来るのかもしれませんが、私は実務者ですので、実務的に便利になるように考える習慣があります。
 そこで、私は大胆にも、私たちの普通に知っている”からだ”は三つのからだが合わさったものだと考えています。
 一つは、眼に見えて触ることの出来る”物質次元のからだ”、つまり肉体です。
 もう一つのからだは、気のからだです。東洋医学では経絡(けいらく)とか経穴(ツボ)という専門用語が使われますが、それは”気のからだ”を取り扱っていると解釈しています。
 そして、三つ目は”心の次元からだ”です。感情とか、精神面とか、それらも実務的にとりあえずこの次元のからだに含めています。

 「気」の話題をだしますと何か眉唾もののような印象を持つ人もいます。この概念は私たちが習ってきた現代科学ではほとんど取り扱っていないからだと思います。それは「眼に見えない(観察することが出来ない)ので信じられない」との思いからだと思います。しかしながら「心」は見ることが出来なくても、確かに存在していることは誰もが知っています。ですから、通常は「心と体」という分け方するわけですが、それについては違和感を感じる人はほとんどいないと思います。

 「気(エネルギー)」は見えません。しかし私たちが生きていることの証しである「呼吸」は「気」を代表する現象です。呼吸が止まった状態、それは気の出し入れ(呼気と吸気)が途絶えた状態のことですが、そうなりますと傷一つない肉体があったとしても私たちは”生きている人間”と認めることが出来なくなります。そういう意味で「気」は大切であり、多くの人がよく解らないと考えているであろう「気」について、私は”気のからだ”という見方をして自分の実務に活かすようにしているわけです。

 ですから施術を行うときには、筋肉や骨格という”物理的なからだ”と、呼吸やツボに関連する”気のからだ、そして感情や精神面も含めた”心のからだ”の三つの面で観察することがしばしばあります。
 単に膝が痛いとか、五十肩だとか、腰痛など肉体的不具合だけの場合は、ほとんど肉体面でしか見ませんが、呼吸が絡んできたり、感覚器官の問題があったりしますと”気のからだ”も見るようになります。
 また、他者の心理面にはなるべく立ち入りたくありませんので、”心のからだ”については普通は何も考えずに接しています。しかし「どうしてもこの問題を解消しないとからだ(肉体)がよくならない」と感じるときは、心のからだも観察することがあります。

 ところで、インドの哲学には「五つの鞘(さや)」という概念があります。「ハイヤーセルフ」とか「本当の自己」とよばれるもの、「真我」と定義されるものは「因果の鞘」「理知の鞘」「心の鞘」「呼吸の鞘」「食物の鞘(=肉体)」の五つの鞘に覆われているという概念です。因果の鞘が最も上位であり、肉体がもっとも下位の鞘になるのですが、この概念にしたがいますと、私が表現している”心のからだ”が上位、”気のからだ”が中位、”物質的なからだ”が下位となります。そして、それぞれの”からだ(鞘)”は互いに関わり合っています。
 つまり、”心”に変化が起こりますと、それは”気”に影響を及ぼし、そして”肉体”の何かが変化することになるのですが、認識しなければならないことは、この変化は必ず起きるということです。心が喜んだり悲しんだりしても、気の流れはまったく変化しなかったり、肉体に何の変化も起きなかった、ということは”あり得ない”という認識が施術者の私にとっては重要です。この上位から下位につながる変化は必ず起きます。もし、私が技術者として未熟であれば、その変化が捉えられません。ですから、私は技術力を上げるように、もっと精進しなければならないということになります。
 また、肉体の変化が気の流れを変化させ、心に影響を与えることもあります。たとえば、胸郭の状態が悪くなったり、胸まわりの筋肉が変調して、肺呼吸が上手くできない状態になりますと、呼吸が悪くなり息苦しくなるとともに”気のからだ”の状態も悪化します。すると息苦しさから不安を感じたり、イライラしたりと感情に変化が生じるようになります。つまり”心のからだ”も影響を被ることになります。
 このことについては、「感覚器官と心の動き」についての哲学的話がありますが、それは機会があれば紹介したいと思います。

 いわゆる修行者やヨギ(ヨガの達人)は心が外的要因によって影響を受けない不動心をもっていますので、肉体的変化がストレートに心に変化を及ぼすことはないかもしれません。しかし多くの普通の私たちは、心の振れ方に差異はあるものの肉体的変化や気の変化によって心が変わってしまいます。ですから、普段から快適な肉体と、快適な呼吸を保つようにすることが心の安定と幸福感にとって必要なことであるということになります。

 今回の話題は、あくまでも私の私見です。こんなことを思いながら施術していると知っていただければ‥‥。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 仕事がら私はたくさんの人の頭を触ってきました。正直なところ、歪みのない、まともな状態の頭はほとんどありませんでした。大概が歪んでいます。
 しかし、私たちを創造した存在はもちろんそのこともご存じで、頭(頭蓋骨)が多少歪んでいたとしても、脳の働きが少々鈍くなる程度で、日常生活に大きな影響がでることはないようになっています。

