ゆめとわのblog

ホームページとは違った、より臨場感のある情報をお届けしたいと思っています。 また、テーマも整体の枠を飛び出してみたいと思います。 ホームページは以下です。 http://yumetowa.com/ お問い合わせはメッセージ欄でお送りください。

 もうだいぶ前のことですが、家族の者が部屋のドアノブを換えてくれと言い出しました。ドアノブを回すのが痛くて辛いということでした。
 まだ私が今の仕事を始める前のことでしたから、「なんでそれくらいのことが痛いのかな?」と内心思っていました。

 ところが、今はこのことがしっかりと理解できます。ドアノブを回すはたらきをする筋肉が上手く働かない状態だったわけです。
 今回の話題は、肘から先(前腕)や手首を回す働きをする筋肉についてですが、パソコン業務の人、テニス肘の人、腱鞘炎で苦しんでいる人、そのような人達には参考になる話だと思います。

前腕を捻る回内動作と回外動作

 肘から手首までを専門用語で前腕(ぜんわん)と言いますが、前腕を内側に捻る動作を回内(かいない)、外側に捻る動作を回外(かいがい)と専門用語で言います。

回内に働く筋肉
 前腕の回内動作に関わる筋肉は三つほどあります。
 動作の主動筋は回内筋は円回内筋(えんかいないきん)です。
 そして手首の辺りで前腕を回内させる方形回内筋(ほうけいかいないきん)があります。
 また、主たる働きは手首を内側に曲げる動作ですが、前腕の回内を補助する橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)があります。

 前腕には二つの骨があります。肘関節から親指側にある骨を橈骨(とうこつ)と言い、小指側にある骨を尺骨(しゃっこつ)と言いますが、回内動作は尺骨を軸にして橈骨が尺骨に対して回旋して近づき、そして交叉していく形で行われます。
 ですから尺骨側(上腕骨)に足場を置いて、橈骨を強く引きつけ交叉させる筋肉である円回内筋の働きがとても重要になります。

 たとえば、円回内筋が上手く収縮できない状態になったとします。円回内筋は肘の近くで前腕を回内させますが、それが上手くできなくなりますと、手首近くの方形回内筋を必要以上に使って前腕を回内することになります。あるいは、前腕の回内運動を補助する程度に使われる橈側手根屈筋が必要以上に収縮して前腕の回内を行おうと試みるようになります。
 すると以下のような状況になります。

  1. 円回内筋が働かないので肘部分での回内が鈍くなり、
  2. 方形回内筋がこわばるので、いつも手首が内側にひねれた状態になり、
  3. 橈側手根屈筋がこわばるので、前腕の内側(屈側)がパンパンに張った状態になって肘付近が硬くなる。

 そして、実際このような状態の人が非常に多いのです。

回外に働く筋肉

 前腕を外側に捻ること回外と言いますが、上腕にあります上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)と肘関節近くにあります回外筋(かいがいきん)が協働して前腕の回外運動を行います。
 その他にも前腕の後面(伸筋側)にあります筋肉(長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、腕橈骨筋、長母指外転筋など)も回外運動を補助しています。



回内と回外のバランス
 ところで、前腕を回内する主動筋である円回内筋は肘関節の近いところにありますので、作動させて収縮しますと肘関節で前腕が内側に捻れる回内運動が行われます。そしてこれが正しい在り方です。
 仮に回外筋がこわばった状態になっていたとします。
 これは肘関節付近で前腕には外側に捻る力が働いているということですから、円回内筋を働かせて前腕を内側に捻ろうとしても、なかなかスムーズに回内運動を行うことができません。
 しかし、ドアノブを回したり、パソコンのキーボードを叩いたり、ペットボトルのキャップを開けたりと、前腕を回内させなければならない状況はたくさんあります。
 そして、このような状況では、円回内筋が上手く働けない状況をカバーするために方形回内筋や橈側手根屈筋、あるいは手指の筋肉を使って前腕を内側に捻るようになってしまいます。
 しかし、これらの筋肉の本来の仕事は別にありますので、これらの筋肉は酷使状態となり、腱鞘炎などの問題を引き起こす可能性が生じるようになります。

 また、反対に方形回内筋や円回内筋がわばった状態になりますと、前腕を外側に捻る回外動作を邪魔することになります。「外側に回したくても内側に引っ張られてしまう」という状況になってしまいます。
 私たちの日常動作では腕を内側に捻る回内運動の方が外側に捻る回外運動よりも多いです。ですから回内運動に関わる筋肉がこわばりやすいのですが、それによって「回外動作の力が入らない」状況になることがあります。
 そして、力が入らないのに無理して回そうとしますと、回外筋や周辺の筋肉が耐えられなくなって痛みを発するようになることがあります。

 これが「ドアノブを回すのが痛くて辛い」ということの根本的な原理です。
 ですから、この問題を解決するためには、円回内筋や回外筋の働きを邪魔する状況を解消することと、円回内筋と回外筋の働きがしっかりと行えるように筋肉の状態を調整することが必要になります。

 ところで、回内と回外に関わる問題を解決しようとするとき、打撲やケガなどにより回外筋や前腕の伸筋群を損傷したなどの場合を除き、臨床的には回内に関わる筋肉や骨格を調整する方法をとることが多くなります。それは回内に関係する筋肉の影響力が強いということでもあります。ですから、以降は回内に関わる筋肉の問題に絞って説明を進めていきます。

円回内筋の働きを邪魔する要因

 回外筋は前腕の外側(伸筋側)にありますが、同じ伸筋側にある筋肉は前腕の回外に協力したり、それらの筋肉と連動関係にありますので、前腕の伸筋側が硬く張っているような場合は、円回内筋の働きを邪魔する状態になっていると判断することができます。

 ところで、回外筋は手の第1背側骨間筋と連動関係にあります。
 第1背側骨間筋は親指と人差し指の間にありますが、私たちが物を掴む作業では必ず使いますのでこわばりやすく、そのこわばりが強く慢性化してい傾向が強い筋肉です。
 ですから、第1背側骨間筋がこわばっている状況が回外筋に連動して、回外筋がこわばっている状態になっています。

 また親指を操作する筋肉はいくつかありますが、たとえばスマホのゲームや文字入力で親指を上げたり(=伸ばしたり)下げたり(=曲げたり)する動作を頻繁に行いますと、これらの筋肉(短母指外転筋、短母趾屈筋、長母指外転筋、長母指伸筋など)がこわばります。それによって前腕の伸筋がこわばって円回内筋の働きを邪魔するようになりますが、このような状態の人もたくさんいます。

 以上、円回内筋の働きを邪魔する要因について説明しましたが、その多くは手の使い方による筋肉の変調状態(コリやこわばり)が根本的な原因になっています。ですから、第1背側骨間筋や長母指外転筋や短母指外転筋などをよく揉みほぐすことでこの状況を改善することが出来ます。
(その他に、足の方からの影響で円回内筋の働きを邪魔している状況もあります。)

円回内筋の働きを高めるために

 作業で前腕の回内動作をたくさん行っているなどの事情や、あるいは円回内筋を損傷したというようなことのない限り、円回内筋そのものの働きが悪くなることは考えにくいことです。
 ですから、円回内筋の働きが悪い場合、それは連動関係にある筋肉の影響によるものである可能性が高いと言えます。

 手のひらの親指のつけ根には母指球と呼ばれる膨らみがあります。親指を動かすための筋肉がいくつか密集しているので、厚みが増して膨らんだ状態になっているわけですが、最も深い部分に母指対立筋(ぼしたいりつきん)があります。

 母指対立筋はとても地味ですが、小指の先と親指の先をくっつけるような動作をするときに働く筋肉です。手のひらにおいて母指を内側に捻る(回内させる)筋肉であるとも考えられますが、この筋肉は円回内筋と連動関係にあります。ですから、母指対立筋の状態を良くすることで円回内筋の状態を良くすることが可能になります。
 そして実際、母指対立筋の状態が悪くて円回内筋の働きが悪くなっているケースがたくさん見受けられます。

 また、方形回内筋も前腕を回内する働きをする点で円回内筋と共通していますが、同じような働きをする筋肉は、場合によっては拮抗関係になることがあります。
 方形回内筋がこわばったことによって、円回内筋がゆるんで働きの悪い状態になってしまうことがあるのですが、このような状態の人も多くいます。

 回外筋がこわばっていて円回内筋の働きを邪魔している場合、それでも腕を内側に捻らなければならないとき、私たちは方形回内筋を酷使して手首を内側に捻るようになります。
 すると方形回内筋はこわばった状態になりますが、それが理由で円回内筋の働きが悪なります。ですから、円回内筋の働きを回復するためには方形回内筋のこわばり状態を解消する必要があるということになります。

 さらに、円回内筋は肩関節では肩甲下筋と連動しますが、四十肩・五十肩の症状を持っている一部の人の場合、それが理由で円回内筋の働きが悪くなっている場合もあります。

 ですから、円回内筋の働きや状態を整えるためには、母指対立筋や肩甲下筋を良い状態にし、前腕の回内運動を邪魔する回外筋や伸筋群のこわばり状態を改善する必要があるという結論になります。
そして、実際、私はそのように施術を行っています。

円回内筋の働きが悪い人は脇が開いているのが特徴

 円回内筋は肘関節のところで前腕を内側に捻る働きをしますので、筋肉の働きが悪い状態では肘関節のところではなく、手首のところで腕を内側に捻る動作をすることになってしまいます。それは方形回内筋や手指の筋肉を使っているということなのですが、腱鞘炎などのトラブルを招く可能性が生じます。

 たとえば、コーヒーカップを口元に持っていき、飲もうとする動作をしたとき、肘が開いて脇があいてしまうのであれば、それは円回内筋の働きが悪く、肩関節で腕を内に捻ることで円回内筋の働きを代償しているということです。
 円回内筋の働きが良い状態であれば、コーヒーカップを口元に持っていく段階で既に肘関節で前腕が回内するのと同時に、肩関節でも(円回内筋と連動する)肩甲下筋が働きますので、脇を締めて肘が下がった状態でも腕を内側に捻ることができるようになります。
 そしてこのような状態の人は、どんな動作をしても肘が地面を指すように、脇が締まった状態でいることができますので、からだを壊す可能性も低く、効率の良いからだの使い方をすることができます。

その他の症状

 「ドアノブを回すと痛みを感じて辛い」という話から話題がだいぶ拡がりましたが、前腕の回内も回外も肘関節のところで行われるのが正しい在り方です。

 たとえば、赤ちゃんを抱えたお母さんは、抱っこをしながら手首を捻っていろいろな作業をしたりします。赤ちゃんを抱いている状態では肘関節で腕を捻ることは出来ませんので、方形回内筋を酷使する状態になります。そしてこのような状況を続けていますと手首の関節を歪めてしまう可能性が高くなりますが、それによって腱鞘炎になってしまうかもしれません。

 また、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は肘付近の伸筋(長橈側手根伸筋や短橈側手根伸筋や指伸筋)の炎症であるとされていますが、私の見方ではそれらの筋肉の損傷です。ギュッとラケットを握るときにはこれらの筋肉が収縮するのですが、その収縮が上手くできないために痛みを発してしまう状況がほとんどだと思います。
 そして、これらの筋肉が損傷してしまう原因として円回内筋や回外筋の酷使や使い方の間違いが考えられます。親指と人差し指を中心にラケットを握る癖になっていますと、第1背側骨間筋がこわばりますが、それが回外筋に連動します。
 また、サーブなどでスライスをかける動作は肩関節での内旋、肘関節での回内動作ですので円回内筋の酷使になります。
 ですからテニス肘を改善するためには、損傷した筋肉の回復と、回外筋と円回内筋などの調整の両方を行う必要があります。安静などによって損傷部位の回復を促すだけでは、片手落ちで、またすぐにテニス肘の状態になってしまう可能性があります。



 今回の話題は肘関節で前腕を捻ることに関してでしたが、ほとんどの人は普段、何も気にしていないと思います。
 それはそれでけっこうなことだと思いますが、手首や肘の痛み、腱鞘炎、腕のだるさなどの症状が現れたときには、今回説明させていただいたような要因が内在していますので、そのことを頭の片隅に入れていただければ幸いに思います。

 そうすれば、ちょっとしたことができない状況を見て、「そんなこともできないのか?」などという誤解をいだくこともないと思いますし、「根性で頑張れ」などという考えにも至らないと思います。
 スポーツや、からだの動きを指導するような立場の人には是非、理解していただきたいと考えています。
 

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 からだがリラックスできる状態になるためには、喉元の筋肉(舌骨筋群や頭長筋など)の筋肉の状態も大切であることを説明してきました。
 そして、そのためには足首の柔らかさも大切であると説明させていただきましたが、今回はその理由と、ポイントになる骨格と筋肉と靱帯について説明させていただきます。

足首が硬くなると喉元が緊張する理由

 詳細を説明しますと長くなってしまいますし、専門的になりすぎてしまいますので、だいぶ省略した説明になってしまいます。

 私は骨格や筋肉や筋膜の状態を判断するときにベクトル(中学の数学で勉強した「方向性」)をかなり重要視しています。
 それは、その骨が「どこを向いているのか」「どちらに行きたがっているのか」、その筋肉が「縮みたがっているのか、否か」、その筋膜が「どのように捻れたがっているのか」といったものです。
 このようなことを申しますと「変人」扱いされてしまうかもしれませんが、私たちのからだの骨や筋肉や筋膜には、あるいは細胞には、それぞれに意識や意見(訴え)があるよう感じています。それは私たちの意識が集中して繊細になることができれば、誰もが感じられるものだと思っています。そして、それを「ベクトル」と私は表現しています。

 足首が硬い人の特徴として、足のくるぶし(内果と外果)が下がっていて、足首が太くなるという現象があります。そしてくるぶしが靴の縁に当たって擦れてしまう可能性が高くなるかもしれません。
 これは単純に考えますと、ふくらはぎの骨(脛骨と腓骨)と足の骨が近づいてしまっているということなのですが、足首周辺の靱帯が縮んだ状態になっていて脛骨と腓骨を下に引っ張っている状態です。ですから、脛骨と腓骨を触りますと、ベクトルが下に向かっていると私は感じます。

 ここで視点を膝関節に向けますと、脛骨が下に引っ張られている分、大腿骨との間が少し拡がった状態になります。すると、脛骨と大腿骨を繋ぐ筋肉が緊張してこわばります。

 膝裏では膝窩筋がこわばって硬くなりますので「膝の裏が腫れぼっくて硬い」と感じると思います。また、ハムストリングや腓腹筋もこわばりますので、裏側(背側)の膝周辺も硬くなって張ります。さらに太股に対してふくらはぎが後側に歪んだ状態になりますが、それを前から見ますと膝小僧(膝蓋骨)が目立つ状態となります。

 この状況はかかと重心になってしまう状態ですが、骨盤も後傾しますので、猫背にもなりやすくなり、頭長筋がこわばって首・肩・顔に力が入りやすい状態を招きます。(「気になる頭長筋の状態」参照)

 膝関節の前面では大腿四頭筋がこわばります。ですから、太股の前面が太く硬くなってしまいますが、喉元では胸骨甲状筋(きょうこつこうじょうきん)がこわばりますので、食物の飲み込み(嚥下)や発声に悪影響がおよびます。(「食欲不振‥‥飲み込めなくて=嚥下の不調」 参照)

 足首の靱帯が縮んで足首が硬くなった状態は、その他に「鼡径部が下がるので下腹が出たり、舌が下がる」といった現象ももたらしますので、噛みしめや歯ぎしり、頭痛といった症状を招く可能性もあります。