 ところが時々、「この頭の中には余計なものが詰まっている」と感じることがあります。血行不良が原因で、リンパや血液が頭の中にたくさんありすぎてパンパンになっている状態というのはしばしばありますが、その類とは違うものが詰まっているように感じることがあります。

 実例を出しますと、

 その女性Aさんは25歳くらいです。若いながらいろいろと不調を抱えていて、胃腸の働きも良くありません。顎関節や歯列などにも問題があって、「本当はもっと違う顔つきなのではないのかな?」と感じながら頭部への施術を行っていました。
 よくあることなのですが、耳の上の側頭部の膨らみ方が左右で違い、右側の方が大きく感じました。そしてさらに、右側の内部には「怪しげなもの」が詰まっていて出て行けない状態になっていると感じました。
 「これが抜けてしまえば、もっとスッキリとした頭になって、顔も顎もスッキリ改善するのではないか」と思いました。
 しかし「どこから出そう?」と考えたときに、ちょっと悩んでしまいました。
 短絡的に言ってしまえば「邪気」ですから、まず手掌、足裏、あるいは頭頂部から出すことを考えるのですが、どうも今回はそこまで邪気が動いてくれそうにもありません。なにか重たく感じたのです。
 そこで、もっとも近い右耳から出そうと施術を始めました。するとAさんが「右耳は普段から聞こえが悪くて‥‥」と仰いました。
 きっと塞がった状態になっているので、外からの音も入ってこなければ、中の余計な気も出ていかなくて溜まってしまっているのかもしれないと思いました。

 施術は単純です。右耳の穴を拡げただけです。ただ表面の耳穴を拡げることだけでなく、「奥の方も拡がって!」という意識と、「ここから抜けていって!」という思いで邪気が抜けていくのをじっと待っていただけです。
 1分くらいそんなことをしていますと、頭の内部で何かが動き始めるのを感じることができました。そして「なんか、涙が出そう」とAさんは仰いました。するとみるみる内に涙が流れ出し、その状態がドンドン激しくなっていきました。そして幼子が声をあげてエンエン泣いているような状況になっていきました。Aさん本人の意識とは別に、からだが大きな声を発して泣き始めたのです。2~3分、あるいは5分くらいだったかもしれませんが、そのような状態が続きましたが、すると頭の中から邪気が抜け出たのを感じました。そしてAさんの状態も落ち着いて鎮静化しました。
「右耳が聞こえすぎるくらいよく聞こえるようになった」とAさんは仰いましたが、その後少しの間頭痛を感じていました。
 おそらく頭の中にあったものが無くなったので、バランスを取るまでの間頭痛がしたのだと思います。
 「いったい何が詰まっていたのですか?」と私は聞かれましたが、定かには答えられません。「もしかしたら、これまでに溜まってしまった感情が頭の中に溜まっていたのかもしれません」「まだ少し残っているかもしれないけど、それらの多くが今、抜けていったのかもしれません」と私は話しました。

 デトックスは肉体的なことだけでなく、精神的、感情的なものも必要なのかもしれません。
 Aさんのように頭の中に溜まっている人はたくさんいます。もやもやとした思考であったり、不安であったり、心配であったり、恐れであったり、あるいは感情‥‥。
 そして、それらは実際に頭や胸に物理現象として現れます。

 私が仕事を通じて知ったことですが、不眠症とか、精神不安定などの類で苦しんでいる人の参考になれれば嬉しいと思います。
 それらを解決する方法の一つとして、頭や心に溜まっているものを体外に放出することも考えてみてください。


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 みなさん、いつもブログをお読みいただいてありがとうございます。
 私は毎日、整体の仕事にいそしみながら、合間をみてブログを書いています。ですから、その時の状況によって投稿と投稿の間がかなり空いてしまうこともあります。
 そしてこのブログは普通の、素人の人が読者であるという前提で書いていますので、ついつい細かい言い回しになってしまったりしています。できるだけ専門用語を避けて多くの人に理解していただけるようにと考えていますが、それでもやはり専門性はあるていど盛り込まないと内容をお伝えできない部分もあり、ちょっと苦労しているところです。

 さて、これまではホームページに掲載する内容をそのままブログに投稿していましたが、それではブログも面白みがないので、これからはこれまでとは違った内容のものにしていきたいと考えています。
 もう少し身近な内容のものになるのではないかと思っています。
 また、これまではコメントをいただいても時間的に対応できないのではないかと思っていましたので、コメントを受け付けない設定にしていましたが、これからはコメントを書き込んでいただけるようにしてみます。

 今後ともどうぞよろしくお願いします。

 取り急ぎ、ホームページに新しい記事を二つアップしました。

 リンク 足底のセルフケア① 母趾内転筋

     腰椎椎間板ヘルニアに対して


足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

↑このページのトップヘ