距骨の不安定さと立方骨と短母趾屈筋

 足首の靱帯が硬く縮んでしまう理由について考えますと、二つのことが浮かんできます。

 一つは足首の使いすぎです。「足首の使いすぎ」といってもピンとこないと思いますが、この状態を招く理由としては、歩いたり立ったりするときに足やふくらはぎに力を入れすぎていて、「足で踏ん張っている」「足元で頑張っている」状態になっていることがあげられます。
 たとえば歩行においては、骨盤を中心にその周辺の筋肉を主体的に使って動作をおこなうのが良い在り方です。そうであれば、足元に力を入れなくてもサッサと軽やかに歩くことが出来ます。そしてこのような状態の人の歩き方を見ますと、お尻がプリプリ収縮を繰り返して歩いているように見えます。
 反対に骨盤中心ではなく、足元に力を入れて歩いている人の場合は、お尻はあまり動かず股関節から下ばかりが動いているように見えます。歩き方にバネが感じられません。
 このような人は歩行時における全体重の負荷を膝や足首で受け止めることになりますので、足首がその負荷に負けないようにとガチッと硬くなりますが、それが足首周辺の靱帯や筋肉を縮めてしまう要因になるのではないかと思います。長く歩いているとスネの外側が張って辛く感じる人は、まず間違いなくこのタイプの人と言えます。

 二つ目は、距骨が不安定な状態になっているので、それを補うように靱帯や筋肉が縮んでいる状況です。
 「距骨(きょこつ)‥‥足関節の安定と歩行と重心移動」で詳細は説明していますが、立位の状態で、全身の負荷を足で受け止める直接的な骨は距骨です。ですから、距骨の状態は立位の状態を決める「要」であると言うことができます。

 また、足首周辺の靱帯と距骨との関係では違う側面もあります。
 たとえば足を内側にグキッと捻ってしまった捻挫は、足首外側の靱帯に損傷を招きます。

 前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)や後距腓靱帯(こうきょひじんたい)が伸びて損傷しますと、距骨が小趾側に捻れた状態になる可能性があります。あるいは立方骨(りっぽうこつ)を安定させる靱帯が損傷しますと立方骨がグラグラしますが、あわせて距骨もグラグラして不安定になる可能性があります。
 すると、からだは足首の不安定さを嫌いますので、他の靱帯を固めるように縮めて足首の不安定さが小さくなるようにするのではないかと想像します。

 また、この状況に関連して母趾と立方骨を繋いでいる短母趾屈筋(たんぼしくっきん)がこわばりますと、立方骨が前方に引き付けられ前に歪んでしまいます。すると隣り合う関係の距骨も歪んで足首が不安定になりますが、このような状態の人はたくさんいます。



距骨を整えるための主な考え方と施術

 上記までの内容を要約しますと、足首が硬く縮んでしまう理由は以下の3つになります。

  1. 足首の酷使などの理由で足関節の靱帯がこわばってしまった。
  2. 捻挫などの影響で損傷した靱帯の働きを補うために他の靱帯や筋肉が硬く縮んでしまった。
  3. 立方骨の歪みが距骨の歪みに繋がり、足首が不安定な状態になってしまった。
    (短母趾屈筋のこわばりや捻挫等による靱帯の損傷が原因)

 ですから、それぞれの状況によって施術内容は異なります。

  1. の理由による靱帯のこわばりに対しては、靱帯をゆるめる手法を行います。それはストレッチや指圧などの手技になりますが、それ以外に足首をよく回すことも有効です。
  2. に対しては、損傷や疲弊してしまった靱帯を復活させる施術を行います。
     そして(悲しいことですが)、捻挫などのケガが何十年前のものであったとしても、靱帯の状態が元通りに回復していない現実があります。

     私たちの一般的な感覚では、捻挫をしたとしても腫れが治まって痛みが消失してしまえば、それで捻挫は治癒したと認識しているかもしれません。しかし、それだけでは捻挫の損傷は完全に回復しているわけではありません。靱帯の働きがしっかりと戻って関節のグラグラ感が消え、骨格が安定して周囲の筋肉がしっかり働ける状態になったときが損傷が回復した状態です。そうなりませんと足首(足関節)の要である距骨は頼りない状態のままですので、全体重を距骨に乗せることができません。このような状態ではかかと重心になっている可能性があります。

     損傷から回復しきっていない靱帯を回復させる手段は、やはり「手当て」です。あるいは、ピップエレキバンが有効な場合もあります。ともかく血液をたくさん運んできて、細胞の働きが活発になるようにする施術が必要です。(この感覚は実際に体験しないと解らないと思います。)
  3. 立方骨が歪んでいる理由として、立方骨と踵骨、あるいは4趾・5趾の中足骨を繋ぐ靱帯が損傷している場合には上記②と同じ手法を用います。


       あるいは短母趾屈筋(たんぼしくっきん)がこわばっていることで立方骨が前方に歪んでいるケースでは、短母趾屈筋のこわばりを解消する施術を行わなければなりません。

     但しこの場合、単にこわばりを解消するだけでは根本的な解決になりません。「どうして短母趾屈筋がこわばったのか?」について最終的には解決する必要があります。


       短母趾屈筋がこわばる理由として、多くの人のケースでは、歩き方の問題などで短母趾屈筋を必要以上に収縮させなければならない状況になっていることがあげられます。

     ですから、歩き方が良くなるようにからだを整えることが必要になりますが、それは長年の「癖」を克服する道のりでもあります。ですから一朝一夕にいきません。「形状記憶」のような状態を解除するように、時間をかけて着実に進めていく心構えが必要になると言えます。

     とはいえ、とりあえずは立方骨の歪みを改善する必要がありますので、こわばっている短母趾屈筋をゆるめる施術を行います。

 距骨の歪みに対しては、多くの場合で、上記の3つの観点で観察し、適切に施術を行うことで対処できると思います。しかし少数派なのでここでは説明を省きますが、脛骨の捻れが原因で距骨が歪んでいる場合もあります。

短母趾屈筋のこわばり

 上の写真の右側のように、脛骨に対して距骨が前方に歪んでいる状況では、その人はほぼ間違いなくかかと重心の状態になっています。ですから、この状態は確実に改善したいと考えていますが、この状態をもたらしている直接的な原因として最も多いのは、短母趾屈筋のこわばりです。

 ご自分の足を観察して、親指(母趾)が中足骨のところから下を向いているようであれば、ほぼ間違いなく短母趾屈筋はこわばっていると思われます。そして距骨は前に出ていると思われます。ですから、このような人は短母趾屈筋のストレッチをたくさん行う必要があります。

 また、短母趾屈筋は足底筋の中で、からだ全体に影響力の強い筋肉であると私は考えています。
 短母趾屈筋は私たちの日常生活の動きによってこわばりやすい筋肉でありますが、同時に、ストレッチなどしてこわばりを解消しますと、全身の血行が改善したり、縮こまっていた筋肉が伸びやかになるなど「快適さのコツ」に該当する筋肉であると考えられます。

 私の母は82歳になろうとしていますが、この年齢になりますと筋肉の働きが弱くなりますので熱を産生する能力も衰えます。ですからパジャマなど着るものを厚めに着て布団に入りますが、朝は私が20分くらいマッサージをしています。
 彼女は毎日買い物などで5000歩位を歩いていますが、それだけでも短母趾屈筋がこわばります。ですから、マッサージの中で短母趾屈筋をゆるめたりストレッチしたりしていますが、それだけでもからだが非常に温まり、眼がパッチリ開くようになります。そして「(指圧は)痛いけど、温まって気持ちいい~!」と言います。
 短母趾屈筋は、からだの冷えを感じている人にとっては毎日ケアしていただきたい筋肉でもあります。

足首をよく回しましょう

 この話題は3回連続になりますが、足首を丁寧にしっかりと回すことは、誰もが手軽にできて効果の期待できるセルフケアです。
 (イボのない、ツルツルとした)青竹踏みと足首回しは、皆さんにお勧めしたいセルフケアです。非常に単純ですが、是非行ってください。


 今回の話題の中で取り上げました短母趾屈筋については、まだまだ語るべきことがたくさんあります。また、別の話題の中で取り上げていこうと考えています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 とてもマイナーな筋肉ですが、首(頸椎)と頭部(後頭骨前面)を繋ぐ喉元の深部に頭長筋(とうちょうきん)があります。
 この筋肉はうなずいたり、顎を引いたりする動作のときに収縮しますが、こわばって硬くなっている人がとてもたくさんいます。

 喉元の1番上には舌骨がありますが、その上面から下顎などにかけて舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)と呼ばれる筋肉群があります。頭長筋のこわばりや舌骨上筋群のこわばりは、舌の状態や動き、喉の調子、さらには目や耳や鼻といった感覚器官、表情筋に関係する脳神経の働きにまで影響をもたらす可能性があります。

 ところで、顔や頭部のトラブルの原因になるものとして「噛みしめや歯ぎしりの癖」、「喉元の硬さ」などがあります。
 世間の情報では、「噛みしめないように気をつけましょう」「ストレスを溜め込まないようにしましょう」というのが対策として挙げられているようですが、それはナンセンスと言わざるを得ません。
 「それができれば苦労しない!」というのが、この問題で苦しんでいる多くの人の率直な感想だと思いますし、医学はそれに対して、もういい加減、答えを示す必要があると思います。

 「どうして噛みしめてしまうのだろう?」
 「歯ぎしりをやめるにはどうしたら良いのだろう?」
 「首・肩・喉元から力が抜けるようになるためにはどうすれば良いのだろう?」
 という率直な疑問に対して私は正面から取り組んで来ましたし、今でも取り組んでいます。そして、その中で体験として多くのことを知りました。しかし、まだ解っていないこともあります。

 今回とりあげます頭長筋はその一つですが、まだまだ解っていないところもありますが、これまでに知り得たことだけも、多くの人の役立つ情報になるのではないかと思っています。

頭長筋の場所と働き

 私たちの首の前面には喉があります。喉には「のど仏」と呼ばれている甲状軟骨の喉頭隆起があって声変わりがした男子はそこが喉から突出するようになります。そしてその下から胸にかけて気管が通っていますが、首の骨である頸椎は喉や気管の後側にあります。

 頭長筋はその(第3~6)頸椎の横の突起(横突起)の前面から出発して後頭骨の前面に付着しています。

 私たちが後頭部を触ったときに触れる骨が後頭骨ですが、後頭骨は頭蓋骨の下面まで伸びています。そして、そこに大きな穴があって太い脊髄が通過していますが、その少し前方に頭長筋の付着部があります。
 また、後頭骨と環椎(第1頸椎)の関節面は広くなっていて、環椎に対して後頭骨が少しスライドできる仕組みになっています。
 頭長筋が収縮しますと、後頭骨の前面が後下方に引っ張られますので、首を動かさなくても頭部を前に少し倒す動作(=うなずく仕草)ができるようになります。



頭長筋のこわばりとその弊害

 頭長筋はうなずく時に使う筋肉ですが、実際のところこわばっている人がたくさんいます。
 それは、下向き加減の姿勢でいる時間が長い人がたくさんいるということでもありますが、それ以外の要因も考えられます。

 頭長筋がこわばった状態になりますと、下顎を引いたような状態になります。頸椎(首)に対して頭部(後頭骨)は少し後にずれます。さらに頭長筋の付着部である後頭骨の前面は下を向くように少し回転しますので、後頭部は上がった状態になります。

 この状態では、喉元が詰まったような状態になるのと同時に、後頭部~後頚部の筋肉(後頭下筋群)が張って頸椎の前弯が乏しくなりますので、ストレートネック状態になってしまいます。
 さらに後頭部には大きな穴が空いていて、そこを脊髄が通過していますが、脳幹や小脳に血液を供給する椎骨動脈の流れも悪くなる可能性があります。すると、脳神経の働きが鈍くなったり、その他の脳機能が低下する可能性も考えられます。(「脳神経の働きと椎骨動脈」参照)

 頭長筋がこわばっいることによって眼の見え方が低下する、瞼が落ちてきて眠たそうな顔になる、顔面神経の働きが低下して顔の皮膚がたるんだり、眼を最後まで閉じることができなくてドライアイになってしまう等といった不調や不具合になっている人を現実に知っています。

頭長筋がこわばる理由

 私の頭長筋も少しこわばっています。毎日のように頭長筋をゆるめるストレッチをしていますが、それでも少しこわばった状態になってしまいます。仕事柄、うつむき状態になることが多いことが原因に一つであると考えられますし、現代に生きる私たちは遙か遠くを眺めるような、そんな暮らしではなく、何かにつけ近いところを見ることが多いので、頭長筋や舌骨筋群がこわばりやすいと考えることができます。

 ところで、頭長筋が非常に強くこわばっている人がいます。そして、そのようなタイプの人は、背中を丸めた姿勢で座り仕事をしている時間の多い人のようです。
 例えば、椅子に座ってすっかり背もたれに寄りかり、骨盤をグニュッと寝かせたような姿勢のまま首を前に出したり、上半身を前に屈めるような動作をしますと、自ずと下顎が引かれ、奥歯がかみ合って喉元に力が入った状態になってしまいます。

 骨盤が後ろに倒れた状態では、重心の位置が自ずと坐骨より後側になってしまいますが、すると腹筋でからだを支えることはできなくなります。
 ですから、上半身を屈めたり首を前に出す動作を背中側の筋肉で支えるようになります。すると、その反動のようにして胸~首の前面~顔に力が入るようになってしまいます。
 呼吸もしづらくなりますが、これが私たちのからだの仕組みであると言えます。つまり重心が後ろにある状態では、自ずと頭長筋や喉元の筋肉は収縮状態になって(こわばって)硬くなってしまうのです。

重心の位置と頭長筋

 写真の女性は左膝の状態が不完全な状態です。その状態でも毎日5000歩ほど歩いていますが、その影響もあってか両方の足首の在り方に少し問題があります。
 座った状態では重心が坐骨の後側にあります。骨盤が倒れているわけではありませんので、一見背筋が伸びて姿勢が良いように見えるかもしれません。
 骨盤が寝ている状態ではありませんが、重心が後ろにありますので、やはり背中側の筋肉を主体的に使って姿勢を保っています。そのため、背中が少し反って後から何かに引っ張られているような感じになっていますが、その力に対抗するように、口元と顎関節辺りにはキュッと力が入っています。それによって姿勢を保っているような感じに、私には見えます。
 この重心が後側にある状態のまま、天井を見るように上を向いてもらいました。(右側)
 私には、上の向き具合が中途半端に見えますし、首前面の筋肉が緊張して筋張った感じになっているように見えます。
 つまり、苦しそうで、この状態を長くは続けられないように感じます。

 次に、10分ほど施術して足首の状態を改善しました。それが次の写真です。
(専門的には、強くこわばっていた足裏の短母趾屈筋などをゆるめただけです。)

 座位での重心位置が元々より少し前に来て、ちょうど坐骨に乗る感じになりました。(これでもまだ「良い状態である」とは言えないのですが)
 背中側に力が入っている感じはなくなり、口元や顎関節からも力が抜けた状態になりました。(重心の位置が変わるとこんなに簡単に力が抜けるのです)
 そして上を向いてもらいましたが、先ほどとは違ってしっかりと天井を見ることが出来ましたし、首前面の緊張も感じられなくなりました。
 舌骨筋群のは伸び、そして頭長筋もゆるんだので、易々と天井を見ることが出来るようになったのです。

 上の写真は、左側が施術前で重心が坐骨の後にある状態、右側が足首を10分ほど施術した後の状態です。
 頭長筋の変化を説明するために、前屈みになった状態で正面を向いてもりました。普段、ここまでの大きな動きを行うことは少ないと思いますが、頭長筋や舌骨筋など喉元の筋肉がこわばってしまう原因を理解していただきたいと思い、あえて大げさな事例としました。

 頭長筋は顔を下に向ける筋肉ですから、顔を上に向ける筋肉が拮抗筋となります。具体的には後頭部と後頚部繋いでいる後頭下筋群です。
 拮抗関係にあるということは、反対の働きをして相手の働きを助ける意味合いがあります。頭長筋が収縮して顔を下に向けようとしたときには、拮抗筋である後頭下筋群がゆるんで伸び、顔を下に向ける動作を応援します。あるいは、後頭下筋群が収縮して顔(頭)を上に向けますが、拮抗筋である頭長筋が今度はゆるんで伸び、後頭下筋群が収縮しやすいように働きます。

 さて左側の写真では、重心が後方にありますので、頭長筋はこわばった状態=収縮した状態になっています。この状態で上半身を屈め、後頭下筋群を収縮させて顔を上げ、正面を向こうとします。本来であれば、頭長筋がゆるむことで後頭下筋群の収縮を応援するわけですが、頭長筋はこわばったままですので、後頭下筋群はスムーズに収縮することができません。ですから、後頭部では後頭下筋群の収縮が中途半端な状態になり、同時に喉元では頭長筋が伸びたくないと抵抗しますので、後頭部も喉元も硬直したような状態になってしまいます。それでも無理に顔を上げようとしますと、それは無理を強いることになりますので、筋肉や骨格を傷める可能性が生じます。

 他方、右側の写真では上半身を屈めようとしたときに重心の位置が坐骨から恥骨側(前方)に移ることができますので、腹筋を使って前屈みの姿勢を支えることができます。すると胸~首(の前面)~顔にかけてリラックスして筋肉の伸びが良くなります。つまり、前屈みの姿勢でも頭長筋はゆるんだ状態になります。ですから、後頭下筋群の収縮を拮抗筋である頭長筋が応援(補助)できる理想的な状態になりますので、楽々正面を見ることが出来るようになります。

 これまでも幾度となく重心移動の大切さを説明させていただきましたが、本当に大切なことなのです。
 頭長筋に関しては、単純ですが、重心が前に移動すれば筋肉がゆるみ、重心が後ろに移動すれば筋肉が収縮すると言うことができます。
 ですから、座位での重心が坐骨の後ろにある人、立位での重心がかかとにある人は「頭長筋がこわばりやすい生活を送っている」と言うこともできます。

頭長筋のこわばり状態を改善するために

 私たちは毎日の暮らしの中で、大変多くの運動をしています。食べることの一噛み一噛みは運動ですし、言葉を発することも運動ですし、座り心地を変化することも‥‥すべては運動です。
 その運動が大きいか小さいか、あるいは非常に小さいかに関わらず、運動することは重心を移動することでもあります。
 ですから重心移動がない状況での、あるいは上手くできない状況での運動や動作は理屈に反していることになります。合理的ではありません。

 私は骨格と筋肉を整え、からだを整えることが仕事ですから、重心移動がスムーズにできない状況のからだを整える術を知っています。
 しかし、専門家ではない普通の人にとっては、なかなか難しい問題であると言えます。まず、ご自分の重心が何処にあるのかを感じて知ることも難しいかもしれません。

 ですから、「重心位置が何処にあるか?」とか「重心移動ができているか?」ということにこだわらずに、日々の暮らしの中での注意していただきたいことを申し上げます。

①座った状態では、しばしば骨盤を立たせるようにする
 座位での重心が後ろにある人は骨盤がグニャッと寝ている状態になっている傾向があります。いわゆる「背中の丸まった状態」です。
 このような人は、しばしば骨盤を立たせるようにして、坐骨の後側から前側に重心が移動する感覚を養って欲しいと思います。そして、骨盤を立たせる運動を続けることで、いつの日か、それが普通の状態になるようにしていただきたいと思います。
 ただし注意として、骨盤が寝ている状態で恥骨側に重心を移動しようとしないでください。自分では重心を移動したつもりでいても、ただお腹を前に突き出しているだけになっている可能性があります。そして、それは横着です。
 元々横着だったので、骨盤が寝た状態のままいろいろな作業をしていたのかもしれません。これを機に、横着を止めて、からだを正しく使うようにしてみてください。寝ている骨盤(仙骨)を立たせる運動を行ってください。

②正しい正座を取り入れましょう
 正座は私たち特有の文化ですが、そこにはやはり理由があると私は思っています。
 私たちの骨盤は諸外国の人達に比べて後傾している傾向があると言われています。つまり、元々骨盤が少し寝た状態になっているわけですが、それゆえに椅子に座ると、ついつい骨盤を倒して背中の丸まった姿勢になりやすいのかもしれません。
 この話題の詳細は別にさせていただきますが、多くの人が椅子に座ったときに、骨盤にからだを委ねることが出来ません。無意識に、内股に力を入れて座位の姿勢を保つようになってしまいます。姿勢を正そうとしますと、脚に力を入れて背筋を伸ばすようになりますので、反り腰気味になりますし、首や肩に力が入ってしまうのです。
 ところが、このような人に、正しい正座をしていただきますと、反り腰状態は消え、首や肩からも力が抜けるようになります。ここで言う「正しい正座」とは、茶道や華道、柔道などの武道できちっと座る正座の状態のことです。反対に悪い正座とは、やはり骨盤が寝て、背中を丸め、ダラーッとした座り方のことです。
 きちんとした正座をしますと、後傾気味の骨盤が自然と補われて、恥骨側(つまり臍下丹田のところ)にエネルギーが集中します。ですから、楽な状態で姿勢良い状態を保つことが出来るようになります。
 私は施術中、しばしば正座の状態になりますが、そうすることで集中力が高まり施術に没頭しやすくなります。ですから、静かな集中力を必要とする茶道や華道などでは、私たちとっては正座が最も適しているのではないかと思います。そして、なかなか諸外国の人達には、このことは理解させれないかもしれません。
 ですから、一日の中で正しく正座する時間を設けて欲しいと思います。そうすることで、恥骨に力が集まるとはどういうことかが理解できると思いますし、正しい正座の状態から立ち上がったり、横に動いたりするときに腹筋が使われることがどういうことか、が理解できるのではないかと思います。
 ただし、長時間の正座は、足首の外側が伸びたり疲弊したりする可能性もありますので、それには注意してください。

③足首を柔らかくしましょう
 前回の投稿(食欲不振‥‥飲み込めなくて=嚥下の不調)でも紹介しましたが、足首の硬い人がたくさんいます。
 「足首が硬い」とは足首を保持するためのいくつかの靱帯が硬く縮んだ状態になっていること、そして足首周辺の筋肉や筋膜がこわばったり縮んだ状態になっているということですが、それによってふくらはぎの骨(脛骨と腓骨)が下に引っ張られ、膝関節が歪んだ状態になっています。膝小僧が目立ったり、膝の裏側が腫れぼったくなっていたり、硬くなっていたりするのは、そのことの現れです。
 足首が縮んだ状態になってふくらはぎが下に引っ張られた状態になりますと、当然太股も下に引っ張られ股関節が歪んだ状態になります。そして後傾気味の骨盤が、さらに後傾してしまいますので、重心が後側に行ってしまいます。

 実際、写真で紹介した高齢の女性に対して行った施術は足裏で硬く縮んでいたいくつかの筋肉を指圧したり、ストレッチしてゆるめただけでした。左側の写真の通り、元々骨盤が立っている状態でしたから、重心の位置を少し前に移動するだけの作業でしたので、足首の骨格を良い状態にして膝の在り方を改善しただけでした。

 足首には内側と外側に“くるぶし”がありますが、それがグッと下に落ちて靴に当たってしまうような人が多くいますが、そのような人達はここで取り上げたような状態です。ですから、足首周辺の筋肉と靱帯をゆるめて“くるぶし”があがるようにしていただきたいと思います。
 そしてそのためには、前回も紹介しましたが、下の写真のような足首回しの運動を行ってください。


 筋肉は同じ状態を長く保持することが苦手です。つまり収縮し続ける状態、あるいは伸ばされ続ける状態が苦手です。
 私たちの呼吸が呼気と吸気を交互に繰り返すように、筋肉も収縮と弛緩伸張を交互に繰り返していられる状況が理想です。ですから、その状態をなるべく逸脱しないように私たちは注意しなければなりません。
 そしてそのための秘訣は、(何度も繰り返してしまいますが)重心が思いのままに易々と移動できる状態を築いて保つことだと私は考えています。

 今回は、マイナーでほとんど耳にしないような筋肉を取り上げました。この目立たない小さな筋肉が縮んでいようが伸びていようが「それがどうかした?」と思う人も多いかと思います。しかし、私の目絡みますと、私たちが楽に生きるためには大切な筋肉です。

 難しくて解りづらい内容になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 「食が進まない」「食欲がない」「食べるのに苦痛を感じる」といった状態を一般的に食欲不振と言うのかもしれません。
 私はこれまで「食欲不振」と聞きますと、すぐに「胃の不調」を連想していました。膨満感や胃もたれ、胃下垂などをはじめ、胃が硬くなっている、胃が動かないなど、胃の不調や不具合による症状はいくつかあります。
 また、歯や歯茎、顎や顎関節の状態が悪くて食物をそしゃくすることができない類の食欲不振もありますが、このたび、食物を飲み込むことに苦労したり、苦痛を感じることも食欲不振の一つであることに気がつきました。

 食物を飲み込むことを嚥下と呼びますが、私たちが何も考えることなくごく普通に行っている食物のそしゃくから嚥下までの一連の動作は、実はとても複雑で微妙です。
 多岐にわたる要素が絡み合っている複雑な専門領域に、一整体師である私が云々するのはおこがましい気持ちもありますが、一つの情報として、専門家や悩んでいらっしゃる方々の役に立てれば幸いだと考えています。

 私の仕事は骨格筋を主に扱う分野ですから、骨格筋から見た嚥下動作の説明になりますが、それは「喉の動き」のことでもありますので、発声にも通じるところがあります。

喉の動きに関わる舌骨下筋(胸骨甲状筋と甲状舌骨筋)

 食事で食物を噛み砕いてから飲み込むまでの概略を簡単に説明しますと、以下のようになります。(詳しくはこちらを参照してください。)

  1. まず食物を噛み砕いてそしゃくし、唾液を混ぜて柔らかくします。食物が飲み込める状態になったものを食塊(しょっかい)と呼びます。

  2. 食塊ができますと、それを舌を使って口の奥の方(咽頭)へ送りますが、このときに舌先を挙げることが重要です。舌先を口蓋(口の中の天井)につけることができませんと、食塊の送り込みができませんので、いつまでも口の中に食物が残ってしまいます。
     いくら噛んでも、なかなか咽頭部分に食塊を送ることができないために、食べることが苦痛だと感じている人は、この段階が上手くできない状態なのかもしれません。

  3. ここから飲み込みの段階に進みますが、舌がしっかりと口蓋に付き、さらに舌が口蓋を押し上げるとともに喉頭と舌骨が引き上げられる動きが重要です。
     私たち人間は、息が通る気道と食物が通る食道が咽頭で交叉する構造になっています。普段は息が通る気道(喉頭)が開いている状態になっていて食道は塞がれた状態になっています。
     ところが食物(食塊)を飲み込む段階になって舌骨と喉頭(甲状軟骨)が上前方に引き上げられますと、自然と喉頭に蓋がされて気道が塞がり、食道への通路が開くようになっています。
     この仕組みによって食物は気道の方ではなく、間違いなく食道の方に進むことなっているのですが、喉頭と舌骨が上がりきることができない状態になったり、喉頭(気道)を塞ぐ蓋(喉頭蓋)の働きが悪かったりしますと、気道に食物や唾液が流入してしまう誤嚥が起こってしまいます。

  4. 食塊が食道に進みますと、舌がゆるんで舌骨と喉頭は下がります。そして3の段階で塞がれていた鼻腔と咽頭のつながりが解放され、喉頭も開いて気道が確保されますので鼻呼吸ができる状態に戻ります。
     ただし、咽頭から食道に食塊を進める段階では、喉(甲状軟骨)をしっかり下げる力が必要になります。この力が弱い状態ですと、唾を飲み込むのもスムーズに行うことができないと感じてしまいますが、要になる筋肉として胸骨甲状筋(きょうこつこうじょうきん)と甲状舌骨筋(こうじょうぜっこつきん)の働きが大切です。

甲状軟骨と胸骨甲状筋と甲状舌骨筋

 私たちが普段「のど仏」と表現している部位は、専門用語では甲状軟骨(の中の喉頭隆起)と呼びます。甲状軟骨の内部に声帯がありますが、気道を通過する空気を利用して声帯を振動させることで私たちは発声を行っています。
 また、声楽家の喉の動きに注目しますと、のど仏(甲状軟骨)を上下に非常に大きく動かしながら発声しています。その意味するところは私にはわかりませんが、声楽家の方々は自由自在にのど仏を動かすことができるのだと思います。ですから、つまり、発声にとっても甲状軟骨の動きは大切なポイントであると言うことができます。



 甲状軟骨はその上にあります舌骨と甲状舌骨筋や結合組織で硬く結ばれています。そして体幹とは胸骨からつながっている胸骨甲状筋で結ばれています。
 ですから、甲状軟骨が上下に動く現象は、甲状舌骨筋と胸骨甲状筋、さらに舌骨と体幹や下顎を結ぶ筋肉の伸縮によりなされるものです。

嚥下の初期段階
 舌は舌骨を出発点としていますので、食物を飲み込む嚥下の初期段階において、舌が口蓋を押しつけるように上がることは、舌骨と甲状軟骨が上がるということでもあります。
 つまり筋肉の働きとして重要なのは、舌骨を引き上げる舌骨上筋群、甲状軟骨を引き上げる甲状舌骨筋がしっかり収縮することです。そして、同時に体幹と甲状軟骨をつなぐ胸骨甲状筋と体幹と舌骨をつなぐ胸骨舌骨筋がゆるんで伸びることができる状態にあることです。

嚥下の終了段階
 次に嚥下動作の終了段階、つまりゴックンと食塊を喉から食道に送る段階では、上がっていた舌と舌骨と甲状軟骨がグーッと下に下がる必要があります。この動作がスムーズにできなければ、食物が喉でつかえたような状態になり、不快感を感じると思います。
 そして動作におけるポイントは甲状軟骨と舌骨を引き下げる働きをする胸骨甲状筋と胸骨舌骨筋がしっかり収縮することと、肩甲舌骨筋が収縮すること、そして舌骨上筋群がゆるんで舌骨が下がることの妨害にならないことです。

 ですから嚥下動作においては、甲状軟骨の動きに直接関わる胸骨甲状筋と甲状舌骨筋の状態は非常に重要であると言うことができます。そして舌骨の動きに関わる胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋、舌骨上筋群の状態も大切です。

筋肉の連動関係による影響

 ここで、胸骨甲状筋と甲状舌骨筋に的を絞って、その状態や働きついて考えてみます。
 喉を打撲したりして筋肉や組織が損傷した場合を除いて、胸骨甲状筋や甲状舌骨筋の状態が悪くなることは、なかなか考えにくいところです。
 ですから、何か別の理由で筋肉の働きが悪くなり、発声や嚥下動作に問題が生じたのではないかと考えてみます。

 私が観察したところ、胸骨甲状筋と甲状舌骨筋は股関節の恥骨筋、膝関節の中間広筋(大腿四頭筋の一つ)、足首の短趾伸筋と連動関係にあるようです。

 膝関節の状態が悪い、膝小僧(膝蓋骨)目立つ、歩くと股関節にズレを感じる、股関節から下がむくみやすい、太い、足首が詰まっているように感じる、足首がグラグラしている等々の症状があって、喉の調子も悪かったり、喉に違和感を感じたり、嚥下や発声に不満や不具合を感じている人は、恥骨筋や中間広筋や短趾伸筋の変調が症状の原因になっている可能性が考えられます。

 また、どのような仕組みでそうなるかはよくわかりませんが、歯茎が弱いことによって飲み込みが上手くできず、食べ物が口の中にいつまでもあるために食欲が減退している人がいます。
 Aさんは理由は定かでありませんが、下歯茎の左側が弱く、左側の下の歯列が内側に倒れている状態になっていました。
 そして、それによって左側の甲状舌骨筋がこわばり、甲状軟骨が斜め左上に歪んだ状態になっていました。甲状軟骨の左側が舌骨に近づくように上がった状態になっていたわけですが、すると自ずと胸骨甲状筋もこわばった状態になってしまいます。

 食べ物(食塊)を口の中から喉の方に送り込もうとするときには、舌先が上がることから動作が始まるのですが、舌を上げるためには舌骨と甲状軟骨が上前方に引き上がらなければなりません。
 ところがAさんの場合、左側の甲状軟骨は甲状舌骨筋がこわばっていることによって、常に引き上げられている状態になっていますので、それ以上引き上げる余地がありません。ですから、左側はなかなか嚥下動作に移れない状況になっています。つまり、極単に表現しますと、食べ物を飲み込もうとするときには、右側ばかりを使って動作を行わなければならない状況です。
 左右両方の筋肉で仕事しなければならないところを、右側の片方だけで処理しなければならない状態ですから、当然仕事の能力は低下します。食べ物を口の中でいくらそしゃくしてもなかなか嚥下に移れない状況が理解できます。

 Aさんに対しては左歯茎に原因がありましたので、歯茎の中でも最も弱っている部分を探し出し、そこに外側(体表)から指を当てて歯茎を回復させるような施術を行いました。
 そして、歯茎の状態から日々のセルフケアが必要だと思いました。
 「適切なポイントに指が当たりますと、唾がスムーズに飲み込めるようになります。ですからそうなるように、繊細な気持ちで施術ポイントを探し出してケアしてください」とアドバイスしました。

追記:
 この施術後2週間くらいしてAさんが来店されました。そして「めっちゃ食欲がでました」と喜んで仰いました。(内心、解っていたこととは言え)喜んでいただけたので、私も嬉しく思いました。
 また、本日は85歳の常連客の女性が来店されましたが、医学を勉強されているお孫さんから「誤嚥」を指摘されたと仰いました。本人の感覚では「これまでよりも喉が細くなって飲み込みがつかえてしまう」ということでした。喉元を確認しますと、右側の胸骨甲状筋がゆるんでいて甲状軟骨が斜めに歪んでいる状態でした。そして、その原因を探っていきますと、非常に硬くなっている足底(短母趾屈筋が主)にたどり着きまして、足底の筋肉をじっくりとゆるめました。するとそれだけで甲状軟骨の歪みはとれて胸骨甲状筋の状態も回復しました。そして唾の飲み込みも快調になりました。
 普段はほとんど歩かないのに、昨日まで3日間旅行に行って「歩いた」とのことでした。
 普段使っていない筋肉を使ったので、硬くこわばってしまい、それが甲状軟骨をゆがめる原因になっていたのです。
 「高齢者」「嚥下に誤嚥の不安」という条件が重なりますと、医学的に検査・治療の対象になるのかもしれませんが、その方法では治らないこと考えられます。
 それはそれとして、(医学的見地の中に整体的な観点がないわけですから)誤嚥や嚥下に不安を感じるのであれば整体的な観点での方法にも目を向けていただきたいと思います。

高齢者に対するケア

 加齢が進みますと、からだの機能は全身的に低下します。そして多くの人が介護を必要とする段階に進みます。
 実際のところ私は介護の現場を知りませんが、食事介助は大変だろうと想像します。なかなか食が進まない状況では、介助する人はずっと忍耐強く付き添っていなければなりません。本人も早く食べたいと思っても、口の中の食物が喉に向かっていきません。両者にとって食事の時間は苦痛なのではないかと思えてしまいます。

 そこで少し視点を変えて、先ほど申し上げました筋肉の連動を利用して、嚥下がスムーズに行えるようになる可能性を考えてみます。

 加齢が進み運動する時間が少なくなりますと足のむくみが強くなりますが、足首も硬くなってしまいます。現在80歳を超えている人が何人か来店されていますが、その人たちの10年間の経過を見ますと、ふくらはぎの筋力低下と足首が太く硬くなってしまった変化が如実にわかります。
 小学生の頃は平気でグングン回っていた足首も、大人になると硬く太くなってしまいますが、それは加齢と運動不足によるものかもしれません。

 胸骨甲状筋や甲状舌骨筋と連動関係にある足首、膝、股関節の筋肉は足首の硬さと深い関係にあります。(足首が硬くなりますとスネの骨を引き下げますが、そのことと膝、股関節は関係します)
 つまり「足首の硬い人は喉元も硬く動きが悪い」可能性があるということです。ですから足首をたくさん回して軟らかくすることは対策の一つとなります。

 ただし、足首を回しているつもりになっていても、足の半分から前ばかりが回ってくるぶしから踵にかけての足の後部分が回っていないようでは、いくらやっても無意味になってしまいます。この点に注意が必要です。

 椅子に座った状態、あるいはあぐらをかいた状態で、例えば左足首を回そうとしたときには、左手でしっかり内くるぶしの上辺りを押さえてスネ(脛骨)が固定された状態にします。そして右手で足裏を大きく掴み、そしてゆっくり大きく踵まで一緒に回るように足首を回します。特に内くるぶしと親指を繋ぐラインが伸びるように心がけていただきたいと思います。
 回し始めの段階では、足首の靱帯や筋肉が硬い状態ですから、思うように足首は回らないと思います。ところが粘り強く、ゆっくりと、なるべく大きく回しているうちに、少しずつ靱帯や筋肉がゆるみ始めますので、やがて大きく足首を回すことができるようになります。
 そして、最初はスネと足がくっついているように感じていた状態が変化し、やがてスネと足に足首(足関節)を境に分離感が生じるようになります。ゴキゴキとか、カクカクとか音が鳴り出すかもしれません。それは筋肉がゆるんできたことの現れですが、このような状態まで足首を柔らかくしていただきたいと思います。

 すると膝関節の状態もよくなり中間広筋の変調が良くなると思います。そして胸骨甲状筋や甲状舌骨筋の状態も良くなって、嚥下動作に改善が見られるようになると思います。

 また、高齢者の場合や、あるいは筋力低下の著しい場合などでは、胸骨甲状筋や甲状舌骨筋はじめ、舌骨や舌の動きに関係する筋肉の働きが悪くて、嚥下がスムーズにできなくなっていることも考えられます。
 このような場合は、直接喉周辺を手当てする手段も考えられますが、筋連動の仕組みを利用して、足首や膝の働きが強まるようにする方法も考えられます。
 歩くこと、階段をゆっくり降りること、ステッパーなどを利用して足首を鍛えることなどは良いことだと思います。

 歩くことで足腰の筋肉を良い状態に保つこと、食物をたくさんそしゃくすることは私たち人間にとってとても重要であることが、嚥下動作を通しても知ることがきると私は感じています。


 嚥下動作に不具合あって誤嚥を招いたり、喉の動きが悪くて言葉を発するのが億劫になってしまったりするのは、高齢者や要介護の人ばかりではありません。
 若い人でも、食欲が湧かない、言葉を発したくない、と思っている人はいます。それは性格が関係しているかもしれませんし、精神的・心理的要因が関係しているかもしれません。
 しかし、そういうこととは全く関係なく、今回取り上げましたように骨格筋の状態に問題があるだけの場合も考えられます。
 悩まれているへのメッセージとして、どうぞ、そのことも頭の中に入れていただきたいと思っています。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

 「頭の天辺が痛くて、軽く触れるだけでも痛みを感じるんだけど、それっておかしいのかな?」と質問されました。

 その人は電気工事関係の職人で、腰痛や膝痛などの症状で月に一度くらいのペースで来店されていますが、今回は左の顎関節が痛くなってしまい、開けることもできないし、食事で噛むこともできないという症状でした。
 腕力など力を使う仕事でもあり、窮屈な姿勢で作業を行うことも多いようですから、つい噛みしめたり食いしばったりしてしまう状況が想像できます。ですから、常に顎の筋肉(そしゃく筋)がこわばっているために顎の動きが悪くなっている状況は予想できます。
 「そのような状態が酷くなったのかな?」などと思いながら施術を始めましたが、結論としては、噛みしめや食いしばりによる影響はあったものの、根本的な原因は頭頂部の筋膜がとても硬くなっていたことと頭頂部が尖ったように歪んでいたことでした。

 このブログでは何度も書いていますが、現代医学の一般的(?)見解では、頭蓋骨は顎関節を除いて、骨と骨が「不動結合」によって結びついていますので、「ほとんど動かない」とされています。ところが私のように毎日いろいろな人の頭を触っていますと、頭蓋骨の骨は容易く動くことが実感できます。
 動く距離(幅)はとても短いですが、頭蓋骨の関節は動くようにできているとことがわかります。

 今でも"たんこぶ”と呼ばれるのかどうかわかりませんが、その職人さんの頭頂部は少しブヨブヨしていて”たんこぶ”のように感じられる膨らみがありました。
 頭の天辺には「百会(ひゃくえ)」という大切なツボ(経穴)がありますが、そこを中心にブヨブヨ感がありまして、何かが「溜まってしまっている」と感じました。そしてその底の部分と頭蓋骨との境はピーンと張っていましたので、確かに「ここに触れると痛いだろうな」と思いました。

 この部分は頭蓋骨で言いますと、左と右の頭頂骨が関節している部分です。その関節を矢状縫合(やじょうほうごう)と呼びますが、この人の場合、左右の頭頂骨が矢状縫合に向かってぶつかり合うように力が働いていることが感じられました。
 ブヨブヨに関しまして、私は左右の頭頂骨がぶつかり合って頭頂部の骨格が細く(狭く)なってしまったので筋膜が余った状態になり、そこに水分が溜まったのではないかと感じました。
 つまり、余ったような状態になった筋膜の下に水分が溜まり、それがブヨブヨとした"たんこぶ”に感じられ、頭頂部が尖って見える原因になっているのではないかと思います。

 ですから、ぶつかり合っている頭頂骨の状態を本来の状態に戻すことができれば、頭部の尖りや頭頂部の痛み、"たんこぶ”のような膨らみは解消されると思いました。

 ところで、この職人さんの訴える症状は"顎の痛み”ですから、顎関節の不具合と頭の尖りとの関係について説明させていただきます。

 体表にあるそしゃく筋には、側頭部のこめかみ周辺で頭痛を引き起こす側頭筋(そくとうきん)と、耳の前から下顎のエラに繋がっている咬筋(こうきん)があります。顎関節周辺がガチガチに硬くなっていると感じる場合は、側頭筋と咬筋が強くこわばった状態になっていることがまず考えられます。
 ですから、顎関節が開かないという症状がある場合は、まず側頭筋と咬筋のこわばりを解消するような方法をとります。
 さらに口の中には内側翼突筋(ないそくよくとつきん)と呼ばれるそしゃく筋があります。内側翼突筋は頭蓋骨の中心部にあります蝶形骨(ちょうけいこつ)と下顎のエラの内側を繋いでいて、食事で硬いものを噛みしめるときなどに力を発揮します。
 ですから、単に噛みしめや食いしばりの癖などによって側頭筋、咬筋、内側翼突筋がこわばった状態になり、伸びることができない状態になりますと口を大きく開けることができなくなります。

 しかし、この職人さんの場合は「食事で噛んでも痛む」という症状ですから、単純に噛みしめや食いしばりの癖による問題だけではありません。
 「噛んで痛む」状況は、口の中の内側翼突筋がしっかり収縮できない状態になっていることが予想されます。グッと奥歯に力を入れて噛もうとしたときに筋肉が縮んでくれないので痛みを出してしまう状況です。

 何らかの原因によって、下顎が通常より上に引き上げられた状態になっているので、内側翼突筋がたるんでしまい上手く収縮できない状況になっている可能性が考えられます。
 そして、頭の尖りが原因の一つになっている可能性が疑われます。

 例えば、頭皮も含めて頭部の筋肉や筋膜が収縮したままのこわばった状態になってしまいますと、下顎が上に引っ張り上げられた状況になります。
 この状況では顎を開く動作もしづらくなりますが、口の中の内側翼突筋は少したるんだ状態になってしまいます。筋肉はたるみますと収縮する動作に支障がでますので食事の際、奥歯で力強く噛み砕く動作ができなくなってしまう可能性が考えられます。
 そして、私はそのような状況になっている可能性が高いと考えて施術を始めました。

頭の尖りを修正して解決

 例えば考え事が多くて頭を使いすぎたりしますと、頭皮や頭部の筋膜がこわばって頭が硬くなり、頭重や頭痛を感じることがあります。ストレスの多い人もこの傾向があるかもしれません。
 しかし、この職人は肉体労働の人ですし、考え事で頭を使いすぎるタイプでもなさそうです。「最近、ストレスや悩み事などで頭をたくさん使ってますか?」とストレートに尋ねてみました。すると案の上、「そんなことはない」との返事でした。
 しかし、頭蓋骨はあきらかに中心(矢状縫合)方向に力が向かっていて尖っています。
 その原因はともかくとして、左右の頭頂骨に手をあてて、外側に少し開くような力を加えて縫合関節のストレッチを行いました。
 「詰まっている関節を開いて空気の通りを良くする」、そんなイメージの施術です。強い力を加えますと縫合関節が伸びてしまい別の問題を引き起こしますので、力加減は大切です。

 矢状縫合は長さが15㎝程度ですが、それを丁寧に少しずつ場所を変えながらストレッチしていきました。全部で20分くらいかかったかもしれません。
 施術を進めていますと次第に頭頂部の尖り具合が改善していきました。そしてブヨブヨして“たんこぶ”のような状態になっていたものも解消されていきました。

 その他に、噛みしめによる咬筋と側頭筋のこわばりへの施術、からだの歪みからくる下顎の変位を整える施術なども行いました。そして、顎関節の調子も良くなり、強く噛むこともできるようになりましたが、ポイントとなったのは頭部の尖り状態を改善したことでした。

季節による影響?

 上記の症例は一月前(一月下旬)のことですが、その後も頭の尖りによる影響で症状がでている人が何人か来店されました。
 そして注意深く観察しますと、頭が尖っているというほどではないですが、頭頂骨が矢状縫合に向かっている人が現在もけっこういらっしゃいます。

 花粉症が始まったこの時期は、鼻(鼻骨)の下がっている人がたくさんいます。そして、それは胸の状態と関連性があるのですが、鼻骨が下がったことで鼻腔粘膜の働きが悪くなり、花粉やその他の物質に対する処理能力が低下していることも要因の一つかもしれません。
 
 鼻骨が下がるのは季節的影響によるものだと私は考えているのですが、今回話題にしています頭の尖りも同様に季節的なものなのかもしれません。そして、両方とも胸(胸骨)に関係があるように私は感じています。胸は全身のセンサーであり、環境変化や心情変化の一々に反応するようです。胸が膨らんだり、扁平したり、内向きになって閉じるような状態になったり、高揚して大きく開いていたりと変化しますが、その影響で鼻骨が変化したり、頭頂部が変化したりする現象が現れるのではないかと考えています。

 もし、ご自分の頭頂部を触って「尖っているかも」と感じるようであれば、両手を頭頂部の頭頂骨にあてがい、矢状縫合を少し開くようなイメージでストレッチすると良いかもしれません。
 頭のモヤモヤが軽減したり、目尻から顎周りにかけてスッキリするかもしれません。ただし、強い力は使わないでください。気持ちよく、心地良くストレッチする感じで行ってください。

足つぼ・整体 ゆめとわ
電 話  0465-39-3827
メールアドレス info@yumetowa.com
ホームページ https://yumetowa.com
web予約 https://yumetowa.com/sp/reserve2.html

↑このページのトップヘ